能登坂麻美香の憂鬱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


『能登坂麻美香の憂鬱』(のとざかまみかのゆううつ)とは、電撃文庫から刊行されている能登麻美子教の経典である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「乃木坂春香の秘密」の項目を執筆しています。

作品概要[編集]

コンセプト[編集]

生まれつき女運他全ての運に恵まれなかった哀れな少年が、唯一神により地上にもたらされた究極の少女により救済され、めくるめくハーレム状態をスタートさせるというサクセスストーリーで、作品の全てが能登麻美子教の教義および唯一神への絶対服従、絶対帰依、絶対回帰を促す内容となっている。 また、一方では「教義を理解できぬ者には単なる三文ラブコメにしか見えない」と言う、凡俗から見れば不可解ながら教団内部では熱烈な支持を受ける独自の文体で書かれている為、この作品を受け入れられるかどうかが教団という大きな木を支える根に位置する一般信者になりうるかどうかの試金石ともなっている。

余談だが、「釘宮病患者を救いたい」という能登神の思いを反映し、本作品にツンデレはいない[1]

なお、一般的に知られる下記に記される当経典の内容(あらすじ)は、一般人対策としてでっち上げられた表向きの代物である。実際はあらすじは無用な仕様となっている。

ひとまずの最終回を15巻、各ヒロイン個別ルートを16巻に収録している。

あらすじ[編集]

私立白城学園に通う高校生・綾瀬 祐人(あやせ ゆうと)は“燐子”と呼ばれる怪物の出現と共に非日常の世界に巻き込まれ、名も無き少女と出逢った。

その少女…名もなき『白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)』は、人知れず人を喰らう異世界人“くぎゅ”を探し討滅する能登神の分身の一人。彼女は、祐人が自覚のないまま男として死んでいる事を告げ、裏切者として“くぎゅ”から狙われる様になった祐人を護る事になる。そんな彼女に祐人は『能登坂 麻美香(のとざか まみか)』という名前(コードネーム)をつける。

二人は反発しながらも、少しずつ惹かれ合っていく…。

登場人物[編集]

主人公[編集]

綾瀬 祐人(あやせ ゆうと)(中の人羽多野渉生天目仁美
3月14日生まれ。16歳。身長170cm。血液型O型。
本作の主人公語り部。
かつては雌犬の世話としょぼいXXXXに明け暮れていた一介のマダオに過ぎなかった。
春香との出会いで教化された結果、次第に男らしくなり始めている。
後に春香に連れられ、遂に唯一神本人との対面に成功。
彼が語るには「地上に舞い降りたヒーリングの化身」だったそうな。
乃木坂 春香(のぎざか はるかのとざか まみか)(中の人能登麻美子
10月20日生まれ。16歳。身長155cm。B83/W54/H81。血液型A型。
本作のメインヒロイン。
「天然」「能登」「ドジっ娘」「能登」「きょにう」「能登」「ウェーブ髪」「能登」「お嬢様」「能登」「能登」といった数多くの萌え要素を小柄な体に内包した、まさに唯一神の化身と呼ぶにふさわしい存在。
唯一神同様「能登時空」の使い手であり、老若男女問わず全てのキャラを惹きつけているが、その威力がいまいち分かってない所もまた唯一神そっくりである。
プチアキバ系という意外な趣味を持っており、その事が祐人との出逢いの切っ掛けになった。
一部に「じゃあそのアキバ系少女の秘密って何?」と思っている視聴者もいるが……実は秘密はそこで終了だ!!
この秘密はコミケのカタログをめぐる大騒動で全てのキャラが知るに至ったが、本人は「バレていない」と勘違いしている。仕方ないからクラスメイト達は日常のあちこちにネタを仕込み、彼女の反応を見ているのが精一杯である。
次第にどこまでバレているのかが有耶無耶になってきた気がしないでもなく、最終16巻に至っては「秘密」の内容が変わってしまった。
嘗ては全寮制のお嬢様学校に通っていたが、この趣味のせいで陰湿ないじめに遭い転校してきた。前の学校での二つ名「白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)」(笑)が現在でも通用しているが、それはそれでどう見てもいじめです。本当にry

乃木坂家一族[編集]

