五等分の花嫁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは 2400:2410:C1C0:5600:B51A:1959:C8E1:5277 2020年5月25日 (月) 17:02 (JST) によって貼り付けられました。

 元ネタがよくわからないので多くは語らないがユーモアが少ない気がします。解説が多いのはそれはそれでいいのですが、ウィキペディアや専門ウィキと内容があまり変わらない気がします。題材自体は特筆性がないとは言い切れませんし、世界に認められる存在になったサブカルの排除を推し進める気はございませんが、あまり面白くないのでテンプレートを貼りました。
面白いと感じた方はこのテンプレートを剥がしてください。改善できる人は加筆してください。改悪しかできない人はいじらないでください。

『五等分の花嫁』とは、春場ねぎ先生による恋愛推理漫画。別名『いち花さん』、『五姉妹は勉強ができない』または『この中に1人、花嫁がいる!』。

中野家の5人姉妹。左から二乃、三玖、五月、四葉、一花。

概要[編集]

表紙にでかでかと女の子の絵が描いてあるのに、恋愛漫画ではなく推理漫画である。しかし、推理漫画ではあるものの、1~2話で犯人を教えてくれる見た目は子供頭脳は大人な漫画とは違って犯人は最後の方まで教えてくれない。要するに黒の組織の正体だけを追っているのと同じ、そんな漫画である。

大体の表紙に描かれているのは一卵性五つ子である。一卵性の五つ子が生まれる確率はとんでもなく低いが、実はその理由を推理する漫画ではない。なお、その理由は作者がヒロインの描き分けがマトモに出来ないので、五つ子で体型も顔も同じにするためである。そして推理するのは最初に描かれている、14巻あるうち一回しか表紙に描かれなかった主人公の将来の嫁を考えるという前代未聞の推理漫画である。五つ子のうちの誰か一人が主人公の嫁になるので、五人それぞれ○○は俺の嫁と言っているヲタクは、最終的に振られることになる。

ちなみに、本作のヒロインは全員体格が同じ関係上、珍しいことに誰がぺったんこで誰がスタイル抜群とかの差別がない。つまり全員巨乳である。全員巨乳である。大事なことなので2回言いました。それなのに、パンツを見せれば売れるだろうという低レベルなお色気要素も一切なく、作中でそのような下着描写はほぼ皆無である。アーン♥♥なシーンを求めている人は他を当たってくれ。

あらすじ[編集]

今から結婚しまーす。そういえばここまでΨ難ばっかだったな。

↓(回想)

バイトねーかなあ。ん?親父がいいバイト見つけたって?家庭教師か。

やっぱ食堂は焼肉定食焼肉抜きだわ。ん?お前ここは俺の席だぞ。どけよ、このデブ

え、家庭教師の相手あのデブかよ!しかも同級生5人でルームシェアか。え?五つ子なん!?

登場人物[編集]

上杉家[編集]

高校時代の上杉風太郎。ご覧の通り悪人顔と言うレベルではないほど凶悪な面構えをしている。
上杉 風太郎(うえすぎ ふうたろう)(中の人 - 松岡禎丞
本作の主人公。勉強はできるが馬鹿、つまり頭の良い馬鹿。なお、正体は映画に出てくる心霊。
生活のために勉強や家族以外の全ての人物との関係性と焼肉定食の焼肉を捨ててきた男。五姉妹のうち4人のを見たことがあるが、心霊であるため捕まっていない。
他にも目を開けて寝る、写真撮影の際はやたらと顔が引きつる、口を開けて「ん?」と言う、旅行に興味ないと言いながらトラベラーズハイになるなど、妙な特徴がやたらと多い。
スポーツは大の苦手で走るのは遅いくせに、1階から30階を目指してエレベーターに乗った相手に対して後から階段を昇って追い付けるほどのスタミナを持っている。多分走れメロスと原理は同じ。
上杉らいは。何故水着姿の画像かは訊くな。
上杉らいは(うえすぎ -)(中の人 - 高森奈津美
風太郎の妹。小学6年生で本作の貴重なロリキャラ。正体はおそらく天使。
純粋無垢で、明るい笑顔ではしゃぎまわる。実際にその笑顔に四葉や五月が銃殺されているが、おそらく天使であるため捕まっていない。
らいはの作ったカレーは、女子高生におかわりさせる魔術がかかっている。
上杉 勇也(うえすぎ いさなり)(中の人 - 日野聡
風太郎の父。現在進行形のパリピ。正体もパリピ。
どんなに時間のたった牛乳でも、簡単に消化する特殊能力を持つ。
金太郎(きんたろー)(中の人 - 松岡禎丞
風太郎の親戚。その名の通り金髪に染めたワイルドな高校生。正体は風太郎。
未成年の癖に煙草(アニメでは酒)を好むが正体ゆえに捕まっていない。

