中年童貞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「中年童貞」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

中年童貞(ちゅうねんどうてい)とは、近年社会問題となっている「童貞は卒業したが、童貞思考のまま成長しない男性」の事である。

概要[編集]

中年童貞は読んで字の如く、中年女性との性向経験の無い男性を指し示す。

明治中期までの日本には、精通した少年達を集めて市町村等集落の中年女性が筆下ろしする習慣があり[1][要出典]、大体において多くの男性は中年女性に翻弄される形で童貞を捨てるのが普通だった。これにより少年達は体力や経験の差に基づいた「正しい性知識」を学び、また「軽々しく行うべきではない」「しっかりとした将来のビジョンを持ってから肉体関係を持つべき」という性倫理観も同時に育成されていった[2]。その影響もあって日本人男性は長く中年女性への性的興味が強い傾向があり、「姉さん女房は金の草鞋を履いてでも探せ」と中年女性を称えて来たのである。

しかし近代に入ると都市化が進み家庭環境における性倫理管理が強くなった事で、「集落での筆下ろし」という伝統は廃れていった。また何事にも「新鮮」を求める価値観が流行したことで「抱くなら若い方が良い」という誤った価値基準が生まれてしまった。これにより、「同年代若しくは年下しか認めない、中年を抱くくらいなら一人でいる方がマシ」と主張する男性が急増。これが世にいう「中年童貞」である。

問題点[編集]

中年童貞の問題点として大きいのが、「性価値観の不成長」…つまり「童貞思考の蔓延」である。若者同士体力任せのセックスしか知らずに育ってしまうと、「大きければ大きいほど良い」「多少強引でもヤればそれでいい」など片寄った性向感覚のまま歳ばかり取っていくことになる。これは同士でなく相手が中年で自分が少年である場合、自分勝手に動こうとすれば相手にたしなめられたり力尽くでひっくり返されたりして「間違っている」という事実を確認出来ると言うのは言うまでもない

更にその童貞思考のまま中年男性と成り果てた場合、自分が既に中年であるにも関わらず分不相応に若い女を求め「こんな俺でもいつか必ず、どんな言うことも聞いてくれる若くてピチピチの処女ギャルに出逢えるはずだ」と意味不明な願望を持ったまま自己中心的な孤立中年となり、金や権力にモノを言わせてセクハラパワハラを繰り返す厄介者に堕ちていくのである[3]

脚注[編集]

  1. ^ これは首都圏などの話で地方都市や山岳区域などでは、昭和初期までこの習慣が残っていたとされている。
  2. ^ 日本人の性倫理観は、欧米(特にキリスト教圏)の「禁欲」を旨とする性倫理観とは大きく異なるため、開国当初は「日本人の性は大きく乱れている」と誤解されていた。
  3. ^ 社会風俗学の専門家である桜壱バーゲン氏と中村敦彦氏の共著「ルポ 中年童貞」には、壮絶すぎて笑うしかない「拗らせた中年童貞」の姿が克明に描かれている。

関連項目[編集]