下ま○こ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

下ま○こ(しもま○こ)は、東京都大田区にある実在する地名である。下ま○こ一丁目から下ま○こ四丁目まである。下ま○この中には、2008年4月1日段階で、21,933人もの人がいる。

下ま○こには、戦前から大規模な工場地帯があったため、その跡地を利用して高層マンションや企業が下ま○この中に入っている。有名な企業としては「CANON」があり、下ま○このなかでも、特に大きく、そびえて、たっている。

名前の由来について[編集]

地名の由来は、吾妻鏡に登場する。1180年、常陸国への遠征から鎌倉に戻る途中の源頼朝を、武蔵国の一豪族であった葛西清重が歓待した。清重は頼朝に取り入るために、何と自分の妻を頼朝にやらせた。頼朝はその清重の妻に大満足し、一夜を与えてくれたことを記念して、ま○この荘園を意味する「ま○こ荘」を所領として清重に与えた。これが地名の由来となった。こののち頼朝は、清重を穴兄弟として実の兄弟よりも信頼し、側近として重用した。

この「ま○こ荘」の範囲は広く、地名の中心は隣接する神奈川県川崎市にある。現在の沼部や、田園調布の一部も含まれていた。さらにま○こでも、多摩川の上流域を上ま○こ(現川崎市)、下流域を下ま○こと自然に称されるようになった。

しかし現代では、「しもま○こ」では流石に言いづらいと言うことで、「しも○こ」と言う事もある。

下ま○こ概要[編集]

下ま○こは大田区の南西部に位置し、北部は鵜の木に、東部は千鳥に、南部は矢口に接する。西は多摩川があり、川の向こうは川崎市となる。

交通の便としては、北東部に環八通りがあり、地域内は東京都道11号大田調布線、通称「タマつつみ通り」がある。鉄道は東急多摩川線下ま○こ駅がある。因みに、下ま○こ駅周辺に広がる下ま○こ商店街は、TVドラマで芸能人たちも良く使う商店街である。

教育機関としては、大田区立の小学校と中学校が1校づつある。しかし、その名前は下ま○こ小学校、下ま○こ中学校ではなく、矢口西小学校、矢口中学校と隣接する別の地名を冠している。これは、小中学の名前に「下ま○こ」の名は使わないようにという、東京都からの通達があったようである。

主な施設[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下ま○こ」の項目を執筆しています。