三八式歩兵銃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Type38.jpg
三八式歩兵槍後期型
三八式歩兵銃
種類 歩兵槍
製造国 大日本帝國
設計・製造 南部麒次郎
口径 ちんちんは入らない
銃身長 なくな
ライフリング 6あ~れ~時計回り
使用弾薬 三八年式実包か三十年式実包
装弾数 5発
作動方式 手篭め
全長 4尺2寸
重量 木材により様々
発射速度 射手の技量による
銃口初速 弾薬により様々
有効射程 0~4町

三八式歩兵銃(さんぱちしきほへいじゅう)は明治38年(西暦1905年)に槍術の名手である南部麒次郎の独自の工夫によって考案され、大日本帝國陸軍に制式採用された槍である。当初の正式名称は三八式歩兵槍であるが、後の改良で三八式歩兵銃と呼ばれるようになった。「突いてよし、斬ってよし、打ってよし、撃ってよし」と零距離、つまり白兵戦においては無敵の強さを誇り、「ゼロ戦、サンパチ」と謳われた名槍である。

構造[編集]

三八式歩兵銃にはそれまでの槍とは全く異なるユニークな特徴が多くある。

穂は三十年式銃剣と呼ばれ、南部の師匠である有坂成章の考案したものが使われている。この穂は自決のとき、柄についたままでは自分の喉を刺すとき不便なため着脱できるようになっていたが、もっぱら缶詰を開けたり、豚の皮を剥いだりに使われていたようである。

柄は木製でクルミ材を用いている。芯として鋼鉄の管を通す。石突の部分はやや湾曲したあと、幅が広くなっている。このため非常に強固な造りであり、石突による打撃が極めて効果的である。穂を折って槍として機能しなくなっても、帝國歩兵は棍棒のように振るって敵を撲殺した。

柄に挿入されている、鋼鉄管の基部にはいくつかのばねとねじから構成される機械的な構造がある。これは弾があったら撃てるように存在する。南部が日露戦争に出征した際、ロシア軍がライフルや機関銃を装備しており、槍の間合いまで近づくことが出来なかったことが度々あった。そのため「槍の柄から弾が撃てるようにしてはどうだろうか」と思いついたのである。フランスの頭の悪い青年が銃の使い方がわからず、銃口にナイフを差して振り回したのとは対照的である。もともと鋼鉄管が長く、頑丈な造りであったため、ライフル銃として抜群の精度を発揮したのである。

改造[編集]

三八式騎槍
騎兵隊が振り回すために短くしたものである。三八式の最大の利点である長さを失ったため、騎兵隊は全滅、日本から絶滅した。このため、現行の銃刀法では銃身を切り詰めることを禁じている。
九六式狙撃槍
配備済みの三八式のなかでも曲がりのないものを選りすぐって銃としての役割に専念させたもの。帝國歩兵は鬼神の如く敵を突き、殴り倒してきたため、曲がりのない三八式は極めて少なかった。
三八式改造自動小銃
三八式を自動小銃にしてしまおうという計画案。現代風に言えばフェラーリでラリーコースを走ろうとするようなものであった。このような思想が日本の現在の自動小銃に大きな悪影響を与えている。

三八式実包[編集]

三八式実包X弾。形状からしてヒワイ弾である。

遠距離に対応するため製造された銃弾である。奇しくも三十年式実包と同じ寸法となり互換性を持つ。白色の火薬は「白ゴマ」と呼ばれ、服用して麻薬作用に興じる者もいた。三八式実包にはX弾とY弾と呼ばれる試作品もあった。X弾は軟らかいアルミ製のだめぇだめぇ弾で、弾頭が衝突した人間は「だめぇHeart5.png」という悩ましい声をあげ戦闘不能となる。Y弾は弾頭内に男性ホルモンが入っており、撃たれた人間は欲情し、猥談ばかりするようになる。どちらも敵を無力化するのに有効と思われていたが、実用化はされなかった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三八式歩兵銃」の項目を執筆しています。