一騎当千

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一騎当千」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「一騎当千」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「一騎当千」の記事を執筆しています。

一騎当千(いっきとうせん)とは、塩崎雄二による三國志風格闘リョナスカ漫画、およびそれを原作としたアニメである。原作漫画は2000年から15年に渡って連載されたが雑誌ごと廃刊になり、現在は移籍したヤングキングアワーズで第3部『真・一騎当千』が連載中。

真ん中のパンモロ爆乳が主人公である。

概要[編集]

物語としては「転生モノ」であり、「現代に甦った英傑たちの死闘」を描いた格闘作品として偽装されている。が実際三國志要素は「釣り」でしかなく、爆乳JKがおっぱいをぶるんぶるんさせながら鉄拳で殴りあい血を流しあうリョナ作品」というのが正しい。

一応三國志として「赤壁」だの「玉爾」だのが出てくるが、その設定はほぼ死んでいる。「魂を受け継ぐアイテム」である勾玉に関しても同様で、そもそも「同じ宿命」を受け継いでいるせいで同じ結果しか出ないなら改めて戦う意味ないよね?

原作漫画後半やOVAでは普通に「侍の魂を受け継いだ高校生」が出てきており、もう三國志でさえなくなった。まぁ世の中には普通の中学生カップルが三國時代にタイムスリップする話とかもあるので特に気にもされなかったが。


リョナスカ複合萌え要素である「恐怖失禁」も勿論ある。またリョナ属性低めの入門者向けに軽めの描写も多数。ツボを押さえた良質なリョナスカアニメである。

なお、作者は同じくリョナスカ教徒であり、1年先にデビューした大暮維人に絶大な影響を受けている…というか大暮教の信者レベルに大暮リスペクトが目立つ。

あらすじ[編集]

孫策伯符は退屈していた。趣味が喧嘩の彼女にとって、あまりに強くなりすぎた自らの五体は戦う相手を減らすことになりかねないからだった。そんな悶々とした日々を過ごす中、母・呉英の勧めに従って従弟の周瑜が通う底辺校・南陽高校に行くこととなった孫策。しかし南陽高校は、三度の飯より暴力が大好きな連中の集う北斗の拳ワールドのような異次元レベルの治安を有するバケモノ高校であった。

最初こそ楽しんで戦っていく孫策であったが、徐々に三国志を愚弄リスペクトしたかのごとく、彼女の運命は大きく動き始める。そして「夭折した荒武者」である孫策の名を継ぐ彼女の出番も、次第に「後世まで語り継がれ神となった」関羽達に脅かされていくこととなった。果たして孫策は主人公の座を守り抜けるのか…!?

世界観、というかツッコミどころ[編集]

低すぎるモラル[編集]

エロに関しては異様なほど充実しており、局部スケだのパンモロだのは日常茶飯事である。一騎当千世界の衣服は異常に脆く、ちょっとした格闘で破れる破れる。ただし股間の衣類だけはダイヤモンドより頑丈であり、パンツを引き裂くのは核ミサイルでも持ってこない限り不可能だと思われる。

また失禁シーンもあり、孫策は主人公であるにも関わらず敗北→拘束強制スプラッシュという恥辱シーンが描かれた。また二期の劉備は劉備で、一話ではあのタイミングからして「出ている真っ最中」だったことだろう。

このような、女性であれば即腹掻っ捌くレベルの羞恥シーンが30分の放送の中で15分くらいは存在するが、本作の女性陣のメンタルは後述する肉体同様にありえない程頑健で、乳放り出して野外で殴り合おうが、公衆の面前で四畳半くらいの面積のションベンを垂れ流そうが、一部のキャラを除き全く羞恥せず平気で闘い抜く。基本的に彼女たちが羞恥するのは痴漢もしくは陰部を直接見られた時くらいであり、異様なまでに寛容である。

一方で男性キャラは基本的にそういった現状を甘んじて受けているフシがあり、捕まえたネズミはオレの物と言わんばかりにアーン♥♥を繰り返し、最終的に検閲により削除されてチャンチャン、というお決まりの流れを作っていることが多い。彼らは女性陣とは真逆に下半身が脳髄と直結しており、倫理だの自らに降りかかる危険だのを全く考えていないのである。まともなのは周瑜楽進黄忠おじさんくらいであろう。原作漫画ではこのようなアレな描写はもっと露骨で、作中屈指のイケメンである夏候惇君が登場1話目にして現地妻にアーン♥♥をさせているあたり、もう完璧に性意識は吹き飛んでいる。一方で一部の女性キャラもそれらをノリノリで逆手に取るようなビッチが見受けられるが、作者の性癖なのかこういったキャラは膨大な女性陣の中ではごく一部である。

若者の人間離れ[編集]

冒頭で記した通り本作は基本的に学園喧嘩漫画である。故にリョナシーンも異様なほど充実しており、腹パンで苦悶の表情を浮かべるなど日常茶飯事である。『一騎当千』世界の人間は異常に頑丈であり、十数mフッ飛ばされてコンクリートに人型の穴が開くほど叩き付けられても数分休めばすぐに復活。殊に主要人物においては、顔面をコンクリートに叩き付け壁に完全にめり込もうが[1]、首に鋼線がかかったまま吊り下げられようが苦しいだけで死にはしない[2]。たまにうっかり死んでしまう事もあるが、やっている暴力行為の割には死者はかなり少ない。流血や絶叫が大好きだが人の死には心痛める通人も安心。

主な勢力[編集]

主人公・孫策のいる普通の共学校。横浜の辺り。トップの孫策が見てて不安になるレベルの大馬鹿野郎[3]なので、みんな心配して介護のためについてきてくれている。
ドMなゴリマッチョだの片目メイドだの変な生徒ばかりいるが、世間的には普通の学校である。多分。
ロリ巨乳天然ドジメガネっ子多重人格という属性マシマシの劉備ちゃんがトップの学校。奥多摩のあたり。関羽や張飛は言うに及ばず全生徒が劉備に萌えまくり、命まで捧げる狂信者の集まり。
揃いも揃って劉備萌えなので、劉備が大人しい間は平和。ただ、たまに不思議なことを起こすことがある。
唯一、男子の曹操が治める千葉近郊の高校。敵役。
敵役というか三國志の勝者は曹操のはずだが、三國志演義のせいですっかり悪役である。
多すぎて数えきれないはぐれもの軍団。

評価[編集]

いくらマニアにとって良作であっても、一般受けしなければヒットしない。そのはずであった。

が、一騎当千は一期当千では終わらず六期当千まで進むヒットシリーズとなった。更にはパチンコやブラウザゲーム、遂には舞台劇にも進出し、マニア向けリョナスカアニメの枠を越えて大きなムーブメントを巻き起こしたのである。

世の中にはスケベな人が大勢いる。それを気付かせてくれた一騎当千は、この先もリョナスカアニメの一番星として語り継がれていくだろう[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 原作6巻及びアニメ第2期の胡車児
  2. ^ OVAの楽就。京都駅で吊り下げられたままバトル続行していたが、死ぬどころかダメージもほとんどなかった
  3. ^ 誇張ではない。身体は爆乳だが知能は幼児並みであり、周瑜に好意を持っているのも「一緒にいた時間が長いから」という程度である。

関連項目[編集]