ヴェクター・インダストリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ヴェクター・インダストリーとは、ゼノサーガシリーズに登場する宇宙的超巨大企業である。CMソング「きっとヴェクター♪」は一部のマニアに猛烈にウケている。

概要[編集]

なんと人類誕生の頃から存在し、世界、いや宇宙で最初の企業、かもしれないと言われるほど馬鹿デカイ会社。その手がける範囲は非常に広く、軍手のブツブツからU.S.Sエンタープライズ号まで手がけるほど。本社は超巨大宇宙戦艦「曙光」。全長1,000km、クラス12フェイザー砲200,000門ディスラプター砲120,000門光子・量子魚雷砲75,000門波動砲3門と、でたらめな戦力を誇る。ルシファーだろうがボーグだろうがクリンゴン星人だろうがグノーシスだろうが、何が来ても負けやしねーぜ。なお、現在までに制作されたSF映画に登場する宇宙船や近未来兵器は全て本社が貸与したものである。また、前述の通り手がける範囲が非常に広いので、現在の地球の文明の利器という利器の発明には全てヴェクターが関与している。ほら、今あなたが見つめてるモニターや握ってるマウスだって・・・・・・。現在の地球支社は神奈川県横浜市にあるという都市伝説がある

歴史[編集]

細かく記述するとキリがないので大まかなものだけを記述することにする。これでも結構絞った方なのよ

  • 150億年前 ビックバンにより宇宙膨張時代へと移行したこの頃からヴェクター社が存在したとされるオリジナル古文書が、A.D.1994にMr.マスダなる人物によって発見された。ただしこの内容の真偽のほどは定かでない。その活版印刷刷りの古文書エミュレータが喫茶店「ファルコンハウス」のオーナーであるキャプテン・ファルコンの店にあるという。オリジナル古文書はオリジナル・ゾハルと共に、とある地に眠っている。
  • 45億年前 謎の部品が存在した。A.D.1994にMr.マスダなる人物が発掘した。彼によると、ヴェクターという集団がテラフォーミングを行った痕跡だろうということである。真偽の程は不明。
  • 1億年前 何者かによって使用されたと思われるプレイステーション・ポータブルらしきものが存在。下部に「Vector」の綴りが確認された。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発掘した。彼によると、リアル『モンスターハンター』に興じていたのではないかということである。現在確認されている中で最古のヴェクター製品?明らかに貨幣の概念が確認できないので試作品の可能性も。
  • 540万年前 アウストラロピテクスが使用したと思われる二足歩行補助器が誕生。握りの部分に「Vector」の綴りが確認された。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発掘した。貨幣の概念が確認されないことから無料で配布していたと思われる。
  • 250万年前 ホモ・ハビリスが使用したと思われる石と木でできた手斧が誕生。握りの部分に「Vector」の綴りが確認された。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発掘した。これまた無料で配布していたと思われる。
  • 23万年前 ネアンデルタール人が使用したと思われる槍や匙などの石器製品が誕生。握りの部分に「Vector」のロゴが確認された。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発掘した。ロゴができているのでこのあたりから物々交換の有料販売に切り替えたらしい。
  • 3万年前 クロマニョン人に壁画付き洞窟の石製の権利書を販売開始した。ショーヴェ洞窟の最奥の地点からおよそ2.89563mきっかり手前の箇所に大きさおよそ1cmの「Vector」ロゴを確認。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発見した。
  • 2万5000年前 モンゴロイドにアメリカ大陸行きの片道ツアーチケット(石製)を販売ちゃんと切り離し加工もされていたという半券の部分に「Vector」のロゴを確認。A.D.1993にMr.マスダなる人物が発掘した。
