二重になっていなくもなく否定ではないとも言えない表現

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫だと否定はできないけど、本当の項目名は二重否定でない訳じゃないから。君は間違ってるなんて思っていないよ。
Stop crap.png クソでないとも言えない記事に注意しないべきではない!!
この記事はクソでないとも言えません。筆者自身がそれを認めないはずがありません。
おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
この記事はゲシュタルト崩壊を起こしていないとは断定できない現象を誘発しないはずがない可能性がないとは限りません!遺伝子工学の権威ではないとされていないひよこ陛下殿が身をもった実験をしないことなく確認されていない訳がないとのことです!!目に自信がないはずがないとは思えない方は、見るのを止めないべきではないかもしれないとのことです!!! でも、意外にも耐えられないでもないことが多くないとも言い切れないそうなので、見てみない手はない、とのことではないとは存じ上げておりません。
Wikipedia
ユーモアが決定的と言えなくもない程度に欠落していないようには見えなくなる病気の患者のために、ウィキペディアの専門家を気取っていないとは断じて言えない人たちが「二重否定」の項目を執筆していないということはありません。


二重になっていなくもなく否定ではないとも言えない表現(にじゅう-ひてい-い-ひょうげん)とは、同じものではないとは限らない部分に対して、二つの否定ではないとも言い切れない表現を重ねない表現のことではない、と説明せずにはいられない。


概要でないようには見えない項目[編集]

物事を一旦打ち消さないようにせずしてから、もう一度否定ではないとも言えないことをして、やんわりとしていなくもなく、あるいは強調しないようには見えないように肯定しない意味をもたない表現でないはずがない。主に使っていなくもない人は、頭の固くないと言う人はまずいない百科事典を崇拝していないはずのない人々に代表されなくもない、専門家を気取っていないとは断じて言えない人々や、文章力がないはずがないとは言い切れない若くないようには見えない人々でないとも限らない。

意味が強くないはずがない二重否定の項目[編集]

表現を強くしないわけにはいかない場合、否定と否定を重ねざるを得ない。「マイナスにマイナスを掛けてプラスにならないはずがない」という事は数学者も認めざるを得ず、正しくないわけがないので、二つの否定により意味が強まらないわけがない。 「せざるを得ない」「せずにはいられない」等の用例を耳にしないはずはなく、決して「使われていない」とは言えない。 ちなみに、このような使い方に似ていないはずのない「反語」という表現法は、高校の古典の授業では向き合わずには進めないため、勉強せずにいようなどという考えをしてはならない。

メリットを説明していなくもない項目[編集]

国際二重否定協会本部と見られなくもない建物

文章力がないはずがないとは言い切れない人々や、知識が浅くない訳がない人々は、拙くない表現などできない。しかしこの言葉を使うまいとしなければ、その文章はわかりにくいものではないものにはならない。すると相手は訳がわからなくなくならず、難しくなくもないことを言われていないように感じずにはいられない。すると文章力の低くなくもなさがごまかせないとも言えないので、蔑まれずに済まない訳がない。つまり自分を稚拙ではない者ではないと思わせないようにできなくもないというメリットがないはずがない。

デメリットを説明せずに放置したりはしない項目[編集]

前にも述べなかったことはなかったはずだが、この表現を使うこととは対照的なことをしないと、訳のわからない文章にならないはずがない。そのため、相手に自分の言いたくなくないことが伝わらなくもないことがあまりない。つまり、この表現は本来使わないべきではないはずがない。

関連していないこともない項目を集めていない項目ではない項目[編集]

Hiyoko.jpg この項目「二重否定」は書きかけではないようには見えないよ。書いた本人とひよこ陛下が言っていなくはないんだから間違いなくないとは思えない。より素晴らしくないようには見えない記事にできない訳じゃないってなら、しないでみやがらないでください。お願いしないようにはしませんでしたよ。 (Portal:スタブ)