中嶋一貴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中嶋一貴」の項目を執筆しています。

まぁ中嶋 一貴(なかじま かずき、1985年1月11日 - )はF1公認カジキマグロで三河湾近海やドーバー海峡に生息している。正確なコードネームは『Kajiki-Mk2』。父の中嶋悟が確立したカジキフォームの伝承者である。大抵の人は下の名前を忘れるので中嶋の息子と呼んでいる。デビュー当時ハニカミ王子やハンカチ王子など「~王子」が流行っていたのでトヨタもそれにあやかりナントカ王子と呼ばせたかったのだが大した結果を残せていないままブームが過ぎ去ってしまった。その影響と彼の語り口調から「まぁまぁ王子」の愛称で呼ばれている。


カジキフォーム[編集]

まぁそもそもカジキフォームは、まぁ中嶋一貴の父親である元F1レーサー、中嶋悟が生み出したまぁ独特なフォームである。84年、ホンダテストドライバー時代に開発に苦しんだホンダ陣営が、「ドライバーの姿勢を、カジキマグロのように鋭いものにしたらマシンの低重心化を図れるのではないか」というコンセプトを掲げた。このとき、まぁいきなり正ドライバーで実験するのにはリスクが大きいので、まぁ主にテストドライバーの中嶋がこのフォームの開発に専念した。

その結果、まぁかなりメカニカルグリップを上げることに成功。まぁフォームそのものはF1を覆すほど斬新なものだったが、このフォームを他の外国人ドライバーは真似ができなかった。身長が高くて、まぁこのフォームをするにはシートが小さすぎることが発覚したのだ。まぁその結果ホンダ陣営はこの概念を まぁ諦めざるを得なくなり、このフォームは一子相伝、まぁ中嶋家のものになった。まぁちなみにこのカジキフォーム開発時の作戦名が中嶋をもじりNakajikiとなったため、周囲からは まぁカジキマグロと呼ばれるようになったという。

父引退後、まぁしばらくはカジキフォームを使用できるドライバーはいなかった。まぁ中嶋と同じくらいかそれ以上の低身長ドライバー(つまり日本人)が十数人しか現れなかった、更にその中で中嶋と同程度の技術をもったドライバーは数人しかいなかったのである。まぁそのためカジキフォームを実践しようとするものは、まぁ誰一人として現れなかったのだ。

まぁしかしカジキフォームの最たる後継者を抜かりなく中嶋は用意していたのだ。彼の息子のまぁナカジキカジキ(Nakajiki kajiki)もとい、中嶋一貴である。まぁ彼もまたF1ドライバーの血を引くだけあって、その才能はまぁ十分過ぎるほどだったのだ。まぁ一貴は父親の編み出したカジキフォームに改良を加えながら まぁ下位カテゴリを勝ちあがってきた。まぁそしてGP2初参戦となった2007年、カジキフォームの完全改正版 まぁ『kajiki-mk2』を襲名。GP2でも表彰台に上るなど まぁ活躍をまぁ見せた。

カジキフォームのF1復帰[編集]

GP2で活躍する中、願ってもいない話が舞い込む。左右色違い靴が中国GP後引退を表明。ブラジルで出走を依頼されたのだ。カジキフォームがF1に戻ってくる。父、悟の活躍を知るファンは狂喜乱舞したという。

決定的瞬間

一貴は何の問題も抱えずに グランプリウィークを進めていく。しかし、ウィリアムズはピットストップ時にカジキフォームに起こり得る危険性を知らなかったのだ。カジキフォームにはピットストップ時に親譲りの何らかの不幸に見回られる(例:父、悟においてはピットストップ中に雑巾を投げられる、など)法則があるのだ。その結果どうなったか。一貴はピットクルー2名を轢いてしまうという事態に発展してしまった。内一名のピットクルーは全世界に向けて自分のV字開脚を晒してしまうこととなった。

とは言え、様々な問題の中でも結果は10位完走となり、最低限の面目は保つこととなった。

カジキフォームの評価と今後[編集]

まぁウィリアムズ首脳は「思ったより使えた」とまぁ高評価。2008年シーズンはまぁセカンドドライバーのシートを獲得した。チームメイトはニコ厨。つまり二人とも二世ドライバーである。まぁさすが「名門」ウィリアムズというべきか。

