亜鉛華

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

亜鉛華(あえんか)は、薬草として利用される植物の一種及びそのである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「亜鉛華」の項目を執筆しています。

概要[編集]

亜鉛華は亜鉛鉱石の産地に分布することからその名がつけられた。「亜鉛花」や「亜鉛草」でなく「亜鉛華」であるのは命名者が中二病患者であったからだと考えられている。既に「亜鉛華」の呼称が定着しているため、改名の議論はほぼない。花言葉は「優しさ」。

ほぼ一年中白い小さな花をつける一年草。鉱山労働者にとっての癒しの存在であったことから、しばしば川柳俳句などにも読み込まれ、また、鉱山関係の団体のシンボルマークとしても利用されていた。

植物としては特に大きな特徴はなく、生物教科書などに載るのはまれで、むしろこの植物からとれる化学成分の方が重要であるため、化学の教科書に載っていることが多い。

利用[編集]

薬草としてオロナインなどの塗り薬に利用される。亜鉛華がつける実に含まれるデンプンに薬効があり、このデンプンを「亜鉛華デンプン」という。

また、白色顔料の材料としても使われる。前述のような薬効があり、また、物を白くするのに利用できるため、化粧品としても利用される。

発生[編集]

昔の記録にその記録が見られないことから、近代に入ってから何らかの原因で発生したという説が存在する。事実、鉱山以外の地域には分布していないため、何らかの化学物質の流出によって発生したのではないかとされる。その説を裏付けるように、鉱山での環境対策が進行してからはその個体数が減少している。なお、人工的な栽培方法が確立され、現在では企業的な栽培・採集が主な亜鉛華の供給源である。

関連項目[編集]

この項目「亜鉛華」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)