五十嵐裕美

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

五十嵐 裕美(いがらし ひろみ)とは、人妻である。

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「五十嵐裕美」の項目を執筆しています。

人物像[編集]

近影

1986年北海道札幌市出身。2004年頃に大学進学を機に上京。なお、2015年以降より人妻として認知されている。

声優として[編集]

彼女は人妻でありつつ、声優としても精力的に活動している。

演技の幅は広い方であり、活動初期からも声の使い分けなどを巧みにこなすスタイルは定評がある。

デビュー当初は顔出しを控える方向で活動する予定であったが、ユニットを組まされて露出がそこそこある環境に放り出されて以降、吹っ切れた末に仕事を選ばないスタイルとなった。中でも、転換期となったのは2012年に放映された『パパの言うことを聞きなさい!』において三姉妹の末っ子で幼児のひなを演じて以来、子供(娘)が欲しくなってきたのか、小さな女の子を演じる機会が増えた。中でも、自らの年齢の半分もいってないであろう女の子の役に定評があり、双葉杏(アイドルマスター・シンデレラガールズ)や芽兎めう(ひなビタ♪)などは人気キャラクターとして根強い支持を集めている。

顔出しでの出演も徐々に増え、ニュース番組でインタビューを受けていたり、自身が声を充てたアプリケーションのCMにも出演していたりする。

既婚者であることを公表しない理由[編集]

そんな彼女だが、実力と名声を得ると同時に信頼と人気を勝ち取るにつれて、徐々にプライベートを出しづらくなるという陰も出てきた。ロードバイクなどの趣味や、同性との交友関係などは明かしているが、その他の日常についてはあまりつまびらかに明かされていない。 また、アイドルマスターへの出演より、五十嵐自身もアイドル化したも同然といった部分もあり、モーニング娘。や、AKB48が醸成してきた10年代のアイドル戦国時代における「恋愛禁止」の風潮に照らし合わせるならば、結婚という一種のタブーは公表などもっての他とも言える。一方で、一部ファンの中では、既婚者であることを公表出来ないのは人気を勝ち取った故のジレンマであり、五十嵐が人妻であるのは公然の秘密として受け入れつつ、応援していくというのが暗黙の了解となっている。

関連項目[編集]

Hayami.jpg この項目「五十嵐裕美」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)