  • 1万6千年前 このあたりから世界の海面上昇が始まった。おそらくヴェクター製品の大量生産による地球温暖化の弊害だろうとMr.マスダは指摘するが、根拠がないので真偽不明。A.D.1993。
  • 1万2千年前 ナイアガラの滝造成事業が開始。計画書と思しき「Vector」ロゴの入った石版をA.D.1994にMr.マスダが発掘。
  • 1万年前 人類がイヌを飼い始める。どうやらヴェクターによる哺乳類の品種改良によってイヌが作られたらしいとMr.マスダは指摘する。その後交配に関する情報が記された石版が発見され、「Vector」ロゴを確認。どうやら本当らしい。発掘したのも彼。A.D.1994。また、同時期にヴェクターによって農作技術が広められたとも彼は指摘するが、真偽不明。
  • B.C.3000 このあたりからヴェクターの活動が本格化し始めたらしく、世界各地で急激に文明が生じたと、Mr.マスダは指摘する。A.D.1994。各地の遺跡で「Vector」ロゴが確認されていることから、その推測はおそらく正しいものと思われる。
  • A.D.1 何故かこのあたりで急にヴェクターの影響は見られなくなってしまう。その後ヴェクターの影響は以前より縮小してしまった。Mr.マスダも何故なのか見当もつかないらしい。紙の発明にヴェクターが関与していたという証拠が発見された以外何一つ見つからず。発掘者は彼で、A.D.1994。
  • A.D.618~907 中国の唐で黒色火薬が発明される。『真元妙道要路』の一説に「部矩太阿」とあり、何らかの形でヴェクターが関与していたものと思われる。Mr.マスダがA.D.1994に発見。
  • A.D.1054 かに星雲の超新星爆発が観測される。日中でもはっきり分かるほどだったらしい。Mr.マスダはこれをヴェクターの新兵器実験だと主張するが、推測の域を出ない。この時点で光子魚雷を完成させていたとも。
  • A.D.1760 イギリスにおいて産業革命が始まった。当時の市民の日記によると、「ヴェクターという会社が○○(虫食いにより脱落)を作ってから、街の様相が一変した」という。Mr.マスダがA.D.1994に発見。この時点で初めて「ヴェクター」が企業として歴史に登場したと考えられる。このあたりから再びヴェクターの活動が活発になったと思われる。ちなみに、そのヴェクターという会社はすぐに倒産してしまったらしい。
  • A.D.1836 アメリカ合衆国陸軍サミュエル・コルト大佐によって有名銃器メーカー、コルト・ファイヤーアームズ(当初はコルト特許火器)が創業。彼の発言によると、創業にあたり何者からか莫大な資金提供を受けたとのこと。Mr.マスダ調べ。A.D.1994。おそらくヴェクターでは、という彼の主張。
  • A.D.1860~1900 アメリカ合衆国の発明家トーマス・エジソンが様々な発明をしたが、彼の記した文章の所々に「Vector」の文字が見受けられ、何らかの援助を受けていたものと推測される。Mr.マスダの主張。A.D.1995。
  • A.D.1914 サラエボ事件が勃発。フランツ・フェルディナント大公夫妻の暗殺犯の一人、メフメトバシッチは警察署での取調べ中、しきりに「ヴェクター」の名を呟いていたという。供述調書より。Mr.マスダ調べ。A.D.1995。これをきっかけに第一次世界大戦へ。
  • A.D.1920~1939 かの有名なヒトラーの転換期かつ最盛期である。各資料によるとその背後には必ず「ヴェクター」の名があったという。Mr.マスダ調べ。A.D.1995。そして、ドイツのポーランド侵攻から第二次世界大戦へ。
  • A.D.1966 SFテレビドラマ、スタートレック』がアメリカで放送開始。スポンサーの中に「Vector Indusutrie」という中小企業があったことが判明。詳しく調べようとするも、一切が謎に包まれているという。また、その撮影には本物の宇宙船が使用されたという噂があったらしい。Mr.マスダ調べ。A.D.1993。さらに、原作者ジーン・ロッデンベリーは身内の人間に、パイロット時代にとあるところから「SF小説を描いてみないか」という誘いの言葉を受けたと漏らし、さらにかなり高度で今の人類では到底想像も及ばないような内容の資料提供を受けたという。これも彼の調査で判明。以後、『スターウォーズ』などSF映画が大量に作られ、そのスポンサーの中には必ず「Vector Indusutrie」の名があったという。証拠こそないものの、表向き名義を分散して実質スポンサーは全てヴェクター一社が担当していたのだろうというMr.マスダの主張。そして、これを機にヴェクターの名は再び歴史の表で活発に動いていくのである。
