五条勝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「五条勝」については執筆を躊躇しています。このあたりから五条さんが本来どの程度のキャラか察して下さい。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「五条勝」の項目を執筆してくれています。

五条 勝(ごじょう まさる)は、日本で最も人気のある超次元サッカー選手、政治家。当選2回。

サッカーの名門、帝国学園でサッカー選手として活躍し、その後の選挙で無党派層の圧倒的支持を受け当選した。

経歴[編集]

VIPPERによる組織投票

学生時代[編集]

中学までの経歴は一切不明。帝国学園でサッカー部として活躍し、地区予選大会準優勝という戦績を残した。その後2010年12月のイナズマイレブン総選挙に帝国党公認で出馬する。

第1回総選挙[編集]

当時は躍進著しい円堂守代表率いる雷門党が女性層の圧倒的支持を受けており、帝国党は鬼道有人が雷門党への鞍替えを表明するなどして劣勢。また五条自身も知名度が低く泡沫候補とみられていた。しかし、五条はその圧倒的カリスマ性で大衆の心をつかみ、男性層を中心とする無党派層の票を一手に集めた。その結果、当初の予想を裏切って五条はトップ当選を果たした。帝国党も五条や万丈一道らの活躍で議席の2割を獲得した。一方で、雷門党は過半数を維持したものの、圧勝とはならず吹雪士郎代表の白恋党との連立で政権を維持した。

第2回総選挙[編集]

その後の政界再編の中で、五条は平等をとなえる共産主義政党の「フィフスセクター」に合流した。雷門党は代表が円堂から栗松鉄平、神童拓人へと移り、白恋党は吹雪代表がフィフスセクターとの軋轢の中で辞職、事実上の解党となりフィフスセクターに合流、自由主義の雷門、共産主義のフィフスセクターという2大政党制が確立した。その中行われた第2回総選挙では、五条は変わらぬ支持を受けたが、フィフスセクターが単独過半数を獲得できるかが争点となった。

開票結果はテレビでも放送され、五条が再びのトップ当選となった。副代表の牙山道三らフィフスセクターの要人が悉く上位で当選し、雷門党はフィフスセクターから鞍替え出馬した剣城京介らが善戦するも占有率は4割にとどまり惨敗。円堂、神童らも落選した。

これを機に歴史的政権交代が行われ、雷門党では円堂が最高顧問を辞任、神童が代表を辞任し、新顧問に鬼道有人、新代表に新人の松風天馬が就任した。これ以降五条の人気は不動のものとなり、「投票のカリスマ」の異名をとる。

ただし、選挙前に選挙管理委員会五条降臨!などどいう特集を組み、選挙の中立性が問われている。

第3回総選挙[編集]

第3回総選挙については不出馬を表明。引退した。

エジプトに出没[編集]

ダンボール戦機にてエジプトのカイルで起こったテロ未遂事件を解決したとされる。ただし、これに関しては親族と混合されているとの説も根強い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]