中野家の五姉妹[編集]

風太郎が家庭教師を担当することになった同級生の五姉妹。髪型を除けば見た目は全く同じという設定。それなのにアニメ版は髪の色が思いっきり違う。頻繁に入れ替わりトリックが行われるがアニメだと髪の色が違うので普通に分かる。それに対し性格も好みもそれぞれバラバラであり、全員がバカと言うハーレムものにしては珍しい特徴がある。周囲にろくな男がいなかったのだろうか、ほとんど全員が風太郎に好意を抱いてしまう。

作り笑い、もとい表情筋の鍛錬を欠かさない一花。
中野 一花(なかの いちか)(中の人 - 佐倉綾音 花澤香菜
中野家長女。夢追い馬鹿。下着はセクシー派
光属性。お色気展開に一番行かせそうなキャラだが実際はほとんどない。
女優業を目指しており、ゾンビ映画で死ぬことを専門とする。
片付けが苦手らしく、彼女の部屋は腐海の森と化している。しかも寝てる間に脱ぐ癖があるのに、なぜか外出先で寝る際はそんなことはない。おそらく風太郎がいるときにわざと脱いでいる。
俺の嫁。
朝起きだからか眠そうな顔の二乃。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
中野 二乃(なかの にの)(中の人 - 佐倉綾音 竹達彩奈
中野家次女。身内馬鹿。下着は不明。
闇属性。暴走機関車になる変身能力を持つ。
お洒落に一番気を遣い、料理も得意など、姉妹の中で最も女子力が高い。要はパリピ。
髪を切ると性格がマイルドになる生態をもつ。
不良らしき青年と付き合おうとしたり、バイクではノーヘルの前科を持つ。
俺の嫁。
闇落ちした三玖。ヤンデレの気があるのかもしれない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)
中野 三玖(なかの みく)(中の人 - 佐倉綾音 伊藤美来
中野家三女。卑屈馬鹿。下着はセクシー派
水属性。抹茶ソーダ愛好会会長。
首掛けヘッドフォン、セーター、ストッキングと夏場では自殺行為でしかないファッションをしており、真夏日だろうと意地でもそのスタイルは崩さない謎のこだわりがある。なぜかヘッドフォンは本人含めて3人分くらいは予備がある。なお、ヘッドフォンを本来の用途で使ったことはほとんどない。あと、どう見てもオーディオテクニカ。
いわゆる歴女で、戦国武将好き。要するにひげのおじさんが大好き。好きになったきっかけはゲームとのことだが、恐らく戦国無双あたりと思われる。
姉妹への変身能力を持つ。
英語と運動が苦手。
俺の嫁。
温和だけど、何だかんだで怒らせると一番怖い四葉。
中野 四葉(なかの よつば)(中の人 - 佐倉綾音
中野家四女。脳筋馬鹿。五姉妹の中で指折りの馬鹿。下着はお子様派
風属性。サッカーのポジションはセンターミッドフィールダーという設定。運動が誰よりも得意なのに初期レベルがなぜか一花や五月より下。
ハーレムものに1人くらいはいる、主人公に対して特に恋愛感情を抱いていないキャラに見せかけたキャラ。
リボンをウサギの耳のようにつけているが、これが大きくなったり四葉の感情に応じて動いたりする。実はリボンが生きていて頭の養分を吸われているせいで馬鹿になっているのではないかと専らの噂である。スピーカーが内蔵されており、隠れても「バレバレェェェ!!」の効果音と共にバレる。そんなリボンだが、なぜか本人含めて6人分の予備がある。
やたらとドッペルゲンガーが多い。推理漫画らしく死亡フラグを立てまくっている。
意味深なことを言って大きなコマを使って「嘘」と一言だけ呟くシーンは有名。市丸ギンかお前は。
俺の嫁。
ところかまわず空腹を訴える五月。


