中央フリーウェイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中央フリーウェイ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「中央フリーウェイ」の項目を執筆しています。

中央フリーウェイ(ちゅうおう - )とは、東京名古屋を結ぶジェットコースターである。競馬場ビール工場の間をぬけて走る。

概要[編集]

玉突き事故の発生現場。エクストリーム魔のカーブ競技中の映像。この試合の後、現場には巨大な警告灯などが表示されるなどされたが、結局のところカーブが急すぎて前が見えない事には変わりがない。
エクストリーム・天井崩落の競技映像。

東京都杉並区高井戸を基点とし、愛知県小牧市東名高速道路と合流する。東名と同じく、東京と名古屋を結ぶが、こちらのほうが東名の東京~小牧間より4kmだけ長い。

ただし東名が比較的平らな地形を通るのに対し、中央道はグランドキャニオン並みに起伏が激しくヤバイ地形を通るため、線形は最悪で、至るところに魔のカーブが存在し、事故が多発する。スリル満点である。しかも、車線数が少なく、最初から片側2車線なので、渋滞が多い(特に始めの100kmは要注意)。それなのに、談合坂大月間にちょっとだけ片側4車線の区間があり、あきらかに矛盾している。だからといって無料ではないので要注意。

なお、名神高速道路は東名ではなくこの中央フリーウェイの一部らしいが、誰も知る由は無い。

主なインターチェンジなど[編集]

本線[編集]