  • A.D.1992 A.D.1986にザトウクジラを密猟しようとしていた漁船の乗組員が、「突然変なのが来て、クジラを持って行っちまった。あれは宇宙から来たんだ」と発言していたことが判明。同年にMr.マスダは偶然この発言を聞いていた。この証言により、彼は以前から気になっていた『スタートレックIV』の撮影は本当に宇宙船と近未来技術を使用したものであると強く確信したらしい。その後、すぐに世界中の謎を調査することになる。その過程で彼はヴェクターの存在に気付くのであった。
  • A.D.1995 Mr.マスダは精力的に活動を行い、超人的な体力で見事三年で調べ尽くしてしまった。そんな折、その活動を見込まれ彼は遂にヴェクターからケニアのトゥルカナ湖の調査を依頼される。交換条件に彼はヴェクターの秘密を教えてもらったらしいが、他言しないことを条件にしたのでその秘密が何なのかは不明。
  • A.D.1999 世界的企業桐条グループがヴェクター・インダストリー買収計画を発表先端技術開発部門として受け入れるとのこと。世界的企業が名も知られぬ企業をわざわざ買収したことでセンセーショナルな話題となった。
  • A.D.2000 桐条グループの先端技術開発部門の一セクター、桐条エルゴノミクス研究所が対シャドウ兵器、アイギスを完成させる。それまで実用化には至らなかった「アイギス」シリーズを見事に完成させたのである。その数世代以上先の技術をふんだんに使用した最新鋭ロボットはグループ全体を震撼させた。同年にアイギスはデス様と一戦交えたことで機能不良を起こし廃棄処分にされた。しかし、機能不良のためというのは表向きで、実はその脅威の技術に恐れをなした桐条の上層部が廃棄命令を出したためである。CIA活動報告書より。
  • A.D.2003 知る人ぞ知る宇宙的企業、ホーリーナイトメア社が諸事情によりポップスター本社から撤退。桐条グループに吸収された旧ヴェクター・インダストリーの幹部が個人的に支援することを表明し、ポケットマネーから損失分の92.1%を補填。これによりホーリーナイトメア社は倒産を免れ、現在はパルミエ王国に本社を移している。
  • A.D.2007 ナイトメア社のヒラ社員、勇者王氏がプリキュア5との交戦中に死亡。遺体は何故か桐条グループ先端技術開発部門が回収していった模様。CIA活動報告書より。
  • A.D.2009 一般の科学技術の進歩によりアイギスの脅威が緩和し、桐条の上層部はアイギスの復帰を容認。そしてその姉妹機としてメティスの開発を許可。CIA活動報告書より。なお、同年に桐条グループの総帥が謎の死を遂げた。
  • A.D.2010 1月31日に月が異様な姿に変形したことを世界中の人々が確認。後にMr.マスダはあれはヴェクターの兵器の一つであると語った。なお、同年に当時次期総帥候補の桐条美鶴の同僚生の少年が謎の死を遂げた。
  • A.D.2014 私立月光館学園の生徒であった少女、伏見千尋が特別待遇で桐条グループ先端技術開発部門に招かれる。同年に彼女はアイギスとメティスの構想から「Kosmos Obey Strategical Multiple Operation Systems」、略称KOS-MOS(こすもす)の基礎理論を考案し、開発に着手する。が、その何百世代先もの技術を要求する構想の実現はそう上手くはいかず、出だしから開発は非常に困難なものであったという。CIA活動報告書より。
  • A.D.2017 Mr.マスダがケニアのトゥルカナ湖畔の遺跡から謎の高エネルギー体を発見。しかし世間には一切公表されなかった。それは直ちに桐条グループ先端技術開発部門へ移送されたという。MI6活動報告書より。なお、Mr.マスダは長年の発掘作業により精神に異常をきたし、この発見を機に研究者引退を表明したという。 
