丹波口駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

丹波口駅(たんばぐちえき)とは、京都府京都市下京区京都市中央卸売市場第一市場の一部。また、西日本旅客鉄道の貨物駅、旅客駅を兼ねる。また日本最初の貨物駅でもある。駅舎内でも威勢の良い掛け声とともにせりが行われている全国でも珍しい駅であり、一部の売店では鉄道愛好家を対象に鉄道部品のオークションが行われている。駅名の由来については後述する。

魚のある風景100選、野菜のある風景100選に選定されている。

「金を失う道と書いて、これ鉄道と読む」
丹波口駅の鉄道部品販売 について、鉄道マニアAさん
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「丹波口駅」の項目を執筆しています。

概要[編集]

794年、嵯峨野観光鉄道が開業した当時、平安京周辺には市場が存在しなかった。その原因は地方から京都へのアクセスが非常に悪く、物資が集まりにくいことにあった。そのため、桓武天皇はダイエットに成功したが、その他の貴族から不満の声が上がった。こうしてやむを得ず市場を設置することになり、場所には嵯峨野観光鉄道沿線が選ばれた。

もちろん輸送には鉄道が用いられ、日本初の貨物駅がもうけられることになった。

京都駅は貴族観光客が多く、また二条駅は当時としては国家機密に関係していたため、場所は京都駅二条駅の中間地点に設けられることなり、丹波地方からの食料品を口に入れる場所という意味で丹波口と命名された。

旅客駅となったのは、日本国有鉄道が嵯峨野観光鉄道を買収してからであることはあまり知られていない。

駅構造[編集]

1面2線の島式ホームを有する高架駅。旅客用ホームは貨物用ホームと兼ねており、2線のうちどちらかが貨物積み下ろし作業に使われる。また、線路には列車のほかに丹波地方で採れた新鮮なカボチャ大根が転がり込んでくる。

開催されるエクストリームスポーツ[編集]

マグロ[編集]

市場での取り扱い品目の一つであるマグロを、路線内に放り込むスポーツである。入線する列車に向かってマグロを投げ、列車はマグロを跳ね飛ばす。そして、マグロの飛んだ距離で成績をつける。マグロは非常に重く力が必要なため、難易度は非常に高く、また同時に得点も高い。

これはローカル競技であり、京都府外ではあまり見られない。

かつて開催されていたエクストリームスポーツ[編集]

路線ランニング[編集]

路線ランニングとは、線路上でランニングするスポーツであり、広義には短距離走や長距離走、競歩を含む。

嵯峨野線丹波口駅-京都駅間から分岐し東海道本線西大路駅付近に接続する梅小路短絡線(東海道本線支線)で運用される定期列車は1日1往復の回送列車のみであり、この路線はランニング中級者用コースとして全国的に有名である。丹波口駅はこの梅小路短絡線への分岐点の最寄り駅であり、スタート地点として用いられる。

なお、分岐点までは嵯峨野線の電車が通常のダイヤで運行されているため、分岐点にたどりつくまでの難易度が高く、中級者向けコースとなっている。なお、梅小路短絡線梅小路駅をスタートとし、嵯峨野線合流点の手前で折り返し、梅小路駅にゴールする初心者用コースも存在している。主に京都市内に住む初心者プレイヤーがこの初心者コースを用いる。

  • だが、とある長ったらしい名前の新駅の開業に合わせ、梅小路短絡線は廃止された。そのため、このエクストリームスポーツは一応出来なくなってしまった。稀に嵯峨野線を突っ切って京都駅へと向かう猛者がいる。

駅周辺[編集]