中田翔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「中田翔はわしが育てた」
中田翔 について、星野仙一
「いや、中田翔はおれが育てた」
中田翔 について、哀川翔
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中田翔」の項目を執筆しています。

中田 翔(なかた しょう、1989年4月22日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。平成の怪物と呼ばれる。通称翔さん。同期入団にはあの多田野数人がいる。ちなみに「なかたしょう」であって、「中出しよう」ではない。

プロリハビリストだったばんちょーの再来と期待されており、いまだ本人は本気をだしてない模様。彼が本気をだせば2010年の時にのように少しは打てるが地球は・・・とか言ってたら、左ひざ半月板損傷でこの若さにして本当にプロリハビリストになった。

概要[編集]

シニア時代から連盟記録となる通算51本塁打、アメリカ代表からも4本塁打と非凡な成績を残す。その後進学した大阪桐蔭高校では87本の本塁打を打ち、高校ビッグ3として期待された翔さんは複数球団による競合の末日本ハムに入団する。しかし一年目のシーズンは故障もあって二軍中心の生活となってしまった。しかし、その事実を知った番長から「自分の(プロリハビリストとしての)後継者は中田翔。」と直々に自分を超える逸材としてプロリハビリストの後継者に指名されることとなったのである。だから、他のビッグ3が活躍しても慌てない。なぜなら、まだ本気だしてないだけだから。3年目から一軍に上がるが、弱点が内角と分かり、巨大な扇風機と化し、その上、ドーム嫌いが判明し、2軍落ちするやいなや、守備中に左ひざ半月板を損傷、後期の頃の番長真っ只中である。

人物[編集]

番長の後継者の名に恥じない後豪快な人物である。というかルックスは20代にして現役最晩年の番長と瓜二つである。地味な真面目な好青年揃いのチームには珍しい元ヤンオーラの持ち主。どんな質問であっても躊躇ことなく答え、ファンが知りたいことを惜しげもなく答える様は並のルーキーとは格が違うということを見せつけている。また、自分が理不尽だと思った事に対しては決して泣き寝入りせず、改善を要求する漢らしさも持っている。

ただし結局ヤンキーである。

エピソード[編集]

白い恋人[編集]

高校生ドラフトの記者会見でも大物ぶりを発揮している。北海道といえばという質問に対し、当時、賞味期限改竄が問題になっていた白い恋人の名前を挙げたのだ。これは自分のイメージを顧みず、球団の地元の名産を宣伝し守ろうとする翔さんの心意気がなしえたものである。また後日1人あたり最大3箱までしか売れないと主張した店員に対し、「何でダメなんですか!?」と威圧し、特別に購入することに成功。10箱購入するところを9箱にするという情けも見せており、ここでも番長の後継者としての才能をいかんなく発揮している。

翔さんとススキノ[編集]

翔さんには彼女がいるが、2008年シーズン開幕前に一番行きたい場所はススキノであると公言している。そのため30万円程度の小遣いでは足りないとぼやいていた。浅尾美和のポスターを部屋に貼って「調子に乗るなよ!」と怒られたのに、こんな発言ができる翔さんはさすが大物であるとしか言いようがない。[1]

三浦皇成の交流[編集]

2008年1月競馬学校24期生と交流、その中には後に武豊の記録を塗り替えることとなる三浦皇成もいた。彼からムチをプレゼント[2]され「お互い頑張ろうな」と握手を交わした。この時、ここには二人の怪物がいたのである。その一年後、三浦の活躍を受け「あいつ、ホンマすごいッスね。ムチ? マジ、宝物やわ」と絶賛しており、発奮した翔さんが(主に記憶面の)リハビリストとして活躍することは間違いないと思われる。

骨折騒動[編集]

2008年6月14日翔さんは試合中左手首に痛みを感じ、途中交代。しかし「病院に行って変わるものでもない」と病院には行かなかった。この一ヶ月後、骨折が判明しシーズン中の一軍昇格が絶望となった。これに対して島田チーム統轄本部長は「早くいけば早く治ったかもしれないが(プロリハビリストとしての道の)遠回りになったかもしれない」と述べ、将来を考えた末の決断であったと述べている。

遅刻[編集]

2009年9月2日翔さんはチーム練習に遅刻し、「10日間の出場停止と今季イースタンリーグ日程終了まで外出禁止」という処分を喰らってしまった。

髪型[編集]

毎年、毎年DQNな髪形をしては、先輩からなじられる。翌日失敗に気づき、丸刈り。マスゴミからは「決意の丸刈り」等ともてはやすが、こいつには毎月30万ももらっているのに美容院や床屋という選択肢は皆無である。

楽天美馬との因縁[編集]

楽天の美しいお馬さん美馬にはよくデッドボールを当てられ、 その度キレて乱闘寸前になった事もある。 だが内角攻めで怒るア○ダーさんよりかは平和である。 因みにいかにも「自分が年上だぞ」的に怒るが 美馬の方が年上である。

翔さんの華麗なる活躍[編集]

プロ初打席でホームラン[編集]

キャンプから絶好調だった翔さん。ついに迎えた開幕戦でスーパースターズ先発里中が投げたインコース低目のストレートをスタンドに運び見事初打席初本塁打を達成する。[3]

ルーキーのHR王[編集]

2008年春のキャンプからサク越えを連発した翔さんはシーズン入りすると、故障があったにもかかわらず、この年のルーキートップの11本塁打という数字を残している。[4]

二年目の二冠王[編集]

2009年も開幕から本塁打を量産。リーグ新記録の30本塁打、リーグタイ記録の95打点を記録し、二冠王を獲得した。[5]

Babylon Stage34 真夏の夜の淫夢 ~the IMP~との関係[編集]

この作品には中田という登場人物が出てくるが、この名前の由来は当然翔さんである。なお、この作品に出演していた多田野数人は翔さんと同年にルーキーとして入団しており、このビデオはこうなることを予言していたものと思われる。

2010年の活躍[編集]

シーズンが始まっても全く活躍しない翔さんしかし、それは布石にすぎなかった・・・後半戦に今までの鬱憤をはらすかのように ホームランを連発。しかも各球団のエース級と呼ばれる金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大からもホームランを打ち尋常じゃないペースでHRを重ねた今までは何だったんだろう…

注釈[編集]

  1. ^ ただし後述のビデオによるホモ疑惑を晴らそうとしたが故にあえてこの発言をした可能性もある
  2. ^ 実際には大江原圭(2009年4月5日現在0勝)が、自分のムチを手渡したもの。[1]
  3. ^ 週刊少年チャンピオンの漫画ドカベンでの話。
  4. ^ ファームで
  5. ^ ファームで

関連項目[編集]

  • 由規 - 翔さんと共に高校BIG3と呼ばれた選手
  • 唐川侑己 - 翔さんと共に高校BIG3と呼ばれた選手
  • 清原和博 - 番長。直々に後継者に指名された
  • 多田野数人 - 同期。翔さんと並ぶ注目のルーキーだった。
  • 椎名深夏 - あまりにも使えないからこの人が代打で出てきた。


ExSport.png この項目「中田翔」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)