両毛線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「両毛線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「両毛線」の項目を執筆しています。

両毛線(りょうもうせん)は、栃木県小山市小山駅から群馬県前橋市新前橋駅までを結ぶ束日本旅客鉄道の路線である。

概要[編集]

雑多な街小山から、落ちぶれた栃木、厄介な街佐野、出鱈目な足利、魔境こと桐生、無難な街伊勢崎見滝原不甲斐無い前橋を経由し、きな臭い街高崎をまで結ぶ。

群馬県側は、全列車が新前橋駅より上越線に乗り入れ高崎駅まで運行するため、小山~高崎間が両毛線として案内される。横川まで運行すれば高崎横川間も両毛線として案内されることとなる。信越本線という車内放送につられて上越新幹線を高崎で降りてしまい横川で途方に暮れる人が減る。もともと両毛線であった新前橋~高崎間は、後に開通した上越線に編入されている。友部~水戸間を常磐線に編入された水戸線と同じような境遇である。

栃木県内の各駅は高崎支社によって左遷された駅が多数発生した。これは、高崎支社のあるグンマによる、とつぃぎへの嫌がらせであり迫害でもあると、批判の声が上がっている。

歴史[編集]

両毛線の小山~前橋間は、桐生キノコ織物の輸送を目的として両毛鉄道が建設した路線である。前橋~高崎間は、日本鉄道によって現在の高崎線の延長として建設されたものである。この区間は高崎線とほぼ一体の運転系統を形成しているが、幹線鉄道から外れた前橋を哀れんだ国鉄の恩情によるものである。

運行[編集]

群馬県側の桐生~高崎間は区間便が多数設定され、高架駅・橋上駅が整備されているのに対して、栃木県側は東武鉄道の勢力下にあることから、運行は群馬側の半数程度で、無人駅・棒線駅が少なからず存在するという極端な状況である。 線路名称上は、小山駅が起点であるが、高崎に向かう列車が上りである。

たまに上野~前橋間を走る列車が存在する。そしてごく稀に何を血迷ったか小田原まで行く列車もある。寝過ごしたら悲惨な事になるので要注意。

車両[編集]

基本的に高崎線のお古が使われている。一応、高崎~前橋間は走ルンですも走っているが、影はかなり薄い。同じような存在の水戸線は新しい車両がバンバン走っているのに…。交直さーんいらっしゃーい。

小山まで走るやつ[編集]

  • 211系 - 銀色のボロ電車。ほとんどは高崎線で使い捨てられたお古。帯だけは申し訳程度でカボチャカラーを採用するが、色褪せている。実は完全な新車として投入されたものがあるが、信者でない限り見つけ出すことができない。
  • 115系 - 関東で最後のカボチャ電車。2018年、ついに高崎支社から余命宣告が言い渡された。

前橋以東を走らないやつ[編集]

  • E231系E233系 - どっちも高崎線の走ルンです電車。高崎で役目を終えるため、前橋までは空気輸送になりがち。
  • 651系 - 常磐線のお古。特急「あかぎ」として走るが、リストラが進行してあまりやってこなくなった。

主要駅[編集]

小山駅
栃木県内で最大のターミナル駅。宇都宮が最大だと思ったら大間違い。あっちは人が多いだけである。
栃木駅
県名と同じなのに、影が薄い。県庁がないことと、実質田舎路線の駅であることが原因である。しかも左遷されている。
岩舟駅
岩舟町唯一の駅なのに、容赦なく左遷され、町民は激怒している。そのため、お詫びとして新しい駅舎を建てた。
佐野駅
市内最大の駅なのに左遷された。東武はそれなりに優遇されているのに…ていうか、東武に丸投げしている感がある。
あしかがフラワーパーク駅
2018年に開業する栃木県民待望の新駅。でも駅員が付くことはなさそうだ。
足利駅
左遷された栃木県内の駅の面倒を見ている。ただし、ここも微妙に左遷されている。
足利尊氏の出生地であることなど全く気にしていないようで、駅メロを聴く限りは足利尊氏より森高千里さまさまといった感じ。
桐生駅
利用者は足利・佐野と同じぐらいなのに、栃木県内の駅よりかなり優遇されている。これこそ、グンマの栃木に対する敵意の表れである。
わたらせ渓谷鐵道はここで乗り換え。
下新田駅
両毛線にありながら、わたらせ渓谷鐵道しか利用できない。両毛線も停車するが、乗車できない。これでは使う気しないだろう。
国定駅
国定忠治の支配下にある国定村の駅。弱い者いじめをしたり金品を巻き上げたりすると、忠治が現れて公開処刑される。
伊勢崎駅
東武伊勢崎線がここまでやってくる。そのため、ここから人がやけに多くなる。
前橋駅
群馬の中心駅…のはずがしょぼ過ぎる。新橋駅をパクったような外観で、ガッカリ感が半端じゃない。駅ビルだってないし、周り何もないじゃん。高崎の方が栄えるのも納得。
新前橋駅
両毛線自体はここで終点。列車はここから上越線に入り高崎まで行く。
2017年に新前橋 - 高崎の列車本数が削減され、上越・吾妻線はここで乗り換えを強制されるようになったが、両毛線の列車は全部高崎まで行くので誰も気にしない。
高崎駅
列車はここで終点。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「両毛線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)