京急真理教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
色とりどりの京急トレイン

京急真理教(けいきゅうしんりきょう)とは、京浜急行電鉄を信仰する宗教。2100形をはじめとする車輛のすべて、そして鉄道線路と架線、更には駅舎や変電施設すべてをご神体とあがめ、崇拝する集団である。正式な宗教法人として登録されている。

概要[編集]

信者の分布は京浜急行電鉄沿線の東京都神奈川県在住者に多く、また京急香川線を有する香川県の在住者にも特に多いようである。しかしながら、それ以外の全国的な地域における分布も少なくはない。そのため、彼らの中には遠路はるばる品川詣をする者も少なくない。

信者としては、テレビ番組「タモリ倶楽部」上でご神体であるところの電車の床にひれ伏して神の声であるドレミファインバータを傾聴したタモリ(これに対し、上大岡通過の臨時電車で神は応えた)や、停車駅や車内の広告で停車駅の駅員のコスプレをした上田晋也(くりぃむしちゅー)などが挙げられる。

インターネット上では京急を批判する鉄道ファンのところに必ず現れ、個人情報を晒し社会的に抹殺するまで攻撃を加え続けたり、インターネット上でなければ他の鉄道会社への攻撃としてサリン事件を起こしたりと、過激な組織として有名である。オウム真理教に名前が似ているのは偶然ではなく、これを由来としているのである。信仰心の余り、東急電鉄やJRなどといった他の鉄道会社への攻撃も容赦なく行う。車両内でサリンを撒くことは当たり前、運転席への乱入や暴行も当たり前で、ATCの電源を切るなどして列車を高速で運転させたり、列車をバーミリオンAで塗装したりなど過激な行動に出る。

グモッチュイーーンによる殉教、正しくお布施を払わないキセル乗車、両手で口を横に広げて「金沢文庫」ということなどがこの宗教での禁忌とされる。

信者の行為[編集]

  • トレインサーフィン
  • 先頭車両にてかぶりつき
  • ダァ閉めます」あるいは「ダァシエリイェス」などと、車掌のまねをする
  • 先頭車両にてドレミファインバータに合わせて音の外れた歌を歌う
  • 品川駅、京急川崎駅、金沢文庫駅、黄金町のガード下などでしばしば行われる連結作業を見て、自分は異性と連結行為をしたことがないと悟る
  • 他社に乗り入れている京急車両に手を合わせ、直通運転各社での安全を祈願する
  • お題目を唱える。「いつも心に快特を」
  • 普通車原理主義者の場合は、快特に乗らない
  • 人生に迷ったら川崎駅で列車の動きを観察する
  • 式年遷宮を見守る(ちなみに式年遷宮とは高架化工事のことである)
  • 自宅警備員の場合は新逗子詣をする
  • 毎年5月下旬の日曜日は久里浜詣をする
  • 毎年1月初めに駅伝による特殊ダイヤ詣をする
  • 毎年1月21日に、川崎大師「駅」詣をする
  • 休暇の時には高松琴平電鉄詣をする
  • 京急を批判する奴は、とことん2ちゃんねるでもやめるまでしつこく妨害する
  • エアポート急行の駄作ぶりに失望した信者や元信者による批判や脱会が激しいため、それらを妨害する
  • 常に京急しか眼中がなく京急が一番と思っている
  • 京急の複雑怪奇なダイヤを賛美する
  • 京急を批判するのは、批判者の住んでいる場所が悪いことにする
  • ネットで「600系」と書き込まれたら「600形」だと罵倒する
  • 列車の編成を表すときに「F」を用いたら「京急ではFは使わない」と罵倒する
  • 様も信仰する革新派と、でなければいけないといった原理主義者が存在する
  • 「京急電鉄」という表記を邪道とし、あくまで「京浜急行」でなければならないと主張する
  • エコ〇ムリという教祖がいる天野真理教とは険悪の仲。
  • ドレミと聞いたらドレミファインバータしか頭に浮かばない
  • 京急のカラーを名鉄のパクリだと主張する名鉄真理教信者をしつこく罵倒する
  • 羽田空港国際化にとことん賛成し、成田空港に行くときはあえて京急の高速バスを使う
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「京急真理教」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)