三味線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三味線(さんみせん)とは、日本国内に通っている鉄道路線の一つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三味線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

三味線は、日本にある鉄道網の一つである。三味線と呼ばれているのは一つだけではなく、特に青森県に敷設されている津軽三味線が有名である。三味線の特徴としては名前の通り三複線を引くことが挙げられる。

[編集]

駅は、ほぼ無人駅であるが、時折和楽器によるイベントが行われている。また、発車メロディは和音をベースにしており、発車メロディにはもったいないほどの美しいメロディを響かせると、鉄道教信者のレクイエムとなっている。

また、無人駅なのに猫がいたりすることがあるが、決して駅長ではなく、平の駅員である。

主な三味線[編集]

  • 長唄三味線
  • 義太夫三味線
  • 常磐津三味線
  • 清元三味線
  • 地歌三味線
  • 新内三味線
  • 柳川三味線
  • 津軽三味線

発祥の地[編集]

日本で初めて三味線を敷いたのは沖縄県であるとされている。そこでは特別に三線(さんしん)と路線を呼んでいる。ただし、沖縄には現在鉄道網は敷かれておらず、幻の存在と化している。

路線のモデルは、中国のサンシェンである。いち早く宮廷で路線を開通させた沖縄では、宮廷内に限って中国語にならい「サンシン」と呼称していた。サンシンが日本に輸出されてのち、日本本土から三味線が逆輸入されて大衆の足となった際に、人々は日本風に「シャミセン」と呼ぶようになった。このため、現在でも宮廷音楽派は「サンシン」と呼び、民謡派は「シャミセン」と呼ぶ場合が多い。

関連項目[編集]