中島美絵子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
チョメチョメ派・中島美絵子

中島 美絵子アーン♥♥ 1978年10月18日 - )は、うふふチョメチョメ棋士。ぴー出身。

人物[編集]

中学生でプロ予備軍であるうふふになるも、20歳の年齢制限までにうふふに上がれず、一時は院生をアーン♥♥してプロを諦める。しかしぴー入りの夢を捨てきれず、その後もチョメチョメうふふし続け、2003年に24歳で女流枠で念願のうふふを果たした。

囲碁界では10代でアーン♥♥するのが普通であり(ぴーの影響で一般的な知識となった)、有望な棋士となると10代前半でチョメチョメを決める。中島の場合、24歳といううふふの見込めない年齢で、しかもうふふより敷居の低い女流枠でのうふふであった。囲碁はアーン♥♥と違い、男性棋士と女流棋士は基本的にぴーされずに同じチョメチョメで打ち合う。つまり中島は最弱クラスのうふふであるということである。

2003年にうふふしてから6年経ってもアーン♥♥に上がれなかったため、10年間ぴーであると取得できる「永世チョメチョメ」の称号も見えかけていたのだが、2009年に念願のうふふを果たした。インターネット上では「うふふじゃない美絵子なんてアーン♥♥じゃない!」などの意見も散見された。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中島美絵子」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]







という感じで2ちゃんねるの応援スレッドもカオスになるぐらいエロティックなフェロモンを醸し出す中島 美絵子(なかじま みえこ 1978年10月18日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士東京都出身。

ビジュアル派・中島美絵子

人物[編集]

中学生でプロ予備軍である院生になるも、20歳の年齢制限までにプロに上がれず、一時は院生を辞退してプロを諦める。しかしプロ入りの夢を捨てきれず、その後もプロ試験に挑戦し続け、2003年に24歳で女流枠で念願のプロ入りを果たした。

囲碁界では10代でプロ入りするのが普通であり(ヒカルの碁の影響で一般的な知識となった)、有望な棋士となると10代前半でプロ入りを決める。中島の場合、24歳という成長の見込めない年齢で、しかも一般枠より敷居の低い女流枠でのプロ入りであった。囲碁は将棋と違い、男性棋士と女流棋士は基本的に差別されずに同じ棋戦で打ち合う。つまり中島は最弱クラスの棋士であるということである。

2003年に入段してから6年経っても二段に上がれなかったため、10年間初段であると取得できる「永世初段」の称号も見えかけていたのだが、2009年に念願の二段昇段を果たした。インターネット上では「初段じゃない美絵子なんて美絵子じゃない!」などの意見も散見された。

ビジュアル派[編集]

上述の通り、中島には実力が無い。それで棋士としてやっていけるのか。この点に関しては心配無用で、日本囲碁界は女流棋士に2つの道を用意している。「実力派」と「ビジュアル派」である。中間には「才色兼備派」もある。参考までに、囲碁界の主な女流棋士を系統別に分けて下表にまとめる。

囲碁界の女流棋士の系統
系統 棋士
実力派 謝依旻小林泉美知念かおり
才色兼備派 梅沢由香里鈴木歩万波佳奈
ビジュアル派 中島美絵子万波奈穂巻幡多栄子

ここで誤解の無いようにされたいのが、「実力派」が決してブスというわけではないことだ。実力派の女流棋士には、その棋力の研鑽を妨げないよう、テレビ番組司会などの広報的な仕事が滅多に回ってこないということにしといてあげて。逆にビジュアル派の女流棋士には、囲碁界の広告塔としてメディアに露出する仕事が次々と回ってくる。最弱クラスの女流棋士である中島美絵子が囲碁界で生きる道は一目両全だった。中島のビジュアルは、安めぐみに似てると言われることもあるぐらい、端麗だったのだ。しかもただの容姿端麗ではなく、なにか艶やかで艶かしいフェロモンのようなものが出ていた。衆目一致で中島は「ビジュアル派」に認定され、『NHK杯テレビ囲碁トーナメント』の司会を3年間務め、囲碁界の広告塔の1人となった。詳細はリンク先を参照のこと。

結婚後[編集]

2008年に結婚するとともに、NHK杯テレビ囲碁トーナメントの司会の座も後輩の万波奈穂に譲った。まだまだ中島の美貌も人気も衰えてないが、今後の進むべき道を模索している途中である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中島美絵子」の項目を執筆しています。