三浦義村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三浦義村(みうら よしむら)は平安・鎌倉時代の武士、政治家。その生涯は時の権力者北条氏への徹底した追従に費やされ、北条氏の為には従兄弟、我が子のように可愛がった源家の忘れ形見も平気で見殺しにした恐ろしい御人。北条に頭を撫でられれば御内も食い殺す「三浦の共食い狗」と称された。一方北条氏からの政権簒奪を伺い、その足元を掬おうと権謀術数を巡らせたしたたか者という月旦評もある。どちらにせよ、冷酷、卑屈、薄情と、マイナスのイメージを抱かれることが多く、あまり評価の芳しくない武将であるが、同時代を生きたライバルの北条義時は、朝敵、親不孝、将軍暗殺疑惑と義村以上に負の印象が色濃いため、相対的に義村は謗りを免れている感がある。

前歴[編集]

三浦氏が義村の次の代の三浦泰村の時に北条氏と反目して滅ぼされ、記録が殆ど散逸してしまったこともあって、義村の生年は定かではない。ちなみに叔父佐原義連も生年不詳である。板東平氏である三浦家の六男として生まれたため通称は平六。ちなみに弟の三浦胤義の通称は平九郎。六男として生まれたため、本来なら家督を継承できる立場には無かったが、兄五人を寝首を掻いたり事故に見せかけたりして次々に葬り去って嫡男の座を奪い取った。九条兼実の日記『玉葉』によると、父義澄が、最後まで生き残った奴に家督を継承させると言って六人の子供に殺し合いを行わせ、義村は見事五人の兄とのバトルロワイヤルに生き残り家督を勝ち得たという話を、作り話かは知らないが義村が同僚達に吹聴していたという。

父義澄に従い平家との戦いにも従軍したが、叔父である佐原義連が一ノ谷の合戦における鵯越の坂落としで源義経と並んで華々しい活躍をするのとは対照的に、義村は果果しい戦績を挙げる事は叶わなかった。この点、後にライバルとなる北条義時と類似している。

台頭[編集]

義村が俄然頭角を現してくるのは源頼朝の死後、頼家が将軍となり、権力の簒奪、一元化を目論む北条氏によって有力御家人達が次々と排撃、粛清されていった頃である。梶原景時比企能員畠山重忠に果ては将軍頼家まで、北条氏の政敵が次々と北条氏に陥れられ粛清されてゆく中、老父義澄が亡くなり家督を継いだ義村は一貫して北条氏にへつらい、命脈を繋いできた。ついには北条氏の毒牙は義村の従兄弟和田義盛に及ぶにいたり、和田合戦が勃発。ここで義村の「三浦の共食い狗」と評される北条氏への追従ぶりが顕在化する。義盛は北条氏と合戦に及ぶにいたり、従兄弟の義村に合力を促した。が、義村は義盛から密談を持ちかけられたことを義時と北条政子に密告、義村から情報を得た北条氏が先手を打って奇襲を仕掛け、和田義盛はあっけなく討死にした。和田合戦の快勝は義村の密告に帰する所が多く、義村率いる三浦の軍勢の和田合戦における戦果も芳しく、莫大な恩賞が与えられるだろうと思われたが、義時から与えられた恩賞はビーフジャーキーたったの1年分だった。義村の和田合戦における功績を鑑みるとあまりに少ないが、義村はこれで満足してしまったらしく、嬉しそうにキャンキャン吠えながら庭を駆け回ったと「吾妻鏡」に記されている。すっかり義時に飼い慣らされてしまったようだ。

義村は北条氏の手によって非業の死を遂げた2代将軍頼家の忘れ形見公暁を積極的に庇護し、後見する人情家の一面もあった。その公暁が親の仇討と将軍簒奪を狙い3代将軍源実朝を暗殺するという大事件を起こす。実朝の首を掻き切った公暁は義村の庇護を求めて屋敷に向かったが、義村は長尾定景に命じて無慈悲にも公暁を殺させ、その首を義時に献上した。『古今著聞集』によると、義村は、「犬が飼い主の投げた骨をその手元に届けるように、公卿の首を義時に届け出た」という。

呆れるほどの追従[編集]

後鳥羽上皇が打倒北条を呼びかけ引き起こした承久の乱では、弟の平九郎胤義が上皇側に加担した。義村は和田合戦の時と同様、弟胤義から上皇側へ加担するよう誘われたが、無視した。上皇軍は案の定敗北し、胤義は「思えば和田合戦の時、従兄弟を裏切って北条に尻尾を振った狗野郎に期待したのが間違いだった」と恨み言を零し自害して果てた。義村はそれだけに留まらず、北条氏への忠誠を示すため遺された胤義の幼い遺児達を皆殺しにし、褒美に義時からまたビーフジャーキー1年分を拝領した。追従もここまで来ると異様である。この一件で義村の「共食い犬」としての評価は不動のものとなった。

