三途の川

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三途の川」の項目を執筆しています。

三途の川(さんずのかわ、Sanzuno River、Stygian)は、あの世この世の国境を流れる三途の川水系の一級河川である。今まで百億人近くのたちと星の数程の動物が渡って逝った。全長は156khydeで、流域面積は、156khyde2

川を渡るには[編集]

三途の川は、あの世とこの世の境を流れる川であり、渡航者も多い。そのためか、川を渡る方法がいくつかある。

  1. 橋を渡る。
    無駄に豪華な三途川大橋があるが、罪人は渡れない。逮捕歴・補導歴がある渡航者は別ルートに向かうよう指示される。
  2. 浅瀬を渡る。
    罪人の中でも軽い罪を犯した者はここを渡っていく。水深は、ひざ下ぐらいまで。
  3. 川の中央を渡る。
    重罪を犯した犯罪者はここを渡らなければならない。流れが速い上に波もうねるように高く、川上から岩が流れて来ると同時に川底で大きな蛇が待っている。難易度がめちゃくちゃ高い。
  4. お金を払って船に乗る。
    上記3つの方法は、主に韓国人から「差別ニダ!」と言われたので、有料の渡し船が開設された。渡し賃は6文(ただし、繁忙期は座席指定料金が2文加算される)。世の中お金である。しかしながら、主に中国人が偽の紙幣を使って(主に紙幣をカラーコピーをしただけの粗悪なもの)乗船し、川を渡ろうとする。最近では渡し賃も6文から1000ルピー(約3000円)に値上がりしている。これは原油高に伴う燃料費の値上がりが原因である。なお三途川航路は急流で、かつ船舶の往来が激しい輻輳水域であるため、閻魔庁外局の三途の川交通センター、通称「三途マーチス」が彼岸側にあり通航する全船舶の管制を行っている。尚、黒いカードも含めてクレジットカードは一切使用出来ない。あの世に銭は持って行けないという通説があるが、大ウソ。棺の中に入れられた銭は荼毘に付されると同時に賽の河原にある現金預かり所に届くシステムになっている。
  5. 死んで生き返る。

賽の河原[編集]

眺望も良いのでレジャー客も多い。休日には子どもたちが石を積んではに崩されるというエクストリーム·石積みをして賑わう。

詳細は賽の河原を参照。


此彼連絡橋公団[編集]

三途の川に掛かる全長156khydeもの長大な三途川大橋を保守管理するのが此彼(しひ)連絡橋公団である。 それまで渡し船に頼っていた渡河だが、第一次・第二次世界大戦の繁忙期には対応しきれず賽の河原にコミケの130倍もの列が形成されてしまった。結果として無事渡し船に乗ったとしても過積載で沈没し、あの世でもまた死ぬという悲惨な事故が多発した。 事態を重く見た閻魔庁は此彼連絡橋公団の設立を決定し、現在に至る。 現世で瀬戸大橋を建設した技術者の手によって現世時間西暦2004年、上下二段構造の三途川大橋が完成。上段には6車線の高速道路(この世からあの世への一方通行)が、下段には高速走行に対応した線路が敷設されている。 特急電車や高速バスは一日を通して20分に1本以上運転され、一部は閻魔庁の本庁舎まで直通している。 通行料の支払いは橋の入口にある本線料金所で行われる。世界各国の通貨に対応していたが、通貨危機によりジンバブエドル・韓国ウォン・アイスランドクローナでの支払いは無期限停止となっている。クレジットカードETCSuicaなどは利用できない。

関連項目[編集]

この項目「三途の川」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)