三崎口駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三崎口駅(みさきぐちえき)とは、京急がバスで稼ぐために三崎港よりもものすごく遠くに作られた駅である。だからあくまで三崎駅ではなく三崎駅である。

概要[編集]

マグロでで有名な三崎港を始め、城ヶ島や油壺などの名所への観光客が多く下車する。久里浜線の終点だが、品川駅(あるいは泉岳寺駅)から直通の快速急行の本数は本線の終点のはずの浦賀駅行きよりも多く(むしろ浦賀駅に行くためには乗り換えをしないと行けないくらい)、大半の人に京急本線は品川〜三崎口と思わせている。

この駅は電車よりも儲かるバスで利益を得たい京急により、全ての観光地よりそこそこ近く、でもそこまで行くにはバスが必要という巧妙な位置に置かれている。観光客は何もない駅前で絶句し、渋々京急の思い通りにバスに乗ることになる。徒歩で行こうにも、あまりの遠さに断念せざるを得ない。[1]これを見てまだ徒歩で行きたいと思う人は自己責任で頑張れ。

付近の観光地[編集]

京急油壺マリンパーク・・・三崎口駅から京急バスで270円

三崎港・・・三崎口駅から京急バスで300円

城ヶ島・・・三崎口駅から京急バスで400円

諸磯湾、油壺湾・・・三崎口駅から京急バスで270円

三崎朝市・・・三崎口駅から京急バスで300円

商業施設うらり・・・三崎口駅から京急バスで300円

三崎のマグロ屋、料理店・・・三崎口駅から京急バス

宿(どこでも)・・・三崎口駅から京急バス

見ての通り、三崎口に来て観光をするだけで京急に金をむしりとられるのである。線路を伸ばすだけなら運賃はせいぜい100円増えるか増えないかぐらいなのに。

改名騒動[編集]

三崎はマグロの産地なので、三崎マグロをもっと有名にしようと、三崎口という詐欺のような駅名を改名しようという動きがある。三崎口駅の崎と口の間にマグを入れ、三崎マグ口駅にしようというのである(三崎マグロ駅ではない)。しかし、もしそうなった際、三崎のマグロはより有名になるかもしれないが、唯一この駅の本質を捉えていた三崎口の口がマグに隠されるため、観光客が絶句する可能性が上がる。そして京急がさらに儲ける。

結論[編集]

本当に三崎やその周辺を楽しみたいなら、未成年や運転免許を持っていないのでなければ、京急は使わず自家用車を使いましょう。京急の策略にはまることになります。

隣の駅[編集]

三浦海岸駅

三崎口駅より海に近い。なのに三崎口駅は海に近くしない。実は三崎口駅から三崎港へ向かうより三崎口駅から三浦海岸駅へ向かう方が近い。三崎港は三浦海岸駅の隣の津久井駅といい勝負ぐらいの遠さである。

関連事項[編集]