万乎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

万乎(まんこ 生年不詳 - 1724年(享保9年)8月15日)は江戸時代俳人。本名大坂屋次郎大夫伊賀上野豪商1691年(元禄4年)3月23日、自邸に松尾芭蕉を招いた際に彼の弟子(伊賀蕉門)となった。

俳人として多大なる実績を残したはずの彼であるが、「松尾芭蕉の弟子に万乎がいた!」という事実は、多くの歴史教科書において伏せられている。有名な「奥の細道」においても、松尾芭蕉に同行した弟子は河合曾良だけしか記されておらず、万乎の存在は無視されている。この不可解な事実に対して、「松尾芭蕉は忍者だった」「実際に忍術を実行したのが万乎であった」という説が、現在有力となっている。

また、松尾芭蕉と万乎が同一人物ではないかという説も語られている。つまり「松尾芭蕉の正体は万乎だった」というのである。ちなみにこの説は、「松尾芭蕉女性説」と一緒に語られる事が多いが、その理由は不明である。

関連項目[編集]

この項目「万乎」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)