三宮駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三宮駅(さんのみやえき)は、阪急電鉄(阪急)と阪神電気鉄道(阪神)に神戸高速鉄道(以上、阪急王国関係企業)、それに要塞直通の神戸新交通(ポートライナー)に神戸市営地下鉄アンチJR西日本各社と西日本旅客鉄道(JR西日本)が集結している、阪急王国のターミナルである梅田駅とほぼ同じレベルのカオス空間且つ迷宮である。カオス空間故に巻き込まれたらどうなるかは説明するまでも無いし、ここで事件が発生すると文字通り迷宮入りしてしまう。また、三宮の所在地である神戸市自体がカオス空間だという説も流布されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三宮駅」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三ノ宮駅」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三宮・花時計前駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

元々、三宮自体は開港するまで小さな村に過ぎなかったが、開港後は外国人専用住宅街の出現や港湾設備の改良等が行われ、治安維持のために鉄道が必要になったため、旧国鉄東海道本線大阪駅から現在の三宮駅から二つ西隣の神戸駅まで敷設した1874年にこの駅を設置した。

一方の私鉄は路面電車状態のまま、阪神が1905年に神戸雲井通駅を設置し、旧国鉄に対抗したことから、この時点で現在に於けるJR西日本 VS アンチJR西日本のバトルが勃発することになる。なお、JRの駅は元々元町駅の位置に置かれており、私鉄会社に対抗するため神戸の町を見下ろすような高架線が開業した際、現在地に移行させた。

三宮駅は神戸市の中心だけあって、地上地下関係なしにごちゃついている。事実、高架駅のJR西日本と阪急の駅舎は隣接しているため、人の流れを読まない限り自分が乗りたい鉄道路線に行くことができなくなる。神戸新交通も高架駅だが、駅舎までのあちこちに集金マシンが設置されている。地下には集金マシンがあちこちにあるサンチカラビリンスがあったり百貨店があったりするため地上よりもかなりごちゃついている。そこで「明日戦争が勃発するかもしれない」という状況下でものんびりと買い物や食事を楽しんでいる人々も多い。

なお、JR西日本は三ノ宮駅、阪急電鉄・阪神電気鉄道・神戸高速鉄道は神戸三宮駅、神戸市営地下鉄海岸線は三宮・花時計前駅だが、別々に書くと余計絡まるためまとめて説明する。

地名の由来[編集]

平安時代同人誌である源氏物語の同人誌にて、源氏の2番目の正室であった女三宮が出家後、身の平安を願って生田神社へ参る間際に、この地を流れていた生田川で全裸になって禊をしたことが名の由来であり、当地の伝承として残っている。生田神社の三番目の宮で一宮や二宮もあるという説もあるが、これはエロ同人誌を根拠とする真実が恥ずかしいため後に隠蔽されたものである。事実、禊を行った場所とされる現在の阪急三宮駅東口前には女三宮のおっぱいを模した広場が存在する。

各三宮駅の状況[編集]

三ノ宮駅[編集]

JR西日本は西ノ宮駅を取っても、こちらのを取る気は何故か無い。

4番線まであるホームのうち、1・4番線を新快速・特急専用ぶっ飛ばし路線の強制停車ゾーンに設定している。但し、貨物列車と一部の寝台特急だけはこのルールを完全にスルーし、かなり速い速度で飛ばしている。まあ、貨物については肝心の荷物があまり載っていないため加速力がアップするのは言うまでも無いが。一方、寝台特急は結構脅威となる。今はないが、かつて上り「サンライズ」の直前に「あさかぜ」が通過していた。大きな警笛を鳴らされたのは俺だけではあるまい。

1・4番乗り場から出ている新快速だが、時間が悪いと満員電車に巻き込まれてしまう。特に朝夕のラッシュ時には、降りた先の大阪駅~京都駅と姫路駅・網干駅・播州赤穂駅で度胸試しが発生したり、かけこみ乗車が開催されたりするため、3~10程度の遅れが普通に発生する。

さらに、JR神戸線JR京都線グモッチュイーーンの現場になりやすいため、「ただいま、○○駅(踏切)において人身事故が発生しました……」という放送が流れると、ホームはもとよりコンコース、サンチカラビリンス、そして阪急王国の各三宮駅が満員電車ならぬ満員ホームや満員コンコース状態に陥る。