中野 五月(なかの さつきいつき)(中の人 - 佐倉綾音 水瀬いのり
中野家五女。真面目馬鹿。肉まんおばけ。下着はセクシー派
火属性。月が綺麗に見えます。名前からして、トトロに出てくるやつの生まれ変わり。
センスのないヘアピンが特徴で、それをつけ始めてからは謎の癖毛が生え始めるようになった。なぜか4人分の五月のカツラがあり、謎の癖毛も完全再現している。
恋愛には鈍感。のようだが、何かあった時のためにと常に下着を1セット予備として持っている。しかも水着にはやたらとこだわりがあるようで話しだしたら止まらない。つまり痴女
俺の嫁。
隠しキャラである六海。


中野 六海(なかの むつみ)(中の人 - 佐倉綾音 アニメ未登場)
中野家六女(末っ子)。素性は不明。
隠された6人目の姉妹であり、その存在は長女である一花しか知らず、住んでいる部屋も秘密の部屋であるため、誰も彼女を目撃したことがない。あるいは5人の姉妹の誰かとすり替わりながら生活をしている可能性も考えられる。
5科目全部0点の前科があるため、四葉の比じゃないくらい馬鹿なのは間違いなさそうである。
12巻にて花婿姿の風太郎と並んで映った花嫁がいたため、花嫁が六海説が急上昇した。
俺の嫁……なのか……?
写真の子(※この後フラれます)。
写真の子(中の人 - アニメ未登場)
5年前、風太郎が京都の修学旅行で出会った女の子。風太郎が勉強をするきっかけを作った人物。
中野家の誰か。推理漫画には欠かせない謎の人物Xの立ち位置。
俺の嫁。
花嫁
風太郎の嫁。俺の嫁。6人5人のうちの誰か。誰が花嫁かは本作での争論に発展している
推理漫画の犯人だから多分死ぬ。死因はタイトル通り風太郎が花嫁を五等分(物理)したことである。

その他[編集]

明かされる衝撃の過去。
中野家父/マルオ(中の人 - 黒田崇矢
五つ子の父親で、大病院を経営する資産家で、ヒカキンの家に住む猫
風太郎の父である勇也と元同級生。五年前に京都でたまたま会った女の子の家庭教師についてその上親同士が元同級生ってどんな確率だよって思うかもしれないが、その理由を推理する漫画ではない。
五姉妹の祖父(中の人 - アニメ未登場)
五姉妹の母親の方の父。
余命幾ばくかもないようで、声もか細く、今にも死にそうな人。だが孫娘に仇なす者には格闘技で鉄槌を決める高性能じいちゃん。
江端(中の人 - アニメ未登場)
マルオの秘書。三玖よりも高い変装能力を持つ。
社長(中の人 - 赤澤涼太
社長という名前のカメラマン。普段は女優の撮影に携わる。
前田(中の人 - 伊東隼人
一花のクラスメイトで、不良。
「"お嫁さんにしたい"キャラクター人気投票」で風太郎に次いで7位。でも俺の嫁ではない。
武田 祐輔(たけだ ゆうすけ)(中の人 - アニメ未登場)
風太郎のクラスメイトで、よくある勉強のライバルキャラ。風太郎とやや違うベクトルの馬鹿。
あとそっちの気があるんじゃないかと疑われる。
REVIVALの店長(中の人 - アニメ未登場)
風太郎と二乃が努めるケーキ店店長。風太郎と同じく人相が悪い。その上、五姉妹の試験祝いの食べ物は風太郎の給料から天引きする。
謎の侵略者、将棋星人。
将棋星人(中の人 - アニメ未登場)
本作のラスボス
高校2年の頃から5年前の修学旅行で風太郎が写真の子と出会った際、突如現れた地球の侵略者。
国会を占領し、地球の命運をかけて日本最強の棋士との勝負を挑んできた。勝負の結果、日本は爆撃され、風太郎と写真の子の修学旅行を強制的に終わらせてしまった。
風太郎の回想では出てくるものの写真の子の回想では出てこないため、正体は未だ不明だが、どうやら写真の子は将棋星人と邂逅した時の記憶が欠落している模様。よって、風太郎にとって忘れもしない憎き因縁の相手である。不良少年だった風太郎が変わるきっかけを作った存在とも言える。
その正体は藤井聡太ではないかとの説があるが、時系列的に合わないとして否定されている。

アニメ版について[編集]

声優のセレクトに全振りしたため、作画を怠ったことで知られる。特に二乃に対して作画崩壊が生じやすいことが指摘されている。3話ではタオルを使ったマジックを披露している。

二乃 タオルA.jpg 二乃 タオルB.jpg

おわかりいただけただろうか?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「五等分の花嫁」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「五等分の花嫁」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「五等分の花嫁」の記事を執筆しています。