亀有公園前派出所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

亀有公園前派出所(かめありこうえんまえはしゅつじょ)は、東京都葛飾区亀有公園に実在する、日本国内でもっとも有名な派出所である。なお、本来なら「交番」と呼ぶべきなのだが、この派出所だけは特例として「派出所」と呼ばれている。亀有区内ではこの派出所のことについて語ることはタブーとなっており、知っていても知らないと言う人が多い。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「亀有公園前派出所」の項目を執筆しています。

概要[編集]

この派出所は両津勘吉巡査長の勤務地である。両津巡査長がローソクと間違えてダイナマイトに点火したために爆破されたり、トラックが突っ込んできたり、泥棒に盗まれたりしたことで有名になった。かつて警視庁から「問題だから廃止する」と言われたことがあったが、近くの住民からの「廃止しないでください」と言う要望が多かったことから、現在も存続している。

派出所の手前には信号機があるが、この信号は押しボタン式のはずなのに、押しても横断信号は青になってくれない事もあり、また、横断信号が青になっても車の信号も青のままになっていたために車にはねられる人も多いと言う。時々横断信号が消失していたり、信号機が異常に伸びたりすることもある。派出所の人たちはこのことには全く気付いていない。

派出所に隣接している亀有公園は、両津巡査長の提案で以前に一度にされたことがあり、そのことでも有名である。これは、世界一の財閥「中川財閥」の財力によるものであると言われている。

一時期、ロボット警官達の勤務するロボット派出所が隣に設置されていたが、いつのまにか消滅していた。また、近くに温泉が出てたために、隣に派出所温泉がオープンしたこともあったが、すぐにお湯が出なくなり閉店した。

派出所の内部はほとんどが普通の交番の内部と同じであるが、一ヶ所だけ秘密の部屋がある。ここは要注意。もしかしたら核爆弾が隠されているのではないかと噂されている。

『派出所前交番』と言う名の交番がずっと以前に派出所の前に実在していたが「あの派出所の前の交番の勤務はいやだ」と言う警察官が多かったために、その交番は廃止された。また隣に大阪府警の分署が立ったこともあり、その歴史には謎が多い。

この派出所でよく知られている警官[編集]

両津巡査長[編集]

この派出所を何度も爆破させまくる警官であり、始末書の枚数や借金の数は世界一で、葛飾区に銅像を建てられたほど有名。ゴキブリ並みの生命力で史上最大の人間といえる。株を多く持っているらしい。

中川巡査[編集]

世界でもトップレベルの大企業「中川コンツェルン」の御曹司でありながら、なぜか派出所に勤務している。初期の頃は、常識知らずのお金持ちのお坊っちゃんであり、大原部長の悩みの種で問題児扱いされていた。

秋本巡査[編集]

世界有数の巨大企業「秋本貿易」の令嬢でありながら、こちらもなぜか派出所に勤務している。容姿端麗でありながらも男勝りの強さを持つため、実は麻里愛みたいに女s…うわなにをするやめr

大原部長[編集]

千葉県の忘れられた地、ジャングルに住んでいるらしい。度々引っ越すが、何故か毎回千葉の僻地(時空ヶ原など)を転々としている。両津巡査長を叱るにはこの人しかいない。とはいえ、部長の悪態ぶりは両津に勝るとも劣らない。噂だとアドルフ・ヒトラーの子孫だと思われている。

漫画について[編集]

この交番を舞台にした漫画として、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』がある。内容はほぼノンフィクションである。

関連項目[編集]

書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「亀有公園前派出所」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)