これは高井戸から岡谷を経由して小牧へ行く本線のICなどである。

No.01/高井戸IC
一応中央道の起点であるが出入り口は首都高速のほうと甲府からの出口しかなく、甲府方面へ行く下り入り口がないという起点にしては非常に中途半端なインターチェンジ。
TB/三鷹本線料金所
東京から甲府方面へ行く時に必ず止まらなくてはならない厄介な料金所。ここに入ると強制的に600円払わされる。
No.03/調布IC
高井戸インターは意地悪で下り入口を作らなかったうえ、IC番号2がなぜかないため中央道の最初の下り入口はここである。因みに2番は外環とのJCTのために取ってあるらしい。
No.03-1/稲城IC
稲城大橋からしか入ることができず、高井戸方面からしか降りることができないなんとなく中途半端なインターチェンジ。
No.04/国立府中IC
道路公団民営化後も例外的に国が管理しているインターチェンジ。石田大橋開通により日野方面にも行けるようになった。
PA/石川PA
中央道最東端のPA。行楽期とかUターンラッシュのときには殺人的な混雑に陥る。トイレにも行けない。どうしよう。
No.05/TB/八王子IC・八王子本線料金所
東京方面から来た車も甲府方面から来た車も必ず止まらなくてはいけないこれも非常に厄介な所。別名「平成の関所」何か下りに第1出口とか第2出口とかあるので混乱必至。出口からでたその道の向こうには奥多摩しかないの。考え直してフラン
No.07/相模湖東出口
なんと下り線の出口しかないインターチェンジ。また高速に乗るには3キロ離れた相模湖ICからのらなくてはならない。
SA/談合坂SA
別に官製談合とかを行う坂のことではない。規模でかさ充実さ何もかもご立派ですごいため、ごくたまに渋滞が起こる。時々ここを通ると団子を食べたいと言い出すおばあちゃんがいるが、なぜこんなところで言うのかについては言うまでもない
No.10・11/大月IC・JCT
最近ICとJCTとも度も大改造され、今は一心同体の状態である。それゆえに初めてここを通る者はその複雑な道に非常に混乱するという。詳しいことを書くと大変なことになるので省略。
No.15/甲府昭和IC
その名の通り、昭和時代に設けられた甲府へ行くためのICである。
No.15-1・SA/双葉SAスマートIC
中央道の中でまあ結構規模がでっかいSA。上下とも隣合わせ(でも間に駐車場が挟まれる)なので行き来することも可能。スマートICはなんかの意地悪で東京方面しか利用できなかったが、2009年11月にフル化され、小牧方面にも出入りできるようになった。
No.15-2/双葉JCT
現在は非常に中途半端なところで終わっている中断道とつながるJCT。なぜか中断道に入った最初のIC番号は7である。
No.16/韮崎IC
周辺は何もないのになぜかこのICを利用する人はとても多い。それもETCを使う車がである。なぜかと言うとここがあの平成の関所からぎりぎり100キロで、ここで降りるとたっくさん割引してくれるからだ。
No.18/小淵沢IC
八ヶ岳や近くにあるアウトレットシッピングに行く人たちが使うIC。しかしそこはどこかとなく寂しい。
No.19/諏訪南IC
確かに諏訪市から見れば、南にある。しかしこのインターチェンジの位置する場所は諏訪市とは全く接しない「富士見町」であり、諏訪市境からは10kmほど離れている。「富士見IC」ではダメだったのか?
No.20/諏訪IC
諏訪市の中心部へ行くIC。周辺は最近たっくさん道作ったりたっくさん店が出てきたりと結構にぎやかである。そのおかげで駅周辺はちとさびしい。
SA/諏訪湖SA
上り線からは諏訪湖が一望できる。また、このSAには温泉があることも有名である。あと上りSAにモスバーガーがある。
No.21/岡谷JCT
別名「天空のジャンクション」。なぜそういうのかというと市街地のはるか50メートル(約32.0512hyde)以上の上空を道が通っているからである。でも中央自動車道の人はそんなこと分からず、通る人は誰も気にしない。
No.23/伊那IC
伊那市の中心部へ行くIC。でも中心部へ行く途中急な坂がある。気をつけよう。
SA/駒ケ岳SA
駒ケ岳が見える(はずの)サービスエリアである。
BS/上飯田BS
名古屋方面から来る上飯田連絡船と高速バスの乗り換えはこちらで。
No.26/飯田IC
飯田市中心部へ行くICである。ここも韮崎同様松本や愛知の主要ICから100キロぎりぎりで、ここで降りる車は山ほどいる。
No.26-1/飯田山本IC・JCT
周辺に「山本さん」がたくさんいるわけではないがこういう名前である。岡谷方面から危険物を乗っけた車両はここで強制的に追い出される。
No26-2/園原IC
長野県にあるのに長野方面へはいけないインターチェンジ。明らかに愛知・岐阜の人専用という感じである。
TN/恵那山トンネル
とーーーーーーーーっても長いトンネル(上りは8649メートル、下りは8489メートル)。安全上により、危険物を乗っけた車両は中津川か飯田山本で弾き出される。また、ここを通る場合、高速代金が一気に1.6倍に跳ね上がる。
No.27/中津川IC
中津川の市街地やゲロ下呂温泉へ行くためのインターチェンジ。
SA/恵那峡SA
小牧方面は恵那山トンネル越えしてきた人達で混雑。高井戸方面は恵那山トンネルに向かう前に腹ごしらえをする人達で混雑。余談だが、真下を潜る国道19号も渋滞が酷い。
No.30-1/土岐JCT
東海環状自動車道へ行くためのジャンクション。
PA/虎渓山PA
高井戸方面のみ存在し、小牧方面には何故か存在しない。
No.32/小牧東IC
小牧の東にあるインター。大都市近郊なので交通量は結構多い。
No.23/小牧JCT
透明高速道路へ行くジャンクション。アレッ? IC番号が9も減っちゃったけど、どうしたの? いいの?

富士吉田線[編集]

これは大月JCTを河口湖方面へ行った場合のインターである。実は勝沼以東よりもこちらのほうが完成は早く、こちらが本線のはずだった。しかし現在となっては富士吉田線という支線扱いで番号も1から振りなおされ、、この事実を知る人は少ない。

No.1/都留IC
決してがいるわけではないので注意。ハーフICで東京方面しか行けない状態が長く続いたが、晴れてフルIC化された。
No.2/河口湖IC
河口湖の最寄であるが、長野方面や甲府方面から行く場合は国道358号や139号を使ったほうがいいといううわさもある。
No.3・TB/富士吉田本線料金所
河口湖ICを出そびれるとここで520円も払わされる上、山中湖や御殿場へ行く東富士五湖道路に吸い込まれてしまう。

開催される主なエクストリームスポーツ[編集]

