乞食

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「乞食」の項目を執筆しています。

乞食(こじき)とは生活の手段を他人の善意、あるいは弱味に頼る者である。

概要[編集]

スラム街や大通りの裏道などの路肩によく座り込んでいるみすぼらしい人間どもは大抵乞食である。本来はインド古来のバラモン階級に由来する苦行を行う事、またその人を指していたが(托鉢僧)、時代の流れとそれに伴う人間の変化によって「乞食」の概念も汚されていく形で変化していった。物乞いの行為は軽犯罪法及び市町村など自治体でも独自の条例で原則禁止されている為、通報すれば警察に連れて行かせることができる。つまり、路肩には格好のカモがいっぱいいるということだ

ちなみに、ホームレスとは違って乞食は必ずしも住所不定ではない。

インターネットにおける乞食[編集]

ジミー.jpg

世界で5番目に人気のあるウェブサイト[要出典]のWikipediaの全ページにおいてあろうことか堂々と物乞いをしている。

顔出しなどの画像やいささか寂しげな頭髪を堂々と晒した写真付きのバナーやスー・ガードナー氏などの仕事仲間まで引き込んで乞食行為の巻き添えにするなどの独自のスタイルは乞食行為をエクストリームスポーツの域まで引き上げた。自身がWikipedia創設者であると主張するジミー・ウェールズは代表的な乞食であると言えよう。ウィキペディアにも犯罪者がいる。

情報乞食[編集]

普通、調べものをして情報を得たいときは、自ら書籍を買ったり、図書館に脚を運んだりと、相応の対価を払うものである。ところが、ウィキペディアの閲覧者達は、ただで情報を得たいという言わば情報乞食である。ジミー・ウェールズを初め、ウィキペディアの運営陣は、こうした情報乞食を相手にしてるんだからこっちだって乞食をたまにやってもいい筈だと開き直っている。目には目を、歯には歯を、脱法には脱法を、それがウィキペディアの金科玉条らしい。

しかしどれだけ己を正当化して理屈をこねたところでウィキペディアが犯罪行為を堂々としていることに変わりはない。

関連項目[編集]

  • ニート…ウィキペディアの関連項目曰く関連性があるとの事。
  • 仏教…托鉢僧などは物欲を否定するあまり労働を否定するに至ったニートであり乞食である存在。