承久の乱から三年後、義村の『飼い主』である北条義時が逝去する。直後、義時の妾である伊賀局の実家伊賀光宗が伊賀局が義時との間に設けた四男北条政村を担ぎ上げてクーデターを計画する伊賀氏の乱が勃発。義村は政村の烏帽子親を勤め、政村との間に情誼があったことから伊賀光宗に合力を仰がれた。飼い主義時も死んで義村も野生の狼に戻ったろうし、協力してくれるに違いない、光宗はそうタカをくくっていたが、彼の認識は甘かったと言わざる終えない。義村は死んで尚義時の飼い犬であった。和田合戦の時と同じように、義村の口から北条政子に密告され、クーデターは露顕、頓挫し、伊賀光宗は流罪に処された。人々は義村の追従を通り越した献身に呆れ果て、義村は「飼い主が死んでも首輪を外さぬ立派なイヌ」と揶揄された。

義村の死とその後の三浦家[編集]

義村は1239年に没したが、それから8年後、三浦氏は義時から3代後の執権北条時頼に謀反をでっち上げられ、当主三浦泰村以下一族郎党皆滅ぼされた(宝治合戦)。北条氏政権の地盤固めの為徹底して追従し、政敵排撃に貢献してきた三浦の犬も、獲物が居なくなったら不用と看做され、煮て焼かれて食われてしまったと世間は憐れみ、ここから「狡兎死して走狗煮らる」という諺が生まれた。

権謀家義村[編集]

義村については、「共食いの走狗」とは全く正反対の「主人の手に噛み付く豺狼」という評価もある。作家の永井路子氏が提唱した説で、義村は虎視眈々と義時の寝首を掻く機会を伺っており、源実朝暗殺事件、義時の死、伊賀氏の変、これらは全て義村の策謀によるものだと推定している。所謂一種の陰謀論に過ぎないのだが、永井路子氏の詭弁、もとい穎脱した理論構築力と、史料、史実と照合し、気付かれないように誇張を混ぜたデコレーションによって、荒唐無稽な陰謀論は高い信憑性を帯び、今ではこれを史実であると信じる人も多い。

北条政子との姦通説[編集]

義村は北条政子と姦通していたという説がある。確かに、梶原、畠山など、他の有力御家人が次々粛清されてゆく中、三浦氏のみが生きながらえたのは不自然と言えば不自然だ。しかも三浦氏は和田義盛、三浦胤義など、身内から謀反人を出している。猜疑心の強い義時のこと、何かと難癖つけて義村を葬ろうとしてもおかしくはない。義村の処世が優れていたからだとも言うが、それならなおさらのこと義時は義村潰しに躍起になるだろう。しかし何故か義村は粛清されることはなかった。そこで浮上してきたのが政子との姦通説である。

源頼朝を失い未亡人となった政子は慰みが欲しかった。そして三浦義村の下に度々夜這いしてゆき、遂に義村とヤッてしまった、というのが概略である。吾妻鏡には承久の乱や伊賀氏の変の際、政子が三浦義村の下に赴いて「説得」した旨の記述があり、これも義村と政子の姦通説に拍車を掛けている。さらにこの説は、義時の四男北条政村が実は義村と政子の子供であると提唱する。前述の通り、政村は義時の死後母方の実家の伊賀光宗らに擁立されクーデターの道具に利用される。クーデターは頓挫し、伊賀光宗と、共に擁立され将軍職に据えられようとしていた一条実雅は流刑されたが、政村はお咎めなしであった。後に名越流北条光時北条時章らが流刑、粛清されていることを鑑みると、一門だから寛恕されたとは考えづらい。政村が許されたのは、影響力、政治力の高い人物がバックにいたからに他ならない、そしてそれこそ義村と政子であろう、極めつけは「政村」と言う名前、これは義村と政子から一文字づつ取られており、政村が二人の息子であることの何よりの証である、と言う。

もっともこの説にも「高齢出産ってレベルじゃねぇぞ」「政村が政子の息子なら何で伊賀氏が謀反の主導者だったの」「村の字は義村が烏帽子親勤めたからじゃないのか」などツッコミどころが多数あるのだが、気にしてはいけない。