中尾衣里

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中尾衣里」の項目を執筆しています。


中尾衣里(なかお えり 1980年5月15日 - )は、4割声優、6割ナレーター。大沢事務所所属。

人物[編集]

井上麻里奈と共にパーソナリティを務めた「月面と兵器ミーナ」のネットラジオにより、知名度が一躍上昇。著しく濁音化した(例:まりな→ばりな゛)声で語られる、隠しても隠しきれないオタク話は、多くの同類の心を根こそぎ吊り上げた。このオタキャラないし挙動は、全て彼女の演技だったことが後に判明している(詳細は後述)。結局、彼女は最終回ラスト30秒を除く、36回に及ぶラジオ全編にわたってこのキャラに徹した。番組中、そして後に業界内に浸透することとなった「中尾プロ」という愛称は、その華麗な変わり身と、徹底した演技を称えたものだと言われている。素の彼女が露呈したその最終回ラスト30秒以降、われわれ素人が見られる範囲で彼女の素を見ることはできていない。

「グフグフ」していている姿は演技であって素ではない。 前述のラジオのディレクターは最終回放送後、行方不明になっている。

彼女の活躍は、比較的アニメよりCMなどのナレーションでうかがい知ることができる。NHKの環境啓発CMや、キューピー等、一流企業のCMなどで、アニメでの端役っぷりを微塵も感じさせないプロフェッショナルの仕事をしている。

「大沢事務所の秘密兵器」能登麻美子、「大沢事務所の音波兵器」川澄綾子、「大沢事務所のほしいも花澤香菜にならべて中尾を「大沢事務所の最終兵器」と呼ぶ人もいる。

さて、先述したように、彼女の話し口調もとい話の内容があまりにマジなので、彼女を本物のオタクであると勘違いするものもいるが、それは事実と異なる。彼女は、自身がいずれコンテンツ産業の一端を担うものである、という高い志を幼少の頃から持ち、「外向きの声」という社会に接地する自己表現ツールを形成し始めるなど、非常に計算高くキレる人間なのである。これとは関係ないが、キレるとプレステを叩き割るほどの覇気の持ち主である、ということも注目に値する。  

代表作[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「中尾衣里」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)