不可説不可説転

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「不可説不可説転」の項目を執筆しています。

不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)とは、非常に大きな数である。

特徴[編集]

  • 1の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の(中略)次の次の次の次の次の次の次の(中略)次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の次の(ry、あー、もう分からなくなってきた。とりあえずものすごく大きな数だけど、これを繰り返していくとやがて1と等しくなるかもしれない。
  • この数の前では、無量大数などはもはや比ではない。以下に不可説不可説転が如何に大きい数であるかを示す。
1
1 0000
1 0000 0000
1 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000
𥝱 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
恒河沙 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
阿僧祇 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
那由他 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
不可思議 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
無量大数 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000
不可説不可説転 1 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000 0000…

(全部書くとこの世が終わるのであえなく断念)

巨大な数の争い[編集]

東方、即ちアジア地方では、はるか昔からこの数に勝る大きさを持つ数は存在しなかった。しかし、憎きアメリカグーゴル(=10100)などという数を作ってから激変した。 グーゴルは単体では全く怖くない(無量大数に近い数)のであったが、10の「1グーゴル乗」というグーゴルプレックスという単位までアメリカは作り出してしまった。この数の前では不可説不可説転は完敗であった。 しかし、そのグーゴルプレックスさえも足元にさえ及ばない数があった。グラハム数である。しかし、それですら足元にさえ及ばない数があった。ふぃっしゅ数(詳しくは[1]参照)である。こんな話をしていると、本当にこの世が終わるので省略させてもらいます。

以下に巨大な数を示しておいた。後は参考にしておいてくれ。

単位 大きさ グーゴルプレックスとの比較(指数表記が無理な数は上位表記との比較)
無量大数
グーゴル
不可説不可説転
グーゴルプレックス
第1スキューズ数
第2スキューズ数
グラハム数

※もはやこれまでの数との比ではない。ギネスブックに載っている「意味のある最大の数」。

ふぃっしゅ数 グラハム数が限りなく0に近く思えるほど大きい。 ※少なくとも上のようなチェーン表記程度では比にならない。 不明
ラヨ数 上記されているいかなる数よりも大きい。ふぃっしゅ数すら足元にも及ばない。 不明
n、x、y、z(未知数) それは、無限の有限である。単位という概念を超越した最後にして最終手段の表記法である。莫大な数でもあるので、何か分からない数という意味で用いることが多い。ちなみに、宇宙のすべての物質をインクにしなくても一滴のインクで表現できる。 不明
もはや概念に近いが、上記と同じく宇宙のすべての物質をインクにしなくても一滴のインクで表現できる。 無限

関連項目[編集]