五反田

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
五反田駅から転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「五反田」の項目を執筆しています。
お前はまだいいぞ?目黒から出ている。俺なんかお前・・・五反田だ五反田ッ!」
五反田 について、東急池上線

五反田(ごたんだ)は、東京都品川区にあり、オフィス街と歓楽街と閑静な住宅地が入り混じっている怪しい街である。

五反田の様子

地勢と歴史[編集]

東は白金高輪といった山の手の丘陵、西は桐ヶ谷荏原といった丘陵に囲まれた盆地上の中心部に企業や商店が集積し、その周辺に住宅街が広がっている。平地が目黒川流域にそって南北にしか開けておらず耕作地に恵まれなかったことから、五反田(五反しか田が無い地)という地名になったと言われる。五反で収穫される米は約5石で大人5人分ほどにしかならず、この困窮が後に歓楽街の形成へとつながっていく。また、他の産業として目黒川でのサンマ漁があったが、隣村の目黒とのブランド争いに負けてしまい衰退した。

交通[編集]

五反田駅[編集]

五反田駅

五反田駅は、3社の鉄道が乗り入れているターミナル駅である。東急池上線の駅は地上4階にあり、半分は東急プラザのビルにめり込み、半分は目黒川にはみ出している。この構造から、鉄道では唯一直接目黒川を運行する船との乗換えが可能な駅となっている。
五反田駅の西側にはそこそこの企業のビルが立ち並び、そこそこの景気の様子。少々離れたところにTOCと呼ばれるダンジョンが存在しており、怪しげな企業のオフィスと、上層階に秘密の集会場が確認されている。この集会場には週末になるとおばちゃん達が大挙して押し寄せてくるという。
五反田駅の東側はいかがわしい店が立ち並び、あんなプレイや、こんなプレイをさせてくれる店があるようだが、詳細はお察しください

東京すごろく[編集]

江戸の昔には、天下の副将軍水戸光圀公が町中を使ったリアルすごろくをして楽しんだ。五反田はその5番目のマスである。なお、上がりは千駄ヶ谷だとされているが、ご老公様がそこまでたどり着いたかどうかは記録に残っていない。

関連項目[編集]