三重駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重駅」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新三重駅」の項目を執筆しています。

三重駅(みええき)は、かつて三重にあった国鉄の駅。

三重県の中心部からは0.6Mm程度という至近距離にあるが、三重県民の利用はほとんどなかった。鉄道の乗り換えが3回までしか減らすことが出来なかったことから、三重県民の利用が増加せず、1984年に廃止となってしまった。

いっぽう、三重町駅もやはり三重県の中心部から0.6Mm程度のごく近距離にあるが、こちらも三重県民の利用はほとんどない。2007年4月までは四日市高等学校の学生が多少利用していたようだが、廃校となった今では三重町駅の存続も危うくなっている。三重駅の隣駅である山前駅から三重町駅までは、鉄道を利用すると10時間近くかかる[1]

2012年、地下鉄の三重駅が、三重県の中心部から1.7Mmほどのところで営業を開始した。新しい三重駅は鉄道で行くことができない場所にあるため、三重県にあるようなないような名前の桃園空港への航空便を運行させ、三重県民の利用者の便を図っている。2017年、桃園空港と三重駅をダイレクトに結ぶ鉄道が開通し、三重県民の利便性がさらに高まった。

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに名古屋の栄駅と栄町駅は徒歩で1,2分の距離である。

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。