事実上俺だけの記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

事実上俺だけの記事(じじつじょうおれだけのきじ)とは、アンサイクロペディアにおけるマイノリティの苦悩を表した言葉である。別名チラシの裏(-うら)とも。

概要[編集]

本来、ウィキは誰かが記事の種をまき、それを不特定多数の編集者が編集することで記事を育てていくものである。ましてや、「この記事は俺だけのもの」だの「この記事を勝手に編集するな」などウィキでは論外である。

ただ、アンサイクロペディアの場合、テーマがユーモアと言うこともあり、書いた本人には興味がある題材でも、他者には全く興味がもてない題材、または他者が手をつけられない記事と言うのもあり得る。 このため、本来のウィキの理念に反するのだが、ある程度までは一人で記事を少なくとも半人前にはしなければNRV貼付の憂き目に遭うこととなる。

ところが、記事を立てて編集を何度か繰り返して一日経っても、自分以外に誰も編集してくれる者が現れなかったり、NRV貼付さえしてくれない状況になることもある。勿論、管理者たちは怠けているわけではない。実際、自分が記事を育てている間も、他の厨房が書いたいい加減な記事にはNRV貼付されるし、一行記事に至ってはばっさりと即時削除している。

このように、他の一般編集者や管理者から完全に見放されているような記事を作ってしまうと「この記事は誰も見てくれないんじゃね?」と思ってしまうようになり、最後には「この記事は事実上俺だけの記事じゃね?」つまり「俺ってユーモア欠落症じゃね???」と言う絶望感にさいなまれることとなる。

どのような題材が"事実上俺だけの記事"になるか[編集]

アンサイクロペディアの客層を考慮すると、以下の傾向があると思われる。

古い題材(歴史ネタ含む)
今の世代の十代くらいでは知らないような題材だと、記事を作っても相手にしてもらえないことが多い。ただし、極端にぶっ飛んだ記憶を与えてくれた題材だと、それを忘れたくても忘れられない世代の人たちがこぞって記事を育ててくれるだろう。
三次元アイドル芸能人
アンサイクロペディアに限らず、ネットワーカーの多くが二次元志向らしいこともあり、三次元アイドルに関する記事は、かつての宮崎あおいAKB48など一部のオタク受けの良いアイドルを除いて、記事を立てても全然伸びない、または諸般の事情により削除されてしまう場合が多い。初稿筆者の俺の嫁など、何度も記事が立てられたものの、どうしようもない記事で終わって消されてしまったアイドルもいる。
ある程度完成された記事
ある程度書きあがった記事は、ほかの利用者が手を加える必要がないと全力を挙げて見逃すため、管理者気取りなり、投票権限がほしい連中が来ない限りそのままになり、結局表題の状況に陥る。
マイナー項目
地方自治体、日本とほぼ交流の無い外国、笑いのネタにしづらい道具家電製品、あまり食べる機会のない料理お菓子などの食べ物、テレビなどで扱われることも少ない法律、主要少年誌以外の漫画、シリーズものでもないテレビゲーム、大して日常生活にかかわりのない動物植物など、ただ単に本当に需要の無い項目。いかに面白おかしく書きあげても内輪ネタに終わることが多い。ただしあまりにマイナーな題材であれば、特筆性を槍玉に挙げられない限りはクソ記事認定されることもないという空気記事として生き延びることもある。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ただ、そういった記事でも、記事としての価値が一定以上あれば、管理者も容赦してくれるというか、誰も気にしないものである。

どのような題材が"みんなの記事"になるか[編集]

逆に、多くの人たちに、原形をとどめないまでに編集してもらえる題材は、やはり以下のものだろう。

一般的には、「ファンとアンチがたくさんいそうな題材の記事」、「突っ込みどころ多数の記事」、「面白そうな題材なのにユーモア不足の記事」などが該当する。

誰も編集してくれない記事を作ってしまったら[編集]

NRVなどが貼られるのを待とう。誰かが手を加えてくれるまで気長に待とう。もしかしたらデフォルトソートなどを追加してくれる奇特な人などがいるかもしれないし。

関連項目[編集]