  • エクストリーム・渋滞 - 主に朝は上り夕方は下りで高井戸から八王子の間で行われている。小仏トンネルは道路交通情報でもよく聞く有名開催コース。
  • エクストリーム・路肩走り - 渋滞の時に参加できる。感覚幅員2メートルの路肩をいかに攻略しタイムを縮められるかという競技である。これには警察もノリノリであり障害物(細く見えにくい固定ポール)を設置し攻略を難しくしている。運が良ければポールに突っ込んでしまいリタイアしてしまう選手も見ることができる。首都圏でラッシュ時、渋滞かつ路肩がある高速道路はたくさんあるがこの競技が行われているのはほぼ中央道だけである。
  • エクストリーム・最高速チャレンジ -中央道の設置型オービスを用いた警視庁公式記録として最高速を競う協議である。これまで、首都高速湾岸線がメインだったが近年のルーレット族の影響とて工事が増え交通量増加の影響からか初の中央道での公式記録を残すため2016年にチャレンジャーが現れた。現在初代最高速は時速235㎞であり、これは同時に日本全国の警察庁管轄下で1位を記録した。前述した首都高速湾岸線では東行きでの公式記録は時速189㎞である。ところで、スピード違反は違反という意識が強いですがオービスを光らせた時点で違法になります。「違法」つまり犯罪者と同じ扱いになります。公式記録を残すには免許と職、その他社会や身内からの信頼を失うことになります。ここからは考察ですが高井戸―八王子は覆面PCもしくは白バイによるスピード違反取締は一切聞いたことがございません。上りの大月-八王子は覆面PCにより平日休日ともに見聞します。しかし、その後八王子ICで降ります。この区間は交通量もまばらに多いため獲物の速度も変動が激しく取締には不向きだと思われます。故の不法地帯になったものだと思われます。
  • エクストリーム・魔のカーブ - 下り線の阿智PA付近で開催された。
  • エクストリーム・天井崩落 - 上り線の笹子トンネル内で開催された。
  • エクストリーム・道路コースター
  • 初日の出暴走 - 年末年始に富士山麓を目指す暴走族と警察との間で繰り広げられる障害物競走。高井戸~大月~河口湖がメインコース。

阿智PA付近で開催されたエクストリーム・魔のカーブについて[編集]

2006年9月14日午前1時ごろ、阿智PA付近の通称「魔のカーブ」地点で大型トラックがスリップにより横向きに停車、中央道下り線をふさいでしまいそのまま「エクストリーム・魔のカーブ」競技が開始された。
その後次々に20台もの車がそこに突っ込み、最終的に4名が亡くなってしまい、ほかに1名が重体、9名が負傷という大惨事となった。
ある運転士によると、「ブレーキをかけたが間に合わなかった。雨のためか道路は氷のようにつるつるだった」と、恐怖混じりにこの競技の感想事故の状況を述べた。
この「魔のカーブ」は制限速度が70km/hになっていた。このときは50km/hとかの速度制限はなかったという。
その後、エクストリーム・魔のカーブの競技を妨害するため、現場付近には注意を促すための巨大な光る看板が取り付けられるなどしたが、そんな看板で注意されたところであんだけ急カーブだったら結局の所カーブの先なんてなんにも見えないわけで、線形が変更される、スピードが出ないようにする、警報が取り付けられるなどの効果的な妨害はおこなわれていないため、実質的には再びこのエクストリーム・魔のカーブの競技が行われるのは時間の問題である。
なお、このジェットコースターには似たようなヶ所はたくさんある。

笹子トンネル内で開催されたエクストリーム・天井崩落について[編集]

2012年12月2日午前8時ごろ、笹子トンネル(上り線)で天井板が通行車両3台の上に崩落し、その内2台から出火。閉鎖されたトンネル内には高温のガスが充満し、恐怖の人間燻製が製造された。最終的に死者9名重軽傷者2名に及び、高速道路上のエクストリーム・スポーツとしては1979年以来となる日本記録を更新した。繰り返すが日本史上最悪の高速道路事故である。燻製だのエクストリームなんちゃらだの茶化すマヌケは筆者含めて皆地獄に落ちる。なおこのトンネルを管理していたNEXCO中日は2012年度のエクストリーム・謝罪にいっちょかみしている。

詳細は笹子トンネルを参照。


周囲の学校[編集]

関連項目[編集]


ご迷惑おかけしています この中央自動車道は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)