事情聴取

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「事情聴取」の項目を執筆しています。

事情聴取(じじょうちょうしゅ)とは、一対一或いは一対複数で情報を得るための交渉を行う行為である。

概要[編集]

公的機関における事情聴取は、事件事故における状況把握や経緯観察の為に行われる。特に刑事事件の場合、事情聴取用の個室(取り調べ室)に聴取相手一人につき聞き手と記録役が一名ずつ配置するのが通例となっている[1]。聞き手が聴取相手に様々な質問をし、その回答や態度を記録する事で事件事故に関する情報を多角的に得るのが一番の目的である。そのテクニックとして、脳の記憶野を刺激するため顔近くに証明を寄せたり興味を引くために家族や郷里の話をする、また食事を奢って交換条件として情報開示を求めるなど様々な手法が存在している。

尚、事情聴取で得た情報は個人情報保護法に則り適切な用途に限って使用される事になっている。また聴取される側は自分に不利な事は言わなくても良いが、その場合記録役が状況に即した内容を独自に付け加える場合がある[2]

非公的機関での事情聴取[編集]

性的事情聴取の例。

大きく分けるとビジネス/家庭内/性的の三種に大別される。ビジネスにおける事情聴取は圧迫尋問とも呼ばれ、黙秘権などは考慮されず一方的な形式になりがちである。これは家庭内事情聴取でも同様だが、ビジネスの場合は上司や同僚による助け船を期待出来るものの家庭内ではそれは殆ど無い。特に一対一で浮気や使い込みに関して事情聴取される場合、土下座などを駆使しても逃れられない非常に危険なケースが多い。

性的事情聴取はマゾヒスト向けプレイの一環として行われるもので、勃起濡れなどを指摘され「なぜそうなったのか」「何をしてほしいのか」等の質問に対し回答しながら相手の指示に従うものである。こちらは「甘責め」とも呼ばれ、年上から年下に行う場合が多いが「年下に責められたい」というマニアックな要望もある[要出典]。この事情聴取は最終的には身体への直接聴取になるケースもあれば言葉だけに終始するケースもあり正しくケースバイケースである。

脚注[編集]

  1. ^ 人数は増えることもあるが、基本的にはこの形式。
  2. ^ 事情聴取が長引くと参加者への負担が大きいため。

関連項目[編集]