京奈和自動車道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京奈和自動車道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「国道24号(京奈和自動車道)」の項目を執筆しています。

京奈和自動車道(けいなわじどうしゃどう)は、京都府京都市和歌山県和歌山市を結ぶとされる自動車道路。実際にこの道路を日中に確認した人はごくまれで、夕方から深夜にかけて突如出現するとされる未確認の道路である。

歴史[編集]

1988年城陽市の秦野進さんが畑仕事をしている最中、開通したばかりの京滋バイパス付近の雲の切れ目から畑に向かって走る少年を目撃。少年が急いで飛び乗ったワゴン車の右前方のタイヤ付近からするすると伸びた糸が伸びそのまま奈良方面へと消えていったという。この報告を受けた京都大学の研究チームは以前からこの付近一帯にそういった噂があることも視野にいれ、本格的な調査を開始した。その結果、翌年には真夜中に転々と延びる不気味な光の筋やある瞬間にフラッシュのように交じり合う強い光を観測。現在では京都市と和歌山市のある一筋の区間に上記の現象が発生していることがわかっており今なお研究が進められている。

道路の形状[編集]

現在で解明されていることとして、道路とされる形状は120kmに及び、京都府から奈良県にかけての区間は1車線であるとされる。転々と伸びる光は宇宙空間からの道しるべとされ、一般的な道路で言う中央分離帯ではないかとされる。ある瞬間の強い光は対向車線の出会い頭の挨拶とされ、ここを利用する何者かがテレパシー通信を行っていると見る説が有力である。

諸説[編集]

京奈和自動車道には歴史的諸説が存在し、各方面から注目を浴びている。

天智天皇説[編集]

奈良大学岩村教授は天智天皇が扶桑略記において「山中で行方不明になった」という記述を元に、天智天皇が深く関わっていると推測。「天のからの光に天皇が消えていった」という記述とあわせて京奈和自動車道が天智天皇の昇天と共にできた天との交信ルートではないかと発表した。

UFO説[編集]

民間のUFO研究機関はこの付近の地形や風土、そして多くのUFO目撃情報から関連性があるのではと示唆している。

かぐや姫説[編集]

近年、日本最古の物語とされる竹取物語において「月からの使者」が京奈和自動車道を通りかぐや姫を迎えに来たという説が広がりつつある。 かぐや姫の舞台はこれまで数々の説があるが、この説が有力な場合京都市の隣で城陽市にも近い向日市が最有力となる。同市ではかぐや姫サミットと呼ばれる儀式が今もなお行われており、7世紀には存在したという向日神社との関係も争点となっている。 この説は前述した天智天皇説から派生したもので竹取物語の成立時期は不明であるが、天智天皇の昇天よりも後年である可能性が高く、京奈和自動車道の謎を紐解く説として注目を浴びている。

研究意義[編集]

前述の諸説からUFOなどの未確認物体と現実社会の間に存在する稀有な研究素材としての価値は大きい。また歴史との関連性も多く謎の多い古代史において京奈和自動車道の解明はUFO研究者のみならず古代史研究者にとっても待ち望まれている。