中野梓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中野梓」の項目を執筆しています。
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
中野梓につきまして説明している項目です。はい。

中野梓(なかのあずさ、1991年1月~)とは、アイドル・ジャパン・レコードに所属するアイドルユニット「制服向上委員会」の第十期所属メンバーである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

概要[編集]

制服向上委員会とは、1992年に「清く正しく美しく」をモットーに結成されたグループである。発足当初は11人で活動。その主な特徴は学生服をコスチュームとして・・・

…あぁ、承知している。この記事を開いた瞬間、あなたが何を感じたかぐらい。だけど、ここはアンサイクロペディアだ。分かったな

…そんな彼女達だったが、デビューしたポニー・キャニオンや移籍したキティレコードでは鳴かず飛ばず。その後、1995年に新たに設立されたアイドル・ジャパン・レコードで活動を続けることになる。

そんなある日、別れを告げたポニー・キャニオンが中野梓のCDをリリースするという記事が目に飛び込む。しかし待てど暮らせど連絡が無い。チャンスを無駄にはできないのでポニーさんに電凸を仕掛けたところ、リリースするのは同姓同名のアーティストという皮肉! リアルで制服着ているキャラには勝てなかった模様。

ちなみに、モーニング娘。がバカ当たりしたのが1997年。そのだいぶ前から制服向上委員会は似たような活動をしていたのだけれど、いかんせん、活動をし始めた1992年というのがいわゆる小室哲哉が全てを支配する勢いで勢力を拡大していった時代である。そのためどのような活動の経緯をたどったかについては、とりあえず、お察しの通りである。

しかし、そんな活動もついに終わる時を迎え、2006年に活動を休止…したかと思ったら、翌年度に再び小グループとして活動を開始。そして、2010年から本格的に活動を再開。…やりおる

第10期生[編集]

そんな制服向上委員会の第10期生として2003年に加入したのが、中野梓、高田唯、梶原ひかる、中村沙貴の4名である。

…アイドルを夢見た少女達のその後については、お察しください

しかし、それでもなおしぶとく活動を続けている2010年現在の制服向上委員会とそれを追い続けるファンたちの活動は、一アンサイクロペディアンとして素直に称えたい。

最高のネタをありがとう。本当にありがとう。

早い者勝ちの法則[編集]

あわせて、日本語版アンサイクロペディアにおいて中野梓の項目は、制服向上委員会のメンバーの記事として確定である。そして、このような貴重な情報を残してくれたウィキペディアへの感謝はしてもしきれるものではない。

早い者勝ち

悪かったな

気にするな

Oh,Fuck Uncyclopedia! shit! bitch! God Damn!

人として[編集]

なお、当たり前の話として、この記事の対象者は一つのアイドルユニットの一メンバーである。少なくとも、同姓同名だからといって、ネタにしていい範囲は自ずと限られる。

そのため、良心あるアンサイクロペディアでは一個人として最低限の情報のみ記載するものとする。

関連項目[編集]