  • A.D.2018 遺跡の資料から謎の高エネルギー体の名称が「ゾハル」ということが判明した。同年、先端技術開発部門でゾハルを利用した人体蘇生実験が行われ、勇者王氏の遺体が用いられた。その結果、蘇生することに成功した。彼の体はまるで別人へと変化し、起き上がるなり「私はヴィルヘルムだ」と言い放ったという。彼は同部門に研究員として迎え入れられた。なお、この実験の際、高エネルギー放射に巻き込まれ、KOS-MOS開発担当主任の伏見千尋が消滅してしまう。その結果KOS-MOSの開発は半永久的に凍結されることになる。
  • A.D.2020 元勇者王のヴィルヘルム氏は、先端技術開発部門の主任に昇格。同年、彼は同部門から強烈な支持を受け、桐条グループからの離脱を宣言。自らがCEOとなり、ヴェクター・インダストリー設立を全世界に表明した遂にヴェクターがその姿を完全に歴史の表舞台に現した
  • A.D.2151 ヴェクター・インダストリーによって人類初の本格的有人広域宇宙探査船NX-01 エンタープライズが建造される。なお、ヴィルヘルムCEOは何故か歳をとらないまま存命中。ゾハルの研究に没頭しているらしい。
  • A.D.2161 ヴェクター・インダストリー主導のもと、惑星連邦が発足。
  • A.D.2245 ヴェクター・インダストリーによって宇宙戦艦NCC-1701 U.S.S.エンタープライズ号が建造される。
  • A.D.2271 A.D.1996に打ち上げられた探査船ヴォイジャーが何故かヒト型になって地球圏に帰還してきた。ヴィルヘルムCEOはそんな彼を引き取って直属の部下にした模様
  • A.D.2286 地球圏に謎の物体が飛来し、地球圏全ての機械を停止させてしまう。事件解決のため惑星連邦のカーク提督とその部下が1986年へと逆行。無事解決に必要なザトウクジラを確保して帰還した。この活躍はヴィルヘルムCEOの目にも留まり、彼は何かを思いついたようであり、彼はゾハルの研究部門の拡張を指示した。
  • A.D.2373 ボーグ星人が地球に襲来し、過去に遡って文明を壊滅させてしまったため、地球史における最大の危機となった。幸いピカード艦長率いるエンタープライズEの活躍により事なきを得た。今回の事件に大変な危機感を覚えたヴィルヘルムCEOは、超弩級宇宙戦艦の建造をヴェクター・インダストリーに指示。同年に建造開始。さらに未知の敵にも対応できるような搭乗型機動兵器A.M.W.Sの開発も指示した。また、ゾハル研究部門の更なる拡張を指示。
  • A.D.2379 何故か全く歳をとらないヴィルヘルムCEOの指導のもと、遂に巨大戦艦兼ヴェクター・インダストリー本社「曙光」が完成。また、彼は一層ゾハルの研究の推進させ、その途中で得られたアニマの器による大型機動兵器、E.Sの開発に成功。
  • A.D.2449 遂にゾハルの研究が完了。ヴィルヘルムCEOはゾハルの高エネルギーを利用した永劫回帰の思想を表明。それを利用して過去へ回帰することを目標とした。
  • A.D.2500 γ宇宙域においてゾハルを利用した回帰実験が行われる。実験は成功し、曙光はA.D.1999へと回帰した。なお、回帰にゾハルを利用したのは曙光ほどの巨大な質量体ではワープ10でも時間逆行が行えないため。
  • A.D.1999´ 地球圏に遮蔽装置を展開した曙光が出現。その際の高エネルギーが地球に作用し、当時のユーゴコソボ紛争で飛行中だったF-117ステルス爆撃機を墜落させてしまった
  • A.D.2001´ 曙光、地球の脅威となりうる異星人の駆除に赴く。その圧倒的火力の前にクリンゴンやロミュラン星人などはなすすべもなく壊滅。しかし、ボーグ星人の主星を攻撃した際、反撃として地球に巨大兵器を発射されてしまう。即座に曙光が撃ち落したものの破片が地球に到達。同年9月11日にアメリカ合衆国に広範囲にわたって墜落し、世界を震撼させた。また同年にヴィルヘルムCEOが自らの体験を基にビデオゲームゼノサーガ』を考案。ナムコなる企業に原案提供し、製品化を求めた。なお、このビデオゲームには自社の宣伝をする意図も含まれているものと思われる。
  • A.D.2002´ 『ゼノサーガ エピソードI[力への意志]』が発売。これほど短期間で開発ができたのもヴェクターの技術協力があったためと思われる。
  • A.D.2007´現在 土星の周回軌道上から地球を観測中。一部の地球、宇宙企業とも交流がある模様

