中津幡駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中津幡駅」の項目を執筆しています。

中津幡駅(なかつばたえき)は、石川県河北郡津幡町にあるJR西日本七尾線である。無人駅。

概要[編集]

沿線住民を始め、特に周辺各市町のガキ共を中心に『なかつ』の愛称で親しまれている駅。 市内近郊の高校生達に広く知られる幡(バタ)高の通称で知られる津幡高校の最寄り駅である。発音次第でバカ高に聞こえなくも無い。

大阪の地下鉄駅でも福岡の繁華街でもないが、時々後者と間違えてやってきてしまう外国人が多いと言われている。その点は福岡駅と同じ境遇の駅である。

なかつ[編集]

この中津幡駅は地味だが子供達にと~っても人気のある駅である。北陸一の(思い込み)繁華街である金沢市から最も近く、安い無人駅であるため、ここよりもっと遠いところの無人駅から切符を買わずに乗って、下車駅で「なかつから~!」と罪の意識もなく元気に申告する貧乏なガキ共が後を絶たない。七尾線だけでなく、明峰や西高岡や細呂木から乗って金沢で降りてもこの「なかつ」の合言葉があれば230円で乗れてしまうのである。この実態が子供達に人気のある秘訣である。しかし最近ではこの合言葉が通用しない事例も多々発生しており、中津川からの運賃を徴収されてしまったという話も聞く。さらには大分県の日豊本線という読み方も分からないような路線の駅からの運賃に新幹線・特急料金まで請求され泣く泣く支払ったという女子高生もいた。誰か御堂筋線の中津から七尾線に乗ったと勘違いされてみて。

なかう[編集]

ちょっと似ているが、全く違う。最近では金沢市内の柳橋バスターミナルそばに建設されており、加賀温泉駅前には既にオープンしている。「なかつ」に「なかう」が出来る日も近いかもしれない。

駅構造[編集]

1面1線のとーっても寂しい駅。しかしトイレもあるし、自動券売機もあるし、待合室もある。寂しい駅でありながら最低限のものは揃っている。そして最大の特徴は北陸では珍しい定期券拝見用の監視カメラが設置されていることである。定期券利用の乗降客は乗降時に改札上部のカメラに定期を見せなければならないことになっている しかし、そこに定期券を見せなかったからといって何かトラブルになったとかそういう話は聞いたことが無い。そもそも監視しているのかどうかも謎である。単なる脅しのようにしか思えないのだが・・・

駅弁[編集]

無人駅でありながらこの駅では駅弁を販売している。ラッシャー板前の出てくるローカル人気番組で一躍有名になった『津幡弁当』(略して「津弁」)である。

車両[編集]

●中津幡駅にやってくる車両たち。下に行くほどレア度が増す

  • 415系 - 青ピンク青のド派手なカラーリングの車両。殆どが停まる。朝と夜だけたまに通過する。
  • 681系 - 「ほぼ」全部通過する。青いラインのものや雪ウサギ、倒壊色に少し染まっている物が来る
  • 683系 - 「ほぼ」全部通過する。
  • 413系 - 415系の検査時にやってくる。白い電車。時々通過したり青ピンク青白白白と変なカラーリングの編成となって現れる。
  • 455系 - 413系とくっついてやってくる
  • キハ48 -「ほぼ」全部通過する。

●将来やってくるつもりでいる車両

  • NT200系 - のと鉄道の新型車両。ワンマン対応。これがあれば短距離区間便とか、閑散した時間にだけ走らせるとか結構融通が利くと思うんだけどな。

●来てもいいけど石川県(ハゲ)がケチで金を出してくれないので来ない車両

  • 521系

●個人的に来て欲しいと思うのに来ない車両

  • 419系

●名前と走行区間が一致しない車両

  • 489系 - 急行能登。

隣の駅[編集]

七尾線
本津幡駅-中津幡駅-津幡駅

関連項目[編集]


Gomen.jpg この「中津幡駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)