  • 世界規模の影響力を持つ財閥。代々美少女ばかり産まれる家庭であり、有力な男を手玉に取ることで栄えてきた。
乃木坂 美夏(のぎざかのとざか みか)(中の人後藤麻衣
4月5日生まれ。14歳。身長自称151cm[2]。B70/W52/H71。血液型O型。
本作の幼素要員とされる、春香の。通称かしましツインテール。
何の因果か、漫画版で「コミックメガストアに出てきそう」と言われた。
乃木坂 秋穂(のぎざかのとざか あきほ)(中の人久川綾
XXXX生まれ。XXXX歳。身長162cm。B85/W57/H83。血液型A型。
本作の母性要員とされる、春香と美夏の
波紋法を身に着けているとしか思えない若さが最大の特徴である。
乃木坂 玄冬(のぎざかのとざか ゲンドウ)(中の人立木文彦
XXXX生まれ。XXXX歳。身長185cm。血液型O型。
春香・美夏の父…と言うのは表向きの顔で、その正体は恐妻家でありXXXX

乃木坂46[編集]

乃木坂家を取り仕切る美少女集団。とりあえず46人くらい居るが、モブい人については割愛。乃木坂の女を手に入れるためには、まず彼女達を全員攻略しなければならない。 秋元康はこれを元にAKB48を結成した。

桜坂 葉月(さくらざか はづき)(中の人清水香里
北海道出身、XXXX生まれ。20~25歳。身長163cm。B82/W57/H82。血液型B型。
乃木坂最強ファンネル1号にてメイド長。能登坂メイド軍団のリーダー格。ナイフは投げないが、チェーンソーを使用武器として愛用する。得意技はチェーンソーの峰打ち。
きぐるみコレクターと言うお茶目な一面も持っていたりする。
第1期では水着姿だけでからくとも逃れられたが、第2期では色気要素の多い展開に巻き込まれている。
七城 那波(ななしろ ななみ)(中の人植田佳奈
7月16日生まれ。XXXX歳。身長166cm。B85/W55/H83。血液型O型。
乃木坂最強ファンネル3号。能登坂メイド軍団の副リーダー。
通常時は美夏の専属メイドだが、主である美夏の性格故か結局春香にも構う。使用武器はハンマー。
特技は「超人気美人声優」のモノマネ。
アリスティア=レイン(中の人釘宮理恵
XXXX生まれ。XXXX歳。身長139cm。B67/W46/H64。血液型XXXX型。
乃木坂最強ファンネル8号。通常時はアリスと呼ばれている幼素要員。
使用する武器は某撲殺天使のエスカリボルグだ。何故そうなのかはお察し下さい
釘宮要素を持つこの1人であるが、葉月ですら半年以上かかってやっと話すくらい人見知りなので、彼女を追いかけるには本物の愛が必要である。ゲーム版に至ってはキャスティングなしとある意味潔い。
アニメスタッフが冬華について読みを誤ったため、「釘宮の持ち腐れ」「ギャラ泥棒」と散々弄られる羽目になった。
原作最終回では10年後の姿が登場。残念ながら幼素は失いモデル体型になったが、同時にコミュ障も克服。今までの鬱憤を晴らすように喋り倒した。ふぃなーれで映像化されたらいいのにな。
桜坂 葉子(さくらざか ようこ)(中の人XXXX
乃木坂最強ファンネル2号。
本名とアンサイクロペディアに嘘を言わせなかった男クラスのチートスペック以外は、最後までXXXXな御仁である。
楠本 水面(くすもと みなも)(中の人水原薫
乃木坂最強ファンネル4号。能登坂メイド軍団のリーダー代理であるが、実際はXXXX
後ほど裕人に正式な挨拶をする予定であるが、未だに再会していない…orz
アニメで版は妙に出番が増えているのは、この不祥事の補填と言うのが定説となっている。
典型的な眼鏡装備系いいんちょキャラであり、汎用性の高さは葉月を凌ぐと言われる。
その仕切屋能力の高さから、代理の称号が与えられている。
雪野原 鞠愛(ゆきのはら まりあ)(中の人高本めぐみ
乃木坂最強ファンネル5号。能登坂メイド軍団の医療担当で、且つお姉ちゃん要員。
その支援能力の高さから、ザ・セカンドの称号が与えられている。
なお、アニメ版では水面優遇のシワ寄せか、逆に出番が減っている…orz
凪川 小鮎(なぎかわ こあゆ)(中の人五十嵐裕美
乃木坂最強ファンネル6号。能登坂メイド軍団の料理長。
自宅警備員気質故か、人前に出ることは少ない…orz
六条 菖蒲・沙羅・樹里(ろくじょう あやめ・さら・じゅり)(中の人森谷里美石川桃子矢作紗友里
乃木坂最強ファンネル7号。お察しの通り、3人姉妹である。
能登坂メイド軍団の乗り物運転全般を担当するが、その能力を見せる機会はそれ程多くない…orz
宗像 理緒(むなかた りお) (中の人井口裕香
乃木坂最強ファンネル9号。能登坂メイド軍団の科学関係の仕事を担当。
当然の如く、六条姉妹以上にその能力を見せる機会は…orz
雛咲 祝(ひなさき いわい) (中の人日笠陽子
乃木坂最強ファンネル10号。能登坂メイド軍団の祭事担当。
リアル巫女さんでもあり、大晦日のエピソードではそれなりに出番があてがわれた。
なお、エリザベスと言う称号が与えられているが、命名理由等の裏事情はXXXX
安達ヶ原 芽衣(あだちがはら めい)(中の人XXXX
乃木坂最強ファンネル見習い。見習いゆえに中に人はいない
現時点では、番外編以外ではXXXX扱いとなっている。


