中山駅 (神奈川県)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中山駅 (神奈川県)」の項目を執筆しています。

中山駅(なかやまえき)とは、神奈川県横浜市緑区にある、JR東日本横浜線と、横浜市営地下鉄グリーンラインの駅である。 宝塚市にある阪急電鉄宝塚本線JR西日本福知山線中山駅中山寺駅が改名を要求してくる。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

2面3線の地上駅。一部電車は折り返したり快速や特急はまかいじ号の通過待ちの待避を行うが、その間ずっとドアは全開でエネルギーの無駄遣いを平気で行っている。上下でホームは別なので、寝過ごして反対方向へ乗り換えるときは恥ずかしい。橋上のコンコース内に駅そばとパン屋がある。両店舗の排水は地下で合流しており、臭い合せの妙からグリーンラインの駅構内の悪臭の原因と一部で言われたことがあるがJR側は全力で否定している[1]

グリーンライン[編集]

1面2線の地下駅。車体の小ささから、乗車する際にドア上部で結構な頻度で頭部を打つ。ただし、駅構内の天井は低くない。先述の異臭については交通局では日吉方面のトンネル内の湧水が原因と特定し、緊急対策として、排水溝の清掃や消臭剤の散布、湧水を希釈するなどの対策を実施している。

利用可能な路線[編集]

駅名の由来[編集]

  • 川沿いにあり、まわりは平地。つまり「山中」とは反対の地形なので「中山」とついたという説。ちなみに周囲には上山・白山・寺山・小山、おまけにTBS緑山スタジオがある。さらに蛇山を中心とする県立四季の森公園の最寄り駅であることから、地主が相当な山フェチゲフンゲフン山に対するこだわりがであることが伺える。
  • 近くにある台村町との差別化を図った説。ここは森ばっかに見えるくせに人口がやたらと多すぎる上、高層マンションを大量に立てたりして挙句森の台という新地名を一部に命名し分離させ(しかし町内会の実権は台村町が握ったままである)とにかく移住民の受け入れをホイホイするのでムカついた前述の町内会が山で統一させ台村をぼっちにさせようとしたかもしんない。(旧地名はバラエティーに富んだ名前が多いため執筆者はこの説に賛同する)しかし結果として中山駅の利用者数が増えたため一部商店街と一部上山住民が「意味があったのか」と揶揄する現象が近年で顕著になってきている。そんなことよりデュエルしようぜ
  • 同じ名前を持つ駅に下総中山駅原木中山駅が有るが、いずれも千葉県内であり、両方とは一線を画する存在である。快速停車駅かつ乗り換えがある駅、そして「中山」の名を名乗る本家として格の違いをはっきりさせている。
  • 阪急宝塚線にも同じ名前の駅がある。こっちのほうが利用者数が多く、近くに寺がある。

沿革[編集]

明治41年英国清国人を用いた人力鉄道として横浜鉄道(後の横浜線)を開業させた当時から存在し、歴史は古い。

周辺[編集]

住宅地と農地・山地が混在する多彩な色合いを持った町であり、トラクターで荷車を牽いて駅前広場に梨を売りにやってくる近所の梨農家の姿や、狩猟期間に南方の山中で獲れた猪を担いで歩く猟師の姿などは季節の風物詩となっている。

商業施設[編集]

教育[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トイレの排水をそのまま河川に垂れ流していた王子駅よりはマシである。

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「中山駅 (神奈川県)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)