一部地域を除く

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
お知らせ
この項目は一部地域を除いてお送りします

一部地域を除く(いちぶちいきをのぞく)とは、本来全国ネットで放送されるべきテレビ番組を、わざと視聴者に伝えたうえでなかったことにすることが出来る黒魔法

類似の魔法として、主に外食チェーンやスーパーマーケットなどが使う「一部店舗を除く」「この商品は○○店では取り扱っておりません」がある。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「一部地域を除く」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

この魔法の呪文は、基本的に在京キー局でしか扱う事が出来ない。特に多用しているのはひえだかいちょーのところである。

この魔法は、本当に一部の地方局にしか通用しない特殊な魔法である。昭和末期までは通用する地方局が多かったが、売国奴新聞その子分が頑張って平成新局とも呼ばれる地方局を量産したので通用する地方局が減った。

基本的には、全国ネットの番組を黙殺して地方局で生産されたクソ番組に差し替えさせるもので、一部ではテレビ東京のマニア受けの良い番組に差し替えることもあると言う。黙殺といえども完全ではない場合が多く、土日の昼下がりや深夜に振り替え放送を行わせる場合が多い。しかし、関西テレビみたいないつもキー局にケンカを売ってる地方局は、振り替えでさえもやらせずに完全に黙殺させてしまう。

この魔法がかなり通用する地方局として有名なのは、大阪民国その周辺地域関西テレビ放送と、宮崎県テレビ宮崎(通称:UMK、読みはぴー)である。

通用しやすい地方局の傾向としては、

  1. キー局と仲が悪い
  2. いろんなキー局とネットワークを結んでいる
  3. 放送対象地域に民放が少ない

などが挙げられる。

魔法に掛かったとき[編集]

宮崎の場合[編集]

宮崎には民放が二つしかないので、そのうちの一つテレビ宮崎がフジテレビ・日本テレビ・テレビ朝日の3局とネットワークを結んでいる。ちなみに、もう一つの民放である宮崎放送東京放送とネットワークを結んでいるが、TBSの製作レベルはあれなので他のキー局に逃げるのを防ぐため「JNN排他協定」に強制的に加盟させてその呪縛から逃れないようにしている。よってこの魔法は通用しにくい。

さて、UMKの編成は非常に不思議なもので、さっきまで日テレの番組だったのにその次の番組はフジの奴だったり、夕方のニュースがフジテレビなのに、夜のニュースがNEWS EROだったりと、全国的に見ても珍しい形態である。

しかし、どんなにクソな地方局でも時間は1日24時間・1年365日しか与えられないのに変わりは無い。当然、放送できない番組が出てくる。そこに、キー局が「一部地域を除く」を唱えてくると、あっという間にその効力が働くのである。後述する関西テレビとは違って振り替え放送を行うが、地方ではテレビ東京の番組が大人気なのでそちらも放送しなければならない。そのため結局放送できない場合もあるが、TBSの手下であるはずの宮崎放送でも全国ネットの時間帯を除けば他の番組を放送できるので、そちらに譲ることもある。しかし、民放二つはやはり少なすぎるのである。知事、この問題もどげんかせんといかん!

大阪民国とその周辺地域の場合[編集]

近畿地方は、テレビ東京系列を除いた4大ネットワークの準キー局が揃っているので見かけ上は問題ない。しかし、関西テレビはフジテレビと世界で一、二を争うほど仲が悪いのである。そのため、全国ネットの番組を平気で差し替えてくるのである。

普通、これほどの規模の地方局ならばこの魔法は効かないはずであるが、この場合キー局との仲が悪すぎる事に加えて、どうやら関テレにはこの魔法の力をより強くする魔導師がいると言われている

しかし、差し替えた番組のレベルは毎日放送朝日放送とは違って低い。その理由は、もともと毎日放送のレベルがTBSに比べて高く、朝日放送のレベルもテレ朝より高いこともあるが、フジテレビの製作レベルがまだまだ高い水準を維持していることが大きな理由である。特に問題になっているのがネプリーグの差し替え問題である。

ネプリーグは関東でも高い視聴率を誇るクイズ番組である。関テレはこの番組をレベルの低いバラエティ番組に差し替えている(かつては快傑えみちゃんねるに差し替えられていた)。差し替えている局は関テレ以外にもあるのだが、次に述べる問題が視聴者の顰蹙を買っている

ネプリーグは人気番組なので、たまに2~3時間のスペシャルを放送する。他に差し替えを実施している局は、差し替え番組を休止してスペシャルをきっちり放送する。しかし、関テレはそれにも懲りずに差し替えてきて、スペシャルが短縮される。「1時間スペシャル」になることすらある。しかも、通常放送でさえいつ振り替えしているのか分からないか、放送が飛ばされることもあるのに、スペシャルに関しては全く振り替え放送を行わないのである。関テレにしてみれば「1時間でもスペシャルを放送したのだからそれで良いだろう」という意向があると言われているが、前述のように製作レベルは「フジテレビ>>>>>>>>>>(絶対に越えられない壁)>>>>>>>>>>関西テレビ」なので、「放送してほしい」と言う声は尽きない。

2015年以降は無謀にも東京への悪口番組でSPごと短縮もなしに潰すほか、地元出身者のMC番組でさえ自称人気ローカル番組によって翌日深夜に追いやるなど、暴走や身勝手ぶりは留まるところを知らない。

それ以外の場合[編集]

地元にプロ野球の球団がある場合、その試合に差し替えることも多い。この場合振り替え放送はきっちりと行う。また、地元で大きなイベントがある場合にも差し替える。但し、TBS系列は振り替えを禁止しているので、見れなくなることがある。

ちなみに、関東地方でこの魔法を見かけた場合は、一部の人が「一部地域ってどこだよ!」と言うツッコミを入れることが多いが、基本的には誰も気にしない。

今後[編集]

この魔法が通用する地方局も減ったのだが、今後テレビ業界にも平成の大合併が行われてこの魔法を唱えることも無くなり死語になることが既定事項になっている。

関連項目[編集]

この項目「一部地域を除く」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)