同社の製品[編集]

ここではその一部を紹介。

  • VXシリーズ
対グノーシス小型機動兵器。いずれも高性能で安定したコストパフォーマンスを誇り、市場ではハイアムズ社のAGシリーズに拮抗している。
  • E.S. アシェル
万能型機動兵器。神谷浩史をCPUとして運用できる。陸上・空中戦、近距離・遠距離戦、何でもやれます。かなりカッコイイ。
  • E.S. ディナ
某馬鹿女ヘタレ男が搭乗したことで有名。攻撃が全部ビームなので使い勝手はいまひとつ。変形合体したりロケットパンチを出したりとギミックに凝っているが、はっきり言ってダサい。
  • タブバイク
邪神モッコス様の玉座。原動機付一輪車だがE.S. ディナのコクピット電気棺桶に変形するという奇天烈仕様。発明者の頭のおかしさを象徴する逸品。
  • E.S. ゼブルン
いわゆる奇形ロボ。エアッドなる厨設定全開な主武装を持つ。某魔法少女の愛機。
  • E.S. ブルーファルコン
かのキャプテンファルコンも愛用の機動兵器。防御力は無いに等しいけどでっかい刀の攻撃力は絶大。一番強いかも。
  • コネクションギア
高性能通信装置。二つ組み合わせるとプレイステーションのコントローラーにもなる優れもの。スパムメール注意。
  • M.W.S.
某馬鹿女の主武装。盾のような外見だが4次元ポケットの延長線上にあるシステムで、ブレードとかビーム銃とかスタンガンとかプラズマ化した卑猥な雑念とかいろいろなものが出てくる。常識人にはお勧めしない。
  • VSSシリーズ
曙光に配備された警備ロボット。精神安定剤でラリった気違い女ひとりに容易く殲滅された欠陥品なので後にV.G.S.シリーズに駆逐された。
  • KOS-MOS1/1フィギュア
実用化に先駆けて販売予定。当然、体重もそのまま再現しているので取り扱い注意。
  • 邪神モッコス
クレームは弊社ではなくファミ痛の会社にお送りください。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連企業[編集]

同社CEOがゼノサーガの原案を提供。
同じ宇宙的企業のよしみで資金提供した。そのうち乗っ取っちゃうかも?
F-ZEROマシンの開発に技術提供した。
旧母体企業。
VXシリーズの最高傑作であるVX-10000のデータを不法盗用し、サーシェス専用赤イナクトを開発したといわれる。

関連項目[編集]