綾瀬家関係者[編集]

綾瀬 ルコ(あやせ るこ)(中の人手塚まき
8月8日生まれ。XXXX歳。身長167cm。B82/W58/H84。血液型O型。
当作品最狂最強の誉れ高き、祐人の姉者。
但し、日常生活能力はXXXXレベルで、俗に言う駄目人間と言う奴である。
なお、設定の都合から中の人は祐人の中の人と極めて似ている御仁の担当となっている。
いちよう、二人の両親は現存しているらしいが、その存在は原作版は最終巻で登場したものの、アニメ版では全力で見逃されており、祐人の親的ポジションも兼ねるハメとなっている…反面教師的要素満載だが…。
何故か、メインヒロインを差し置いてオープニングテーマを担当する。神曲だが、N'sの5人からは隔離されてしまっており、本人も悲しがっている。
上代 由香里(かみしろ ゆかり)(中の人松来未祐
9月12日生まれ。23歳。身長163cm。B89/W56/H87。血液型A型。
当作品のガチ百合要員で、且つルコの酒飲み友達。
自称永遠の十七歳(エターナル・セブンティーン)だが、実際は永遠の精神年齢七歳と言った方が正しかったりする。
白城学園の教員と言う立派な職業に就いているが、プリップリンなナイスバディなヘンタイ設定が全てを台無しに…orz
下記で紹介されている白城学園在校生がヘンタイ呼ばわりされているのは、彼女の悪評のとばっちりと言うのが定説となっている。

莫逆の友[編集]

白城学園の面々[編集]

  • 祐人及び春香が在学中の学園。何故か無駄に濃い連中ばかりだが、単に濃すぎる故に印象に残り過ぎるだけであり、ヘンタイの巣窟に見えるのは気のせいである。
天宮 椎菜(あまみや しいな)(中の人佐藤利奈
4月24日生まれ。17歳。身長160cm。B80/W56/H82。血液型A型。
パンツ要員。炎の転入生の二つ名を持つ、春香以外ではトップクラスと言われる美少女。
出会い方は運命過ぎるが、アニメ版1期では3度もスカートの中身を晒し、それ以降は何故か一話一回のパンチラを強いられ、それ以外の出番が激減するという憂き目にあう。
転校前は北海道にいたらしいが、その頃の話は何故かXXXX
なお、アニメ化の際にカナヅチと言う萌え要素が加えられている。
パンチラ要因になった辺りからケチがつき始め、各キャラクターの個別エンドを描いた原作16巻に至っては、彼女のパートはわずか8ページだった。
朝比奈 麻衣(あさひな まい)(中の人豊崎愛生
薙刀部の副部長を務める、祐人のクラスメイトの一人。
学園内では、貴重な萌え要素要員として君臨している。
澤村 良子(さわむら りょうこ)(中の人喜多村英梨
学園内ではトラブルメーカーポジションを勤める、祐人のクラスメイトの一人。
美夏にXXXXをやらかした事から、ロリコン疑惑が噂されている。
朝倉 信長(あさくら のぶなが)(中の人高木礼子
1月1日生まれ。16歳。身長163cm。血液型AB型。
当作品内屈指のオタクスキルを持つ少年。
その為と言うかお約束と言うか、ハイエンドの女装能力を持つ。
なお、彼に知らぬ情報は無い為、彼の逆鱗に触れる行為は社会的にXXXXとなりかねないと言われている。
この様な事情からか、ルコと共に最狂最強キャラとの誉れが高い。
スペックの高い妹がおり、中盤辺りで出番を増やすために裕人とのフラグ構築を試み始めた。しかしアキバやコミケ会場と言う戦場のような場所柄と、妹の「超絶運が悪い上に方向音痴という衝撃的な属性がガッチリ噛み合った結果、裕人と会うことすらかなわず、ようやく顔を見られたのは最終16巻の最期の最期だった。遅い…orz

