下駄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

下駄(げた)は、製の日本人履物で、占いなど様々な用途がある道具である。

概要[編集]

このような高下駄が、
コギャルのはく厚底サンダルの元となったのだ。

下駄は、日本固有の履物である。古くから主に履物として使用されていたが、明治維新の後の近代化により廃れ、現在はもっぱら占い用に使用されている。 しかし、下駄は現在の日本人の履物のルーツにもなっている(右図参照)。

使用方法[編集]

履物[編集]

下駄は、日本独特の履物である。 底に二つの「」がある、独特の構造をしている。そのため、慣れない者には、非常にバランスの悪い履物となっている。

トレーニング器具として

このようなバランスの悪い構造になったのは、人々がバランス感覚を養うためである。特に戦場において、バランスの必要とされる武士には非常に重宝されていた。逆に、バランス感覚が必要とされた武士のために、このような履物が開発されたのではないかという説もある。

また、もっとバランスを養いたい人のための、高下駄(写真右上)という種類のものもある。この高下駄は、主に修行用に使われ、これによりバランス感覚でだけでは無く、精神の統一、向上にも役立てた。ただし、この高下駄の使用は難易度が非常に高く、数々の修行を積んだしか、使用を許されなかった。なお、この高下駄が、現代厚底サンダル(写真右)のルーツとなったわけだが、これを、修行どころか甘ったれたことしか経験していないコギャルが履くのは間違いであり、っ修行を経験した、一部の人が履くべきである。そのようなこともわからない奴が、身分不相応にもこれを履いて、捻挫したり、を打って死亡したりするのである。

身長補正器具として

気付いたときには下駄の歯は少なくとも数センチ以上はあった。これは人の身長をごまかすのには最適であった。

高下駄は身長が特に、hyde岡村隆史並みに低い人にとってはまさに福音をもたらす履物であり、安土桃山時代には既に大阪の西天満で「太閤謁見用下駄」として大々的に販売されていた。五代将軍の身長が120センチメートル台であっても、当時珍しくなかった歯の高さ20センチメートルほどの高下駄を履けば、誰も気にしなかった。数百年の間に日本人の身長はみるみるうちに小さくなり、日本におけるナノ・マイクロ科学隆盛の直接的なきっかけとなった。

占い[編集]

某有名占い師も占いの道具として愛用しているとの

下駄は、古くから日本人の占いの道具として使用され続けてきた。 履いた下駄を足を振り上げることにより遠くに飛ばし、その下駄がどの面を上にして落ちたかによって、結果を決める方法が一般的である。

なかでも特に、お天気占いは有名である。表面が上を向いたら明日晴れ、裏面が上を向いたら明日は、側面が上を向いたら明日はというのが一般的である。ここで、「晴れる確率と雨が降る確率では、明らかに前者のほうが大きいので、この占いは全くもって当てにできない」という人物もいるが、それは間違いである。なぜなら、昔の日本気候現在の日本の気候と大きく違って雨が非常に多い気候であったので、その中で編み出されたこの占いは、非常に信憑性があるのである。なお、現在は、一時的に晴れの日が多い気候となって、この方法はあまりあてにならないものとなっているが、地球温暖化の拡大により、日本の気候も変わって、この占いが再び日の目を見る日が来るかもしれない。

また、占いとは少し異なるが、下駄の鼻緒が切れるまで歩いて、その鼻緒が切れたら良いことが起こる、というミサンガ的な信仰もある。

その他[編集]

いろいろなものを置く板[編集]

高級寿司屋には、この写真の通り寿司を置く台として、鼻緒を取った下駄を使用するところも多い。
下駄の音は、時として恐怖を与えることもある

下駄は木でできており、また表面が平らであるため、いろいろなものを置く台として便利である。

特に有名なのは、寿司を置く台(写真右)である。なお、この台は、新品の下駄と履き古された下駄の両方が使用されている。玄人は、「履き古された下駄の匂いがたまらない(くさやと同じことである)」といって、履き古された下駄を好むが、素人には、匂いが強烈であるためお勧めできない。

人に恐怖を与える[編集]

昔から、お化けの履いている物の相場が、下駄と決まっているように、闇での下駄の「カランコロン」という音は、人々に恐怖を与えるものとなっている。

例えば、あなたが嫌いな人がいたとしよう。その人を真夜中、人一人いないところで、下駄を履いてあとをつけてみよう。その相手は、非常に恐怖を感じるであろう。何日もこれを続ければ、相手はノイローゼになるに違いない。ただし、場合によっては警察沙汰になるので十分注意が必要である。

武器[編集]

下駄は、非常に重さがあるため、人の脳天をそれで殴れば、かなりのダメージを相手に食らわせることができる。同時に、防具としても利用でき、コストパフォーマンスは高い。

鉄下駄の場合、威力は一層増す。明らかに武器なのだが、鉄下駄を規制する法律は、原産国である日本(同時に最大の消費国でもある)にはない。21世紀になり、諸外国が密輸を試みているが、水際で阻止されている(理由はお察し下さい)。

未だに下駄を履き続けている時代錯誤甚だしい人物[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下駄」の項目を執筆しています。
この記事「下駄」は、かっこ良くキメた可能性がありますが、まだヲタにしか見えません。よりキムタクっぽくして下さる協力者を求めていますた。 (Portal:スタブ)