一休さん効果

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

一休さん効果(いっきゅうさんこうか)とは、苦労して用意した食事を摂った際には、苦労しないで食事を摂った際に比べて、料理の味がおいしく感じられる現象のことである。

由来[編集]

一休さんが殿様に、「ちょーおいしいおかゆくわしてやる!」と言って、失礼にも殿様におかゆを作らせて、食べさせた。(殿様視点で言えば、ただの自炊。)しかし、殿様はおかゆを作るために巻き割りや水汲みやなんやかやの肉体労働をさせられていて、非常に空腹になっていたため、ただのおかゆなんだけど「ちょーおいしいな!」って思っちゃいましたとさ。一休さんきゅー!!!

という話に由来する。

しかし、おかゆがおいしかった理由としては、空腹以外にも、「殿様が遺伝的に料理が上手かったのでは」、「当時非常に貴重だった魚沼産コシヒカリを使ったのでは」などが挙げられ、研究者間でも一致を見ていない。また、「ほんとうはまずかったが、殿様は見栄を張るために、おいしいと言ったのでは」など、殿様の性格の問題に対する説も存在する。しかし、いずれも民俗学者の意見なので、誰も気にしない

一休さん効果の見られる食品[編集]

一休さん効果の代替性[編集]

厳密な定義の上では、一休さん効果と呼ぶには「その食事を手に入れるための活動による疲労」があることが必要であるが、現代においてはその疲労が間接的であることが多い。

わかりやすく言えば、狭義の一休さん効果では、「食事←労働(疲労)」であるが、現代においては「食事←金銭←労働(疲労)」となっているため、間接的と表現せざるを得ないのである。そこで、この間接的な一休さん効果のことを、以降は「間接一休さん効果」と呼ぶ。次節において説明する。

間接一休さん効果[編集]

間接一休さん効果の見られる食品には、以下のものが知られている。

現在、日本味覚心理学会では、他に間接一休さん効果の見られる食品がないか研究中であるという。

関連項目[編集]