私立双葉女学院の面々[編集]

  • 春香の妹である美夏が通う女子校。アニメ版では第2期で初出演したが、色気要素の多い展開に巻き込まれている。
塔ヶ崎 エリ(とうがさき エリ)(中の人豊崎愛生
中等部2年紫陽花組で、美夏のクラスメイト。
更に、「現代舞台芸術文化研究部」部長およびラクロス部部長でもある。
落ち着いた物腰で大人びた雰囲気を持つ上にスタイルは良好[3]と、美夏クラスでは対抗不能なspec.ui(スペックウィ)の持ち主である。
因みに、乃木坂・天王寺・鹿王院と並ぶ四大名家の一つである塔ヶ崎家の令嬢だったりする。
初瀬 光(はつせ ひかり)(中の人悠木碧
中等部2年紫陽花組で、美夏のクラスメイト。
人物像を一言で言うと、ツンデレの欠片も無い美夏である。
藤ノ宮 美羽(ふじのみや みう)(中の人日高里菜
中等部2年紫陽花組で、美夏のクラスメイト。
のんびり屋である事以外は、美夏や光に似た性格である。

強敵[編集]

  • 祐人の前に立ちはだかる障害。正確には天王寺一族と表記するべきだが、その辺に関してはXXXX
天王寺 冬華(てんのうじ とうか)(中の人釘宮理恵
12月25日生まれ。15歳。身長149cm。B71/W51/H71。血液型XXXX型。
この様な仕様故に釘宮ヴォイスのホシノ・ルリにしか見えないが、それを言わないのが紳士の嗜み。
その為か、祐人の使い魔化を企図していると専らの評判である。
実は釘宮要素を持つ子の1人であるが、落とすには地獄とも言えるべき滅茶苦茶な無理難題を少なくとも3日以上こなさないといけない為、彼女を追いかけるには本物の愛が必要である
アニメスタッフが「彼女が今後レギュラーになる」と錯覚していたことが、アリスが「ギャラ泥棒」と弄られる原因となった。
天王寺 雪月花(てんのうじ せつげつか)(中の人内山夕実
天王寺家元後継者で、実は春香に対するいじめの元凶だった女。
本来であれば物語のラスボスに当たる存在だが、なんと作中で存在が発覚した時には、すでに冬華によって破滅した後だったというソードマスターヤマトも驚きのオチであった。
一応最終巻である15巻でついに姿を現すが、挿絵に登場する前に冬華に一蹴された。アニメ版では冬華とよく似た外見なため、今までのキャスティング方式だと釘宮氏がCVを務めると思われたが、2期からOVAにかけてアリスと釘宮氏絡みで色々と大人の事情的な騒ぎが起こされてしまっていたため、やはりCVは変更されるに至った。
  • 祐人の前に立ちはだかったもう一つの障害。この障害が登場した「アイ㌦編(通称)」を語ることはファンの間でも禁句となっている。
茅原 弥生(かやはら やよい)(中の人日笠陽子
人気アイドル「姫宮みらん(中の人生天目仁美)」を育て上げた芸能プロダクション・スリーピースプロダクションのチーフマネージャー。
一見すると地味な眼鏡っ子だが、その実態はKYかつ自己中心的で言動がウザいの一言に尽きる。
春香をアイドルデビューさせようと、春香を言葉巧みに誘ってレッスンを受けさせたり、裕人に春香と別れるように迫ったり、インチキオーディションを仕掛けたりと、某芸能系作品も真っ青な展開を行った挙句、裕人とメイド隊(アニメでは乃木坂夫妻も)の妨害によって失敗に終わった。
原作ではこれだけの悪行を重ねながら何ら処分を受けなかったことから、原作を読んだファンの間では「これだけのことをしておいて責任を問われないのはおかしい」との批判の声が噴出し、彼らの間ではこのエピソードは「なかったこと」にされていたにも関わらず、アニメ第2期では堂々と登場、原作ファンはトラウマを蘇らせ、原作未読の者も彼女の言動の数々に激怒した。
アニメでは乃木坂家から相応の報復を受けたことで彼らの不満を鎮めることが出来たが、そこまでして映像化するエピソードではなかったとする意見もある。
なお、某声優の影響で「ちはら」と読まれる場合があるが、正しくは「かやはら」である。
小早川 希美(こばやかわ のぞみ)(中の人菊池こころ
スリーピースプロダクションのマネージャーで、茅原の後輩。
茅原と共に悪行を展開。実は茅原よりも悪賢く、裕人から春香のレッスンの妙な点について突っ込まれた際、茅原はしどろもどろになったが、彼女は平然と、ごく自然に大嘘をつき、裕人を納得させた。茅原同様、原作では処分無しだったが、アニメでは茅原ともども制裁を受けた。

