中間子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

中間子(なか まこ 英芸名:meson)とは湯川秀樹によってプロデュースされた理科系アイドルのことである。

来歴[編集]

陽子(ようこ)と中性子(なか しょうこ)が「Nucleon」として科学界にデビューしてから数年が経ち活動も板に付いてきたころ、また新たなアイドルを育てようという動きが科学者の中から出始めた。アイドルは強い力を持つ体育会系にしようと考えられていたが、一体だれにそのキャラクターを与えればいいのか分からなかった。例としてハイゼンベルクが以前からいた電子(ともこ)に強い力の性格を加えようとしたが、失敗に終わった。迷走するなか日本人の湯川秀樹がある少女に出会った。それが中性子の妹、中間子である。中間子は本当に強い力を持つだけでなく姉の背中を見て育ってきたのでアイドルとしての振る舞い方をある程度心得ていた。湯川は彼女を育てないことに理由はないと考え、彼女をデビューさせる手はずをとった。

1935年、湯川は「素粒子の相互作用について」という記者会見を開き、そこで中間子をアイドルとしてデビューさせることを発表する。 中間子は湯川のもと着実に成長していき、1947年の気球を使ったコンサートの時にはかなりの数のファンがついていたという。ちなみにこのコンサートは中間子が世に認められる大きなきっかけとなった。湯川はこの功績が讃えられ1949年ノーベル賞を受賞した。

中間子は現在、宇宙線コンサートや姉たち陽子や中性子との共演、さらにはスイスカナダでがん治療のイメージキャラクターとして活躍している。

人物[編集]

姉の中性子が従姉妹の陽子と仲良くなり出したころに誕生した。そのため、二人の息の合った行動を直に見ていた。これが後のアイドル活動の布石となる。容姿は姉より小柄かつスリム。かなりの美ボディであるため姉が引っ込み思案になっていたのは中間子の存在があるからだとも言われている。しかし姉や従姉妹とは仲がいい。

活躍[編集]

中間子はさまざまなコスプレで人間の前に姿を表すことが多い。その場その場の雰囲気に合わせて格好を変えている。以下、代表的な中間子のコスプレを挙げる。

π中間子
中間子の最もメジャーな姿。原子というステージで強い力を発揮しながら原子核を回るそのダンスは単純ながらも踊り易いとして人気がある。Nucleonのステージにゲストとして登場する時もこの格好である。
D中間子
一番軽快な格好、早い話水着である。ウィークボソンと一緒に登場する。2011年LHC内でCP対称性の破れを披露し科学者達を熱狂させた。
J/Ψ(ジェプサイ)中間子
チャーミングな服を来た中間子。服にJとΨのマークが刺繍してあることからこの名がある。1974年11月のアメリカツアーで始めて披露された。
Υ中間子
「ウプシロン」という歌を歌う時に着る服。この時には電子と陽電子をバックダンサーに連れて行く。白一色の可愛い天使の格好をしている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中間子」の項目を執筆しています。