七日間戦争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

七日間戦争(なのかかんせんそう)とは、1980年代末期の夏休みに日本全国で勃発した中学生と教師の間の戦争である。

概要[編集]

夏休み前、日本では教師や教育機関に対する中学生の不満が蓄積していた。教育委員会はこれに対し反対派や過激派の中学生をいっせいに退学させ、強力な管理体制を敷いた。しかしそれは中学生たちの不満を煽る結果にしかならなかった。1学期の終業式、一部の過激派が学区内の廃工場に拠点を置き、「解放区」と名乗った。解放区は放送機関と自衛隊を急襲。各地に一斉蜂起を呼びかけるとともに、戦車等の各種兵器と核を強奪しテロを敢行。これを契機に日本全土に騒乱が発生した。騒乱はわずか七日間で終結するも、彼らの掲げた週休二日制勉強範囲削減などの目標は国を動かし、ゆとり教育として取り入られるようになった。

戦争の経緯[編集]

終業式[編集]

もうすぐ夏休みと期待が高まる中、東京都の東中学校で夏休みの宿題に反発した生徒たちが一斉蜂起。解放区と名乗った。解放区は廃工場を拠点とし、電撃作戦で瞬く間に放送機関を占拠。全国の中学生に教育委員会に対する蜂起を呼びかけた。

反激戦[編集]

蜂起後、自衛隊の圧倒的火力の前に解放区は劣勢に陥っていた解放区は、この劣勢を覆すため自衛隊本部へ核強奪をを敢行。核とその他通常兵器を奪取した解放区は、数の多さで自衛隊を圧倒。次第に優勢へと転じていく。

解放区より愛をこめて[編集]

解放区の勢いを危険視した教育委員会は、七日目にしてようやく解放区との話し合いに応じることを合意する。教育委員会は解放区代表の相原徹の唱えたゆとり教育を一部採用することに合意(この宣言を解放区より愛をこめてと言う)し、終戦協定を締結。 七日間戦争は終結した。

戦後処理[編集]

たとえ七日間の戦争でも戦争をした後には戦後処理が必要。

  • 教育委員会と和解した中学生達は家に帰宅後、親や親戚に死ぬほど怒られたらしい。

そのため正式には七日間+一日となる。