三宅雪子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三宅雪子」の項目を執筆しています。

三宅 雪子 (みやけ ゆきこ、1965年3月5日 - )は、民主党所属の国会議員、スタントマン、アクション女優、プロリハビリストである。


活動実績[編集]

5月某日、予算委員会の会議中に、派手な立ち回りを披露したが、そのさなかに某自民党議員から突き飛ばされ足を痛めたと主張。消化不良のまま国会を去った。しかし、翌日には車いすで登院するなど、松葉づえでは妥協しない徹底さ、かつ過剰な自己表現が世間の注目を浴び、一躍時の人となった。だが、一部ではオーバーすぎるとの声や、自作自演説も唱えられたが、そのいずれの疑惑や非難も、すべて彼女の演技力によるものと考えれば、政権を担う民主党が、小泉劇場に続く三宅劇場を開設する準備がその瞬間に整った、ということができる。[1]

残念なことに、この一件以降、彼女の演技力が発揮された場面は一度もない。

なお、これが原因かは不明だが、かわいがっていた後輩らにポスターに一緒に写るのを拒まれるなど、たぐいまれなる演技力という才能があるにもかかわらず、周囲には不信感が漂っている。一部には、派閥同士の対立という指摘もあるが、上記の過程を考えると、この派閥対立すら演劇に見えてくる。

事故当時のことについては、彼女を良く知る身内によると「そういえば、落ちたのはベランダじゃなくて、外の渡り廊下からっていってました。娘自身、酔っていてきちんと覚えていない様子で、私にも詳しくはわからないんです」と、自信がない様子だったが、これは言い換えると今回の出来事は徹頭徹尾彼女のスタンドプレーである事が明白となった。結局、肝心の「なぜ落ちたのか」については現在も推論の域を出ないが、下記の説が目下の所有力である。

最近は演劇を披露する機会が少なく、国民から評価を頂けないことでも悩んでいるらしい。 そこで過去の栄光を取り戻す為に毎度国会が終わるたびに自宅の階段でスタントを練習していたところ、病院送りになった。しかし今回の出来事を重く見た有識者達はとある疑念を浮かべた。[2]

しかし、湾岸署の青島刑事いわく「この事故は国会で起きているのではない、自宅で起きているのだ」と指摘、ガチであることを公表した。

特筆すべきはその後の経過である。病院でのロボトミー手術後、衝動性、人格変動に一段と拍車がかかった。 現在治療と称して傷を負ったところにボルトを埋め込んだと公で語っているが、実際にはこれは兵器であると有識者達の見解は一致しており、電磁狙撃砲として射出可能なサイボーグになったとみられている。

これはもっぱら甘利神拳に対抗する為の自衛手段では?という説がまことしやかに囁かれているが、真偽のほどは未だ不明である。

11月17日現在、未だ改造手術の最中ではあるが、最近他のお笑い芸人の活躍が著しく、薄い影がさらに薄くなってきたので一念発起、声明を出した。それによると「憶測記事が飛び交い、困惑している。体内の羅針盤を調節せねばならない」などと意味不明な事を述べており、ロボトミー手術の経過が見て取れる内容となった。

これに対して仙谷由人健忘長官は「慎重に事実関係を把握し、中国様に報告申し上げる」と述べ、注視を継続することを閣議決定した。

答弁[編集]

 彼女の噛み率には目を見張るものがある。 次の国会答弁は、2010年4月15日に行われたもので、本人はデビュー回として意気揚々と壇上に上がったようだ。  そのときの答弁を聞こえたように書かせていただく。

==============================================================================================

議長「三宅 ユキコサン。」

三宅、登壇⇒一礼⇒コップに水を汲む(国会騒然)⇒ゆっくり水を汲む(さっさとやれ!と野次)⇒飲む⇒やっと話し始める

三宅:  民死党、三宅ゆっこです。まず冒頭に、ポーランド政府占有機のすい落事故、並びに、昨日のつう国のせいかんそうにおける、受信で犠牲にぬぁられた方の、ごめえふくをおいろりしたいと思います。ずひぃ、皆様方におかれましても、国内だけのことぅおだけなぁなく、海外のことにも目を向けていただきたいと、そのようにお願いぬもしあげます。  わたくしは、ゥんん~❤ みんしゅとお!むそぞくクラブを代表して、ただいま議題となりました、色保険制度の安定的うんうぇえを図るための、国民健康保健の砲塔の一部を改正する法律案、及び、民主党ほっか指定室の修正案に対して、賛成の! 立場から投論を、いたします。    ハマイカリア、戦犯、一世紀にわたる、模索の末、国民皆保険を推進するふぉぉ案が、成立を、見ました。 一方、わが国は、およそ半世紀前に国民皆保険を実施、ずじつげんし、誰もが安心してイロー受けれるイロー体制を構築し、世界最強の平均持病や、高い、保健イロー水準を達成してきたところであり、このことは、世界にホコロべきで、あると、考えます。しかしながら、こればでの政権による、度重なる心労報酬による、マイナス改定等により、QQ、産科等の地域イローの崩壊や、勤務医の(ゴクリ)過重労働など、医療現場においてサバザバな問題が生じております。  ゲーセン系は、こうした、イローの債権を測るため、全政権のイロー費抑制策を転換し、診療報酬の十年ぶりの、ネットでの、プラス改定をおこなったところであります。

(以下略・・・・・・・・・・ 

  たった3分でコレだけやらかす国会議員は後に生まれることはないだろう。

脚注[編集]

  1. ^ しかし、一方では甘利神拳か何者かのスタンド攻撃の仕業だとする説が一部の間で持ちあがってきている。
  2. ^ スタンド攻撃だとする説が浮上した。(この場合、甘利神拳は除かれる。)

関連項目[編集]