続編[編集]

2018年から春香の次女である明日夏をヒロインとした続編『乃木坂明日夏の秘密』が刊行されているが、玄冬再びかと思っていたらまさか乃木坂家の婿養子となっていたXXXXだったのを知ったファンの衝撃は……。

メディアミックス[編集]

アニメについて[編集]

2008年7月に広報活動の一環として、地上波放送の深夜枠及びAT-Xにおける広報アニメの放送を開始[4]To LOVEる -とらぶる-の真裏という時間帯において互角の戦いを繰り広げ、現在第2期の放送が行われると言う大成功を収めている。

なお、2009年10月から始まった第2期「ぴゅあれっつぁ♪」は、ぴゅあれっつぁ(清純)と言いつつ無駄にうふふうふふが盛り込まれている様であるが、放送局によっては豪い格差[5]を食らう事になるので注意を要するらしい。もっとも、そもそもうふふうふふを気にする不届きモノはXXXXt検閲により削除

2011年には第3期「ふぃな~れ♪」の企画が発表され、2012年9月からOVAとして刊行予定。「ふぃな~れ」であることから、恐らくアニメとしては完結するものとみられる。

ゲームについて[編集]

2008年9月に広報活動の一環として、当作品のゲーム版がPS2専用として発売された。作品の内容は、『春香にコスプレをさせうふふうふふXXXX』と言う安直なもので、コスプレ題材も安直な代物となっている。

なお、この様な仕様な作品であるが好評だった様で、2010年2月に続編がPSPダウンロード専用として発売され、10月にはディスク版が発売された。内容は、『絵の腕がアレにも関わらず同人誌を作ることになった春香を裕人が手伝ってうふふうふふXXXX』というものである。

コミカライズについて[編集]

深山靖宙作画。原作よりディープなネタ[6]が含まれていたりと何かと問題があるが、最大の問題は深山が明らかにみっかみかにされていることである[7]

業界での扱い[編集]

2度のアニメ化やゲーム化、コミカライズまで果たした作品でありながら、ライトノベルの人気のバロメータである「このライトノベルがすごい!」にてランクインしたことは無い。特に「ぴゅあれっつぁ」放送中の2010年度版は酷いもので、紹介されるどころか「作品リスト」にタイトルだけが掲載されるという散々な扱いであった。だが実際には、布教促進のためにレーベルを借りているだけで、あくまでこれは「ラノベ」ではなく「経典」なので何ら問題はないという声もある。

脚注[編集]

  1. ^ 反論は許すが、その結果社会的云々関係なくXXXXとなりかねないので注意が必要である。
  2. ^ 実際は4センチほど低かったりするのはXXXX
  3. ^ 理由は不明であるが、アニメ版では身長のみがデチューンされている。
  4. ^ …等と言いつつ、実際は「涼宮ハルヒ」とタイトルが似てるから売れる」と、読売テレビを教化しアニメ化されたのである。でもそんなの関係ねえ!
  5. ^ 驚くべき事に、第2期から参戦のTOKYO MXAT-Xに次ぐスッキリ具合であり、逆に幹事局の読売テレビXXXXであるらしい。
  6. ^ コミックメガストア、グレンラガン云々。
  7. ^ カバー裏やオマケ四コマなどでそれがうかがえ、また「麻衣ふぇあれいでぃお」に作者が現れた際、「美夏の出番を増やす」ように嘆願書を出すと言う奇行を働いてたりする。

関連項目[編集]

Hayami.jpg この項目「乃木坂春香の秘密」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)
Boogie3.jpg この項目「乃木坂春香の秘密」に欠けているもの未来なんだ。
君も世界の敵になるつもりかい? (Portal:スタブ)