さらに運の悪い奴は帰り際に北の果て氷属性攻撃まで喰らって「福井は関西じゃねぇだろ!」と叫ぶ羽目になるのだが、そもそも三ノ宮から西へ帰宅している時点で関西的には負け組なのであきらめれ。

ちなみに、「三ノ宮駅周辺=神戸の中心地兵庫県の代表駅」なので注意。兵庫県の代表駅は二つ西隣の神戸駅である。類似した事例として山口駅山口県山口市)などがある。

阪急神戸三宮駅[編集]

JR三ノ宮駅のすぐ隣にあるので何かと比べられる。かつては駅の手前にあるビルへ電車が突っ込み視界から消えていたので一部では「電車が吸い込まれてしまうビル」という都市伝説が生まれ恐れられていたが、残念ながらそのビルは現存していない。

こちらもJRと同じく4番線まであると勘違いされることがあるが、正確には4番ホームまであるというのが正しいのでこのあたりで筋金入りの鉄道オタクかどうかを見分けることが出来る。一応神戸高速鉄道の駅でもあるがそこは誰も気にしない

フラワーロード側の架線橋はけばけばしく緑にぬられ、『大阪 京都 宝塚行き☞』と書かれている。ちなみにその左側にはJR三ノ宮東口が存在するため、これはささやかな嫌がらせとしか考えられない。

以前までは、この駅に乗り入れる電車のアナウンスは『まもなく三宮、三宮です。ポートライナー、地下鉄線、北神急行方面はお乗り換え下さい』という、明らかに「あれ、阪急さん、いまとなり並走してるアイツのこと忘れてないスカ?」と突っ込みたくなるほどにJRを嫌っていた(東口では目と鼻の先に三ノ宮駅があるのに)最近はしぶしぶ『JR線』もアナウンスに付け加えている。

阪神神戸三宮駅[編集]

阪急と違い土地を買う金が無かったのか地下にある。甲子園にて虎の見世物伝統行事尼崎で競艇が行われようものなら梅田駅と同じ状況下に陥るともいわれているが、そこまで深刻ではない。また、近鉄王国行直通列車計画の準備費用があれなので駅の管理を神戸高速に任せている。

神戸新交通三宮駅[編集]

三宮駅では唯一要塞に直通している新交通システム。路線名はポートアイランド線だが、またの名をポートライナーという。レールそのものの構築から車両までも独特の技術を採用しているのが特徴で、唯一ネ申に繋がる新交通システムとしても有名だが、条件が整うと支援のために六甲ライナー(六甲アイランド線)ともども全線ウヤをし、戦電車を走らせる。

神戸市営地下鉄三宮駅[編集]

JR・阪急には近いが、他からは離れている。しかも、駅構造自体が迷宮で、フロアを間違えると行き先をも間違えるという憂き目を食らう。しかも毎日神戸市営地下鉄としては珍しく混雑しているため、満員電車やかけこみ乗車の開催ポイントにもなっている。神戸市営地下鉄はいわずと知れたエクストリーム・女性専用車の会場にほぼ毎日なっているが、当駅はその乗車口周辺に駅員が立っているため、男性プレーヤーが乗り込むのは至難の業。

なお、総合運動公園駅には球場とサッカー・ラグビー場があるため、球場でオリックス戦やラグビー場でワールド戦・コベルコ戦が実施されたり、ライブイベントが実施されようものなら満員電車の状況は更にひどくなる。

神戸市営地下鉄三宮・花時計前駅[編集]

この駅から他の三宮駅からはかなり離れているため、ここで乗り換えようものならサンチカラビリンスで迷子になる確率が大幅にアップする。こちらは混雑率が低いが、エクストリーム・女性専用車の会場にもなっている。リニアモーターを搭載している数少ない地下鉄だが、有事の際には隠し線路を伝って敵に突撃するシステムを採用している。季節感を大切にしている故に、七夕が近づくと笹が設置される。

なお、御崎公園駅にはドーム搭載の球技専用施設があるため、そこでサッカーやラグビー、ライブイベントが実施されると臨時ダイヤまで登場する。

関連項目[編集]