まぁその2008年初戦には出走22台、完走7台という意味不明な、まぁ超サバイバルレースを見事生き残り、6位以上に大差をつけられてまぁ1周遅れで7位入賞して「(実質的な)デビュー戦で7位入賞という快挙!」と日本のマスコミ陣にまぁ褒めちぎられた上に、次々とゴールするトップ陣の中にまぁちゃっかり紛れ込んでテレビに映るという、これまたまぁ破格の快挙を成し遂げた(なお、後にルーベンス・バリチェロが失格となって6位に昇格したため「まぁ、デビュー戦の順位が父親と同じ!」という因縁めいたリザルトは泡と消えた)。

まぁ3位でゴールしたチームメイトのニコにも1周差だったが、まぁそれでもウィリアムズもトヨタも共に一貴の仕上がりにご機嫌で、まぁ今後の活躍に期待すると述べている。

まぁしかし、ヨーロッパGPでは母国グランプリの眉毛をまぁオープニングラップでカジキフォームの乱れによって撃墜してしまった。まぁ大勢の眉毛ファンの大ヒンシュクを買ったのは、まぁ言うまでも無い。

まぁ一発の速さがないという評価が多いカジキはその後もまぁ完走こそするものの予選の遅さが響きポイントにまったく手が届かない日々が続いた中で迎えたシンガポールGP。F1史上初のナイターレースが実現した中で、まぁカジキはやはり地味ながらもまぁ確実な走りで8位入賞を果たした。実にまぁ久しぶりの入賞だったカジキにしては「まぁ」が少なかったのはたぶんまぁ気のせいだろう。一方ニコは1年ぶりの勝利を果たした眉毛に隠れてまぁちゃっかり2位表彰台を手にしていたのだった。まぁチームオーダーを常に出さずに好きに走らせるウィリアムズにしては、正ドライバーとセコンドの役割分担がまぁ面白いほどにできていたこの頃であった。

まぁ2009年のブラジルGPでトヨタに変な名前の日本人が来たのでまぁ先輩としていいところを見せようとしたが、まぁその日本人に突撃してリタイアというまぁ恥ずかしいところを見せ付けてしまった。

口癖[編集]

まぁ彼の有名な口癖として「まぁ」がある。1分間のインタビューでも20回以上は「まあ」と言う。これは3秒に1回以上「まぁ」と言っていることになり、まぁ現在ギネスに申請中である。特にレース前のインタビューでは「まあ」の回数が多く見られる。

似たような口癖として「んーまぁ」もある。まぁこれは言葉が詰まったときによく見られる。

まぁ、08年終盤から「まぁ」の使用を控え始め、09年に入ると「まあ」の回数は3回/1分を切るようになった。回数の減少はパフォーマンスと比例しており、0ポイントである2009年シーズンから「まぁ」を使用しないインタビューがしばしば見られた。 まぁ、そんなことは無いと誰もが疑わなかったんだが、もし、仮に、万が一ポディウムに上がることがあればまあ、「まあ」の回数は増大することが予想されていたがまあ、「まあ」が不足していたせいだと思うんだけどまぁ結局トヨタが撤退しちゃって、まあウィリアムズのシートもなくなっちゃった。

F1シート喪失後[編集]

まあF1以外の活動は一切しないって言っていた手前何もできずに、まあ1年の間全くフォーミュラマシンに乗っていなかった。まあ、この1年の間ニート生活を続けたせいでエヴァンゲリオンにハマってしまっていたカジキがエヴァンゲリオンレーシングのFポンマシンをテストすることになった。 まあ本当は全然やる気なかったんだけど、

まぁ、逃げちゃだめだ。

まぁ、逃げちゃだめだ。

まぁ、逃げちゃだめだ。

と言いながら結構ノリノリでドライブしていた。ただまぁ元F1ドライバーなのに思ったよりタイム上がらなくて、現在も周囲から「あいつはまあまあだな」と言われ続ける生活を送っている。んーまぁそういうこと。

関連項目[編集]

ビブ君.png この項目「 中嶋一貴 」は、ピット作業中です。
一刻も速くコースに復帰させるために給油とタイヤ交換をしなきゃ!さ、急いで! (Portal:スタブ)