京都市営バス横大路営業所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京都市営バス横大路営業所」の項目を執筆しています。

京都市営バス横大路営業所(きょうとしえいばすよこおおじえいぎょうしょ)は、京都市営バスにおいて最も南に所在する最も冷遇されている営業所である。また京都市営バスの営業所としては珍しく全路線が他社に委託されている。

ちょっとトロピカル化している阪急バス委託[編集]

そんなことを言いながらも実は日本で初めて公営バスが民営バスに経営をまかせっきりにしたという部門だったりする。また6系統で北区に行くこともできるし、8系統で高雄まで行くことだってできる。さらに南2系統で長岡京市に行くことも出来るうえに代走や久世方面の路線で市内中心部に行くことだってできる素晴らしい部門なのである。京都市バスの運転手で市内あちこちに行きたいのならば阪急バスに就職しよう!!

6系統[編集]

  • 四条大宮~二条駅前~千本北大路~(→佛教大学前→玄琢/紫野泉堂町←玄琢下←玄琢)
京都市営バスで最も長い回送距離を誇る運用があるのはこの路線関係の運用である。北区から南側でも四条大宮までしか来てないんだから西賀茂とか梅津担当で良いんじゃね?という風にしか思えない。ってかその回送、軽く1時間以上は回送していると思われる。そんな無駄に長い回送を走らせるくらいなら引き続き四条大宮まで走って四条大宮から206系統に化けて京都駅前から81系統で入庫してほしいものである。

8系統[編集]

  • 四条烏丸~四条大宮~京都外大前~太秦天神川駅前~双ヶ丘~福王子~平岡八幡前~御経坂~高雄
京都市営バスで最もたる秘境路線である。と同時に秘境路線故に全線乗り通すと500円という市営バス最高額の運賃を誇る路線である。昔は小野郷という遥か未開の地へ行く48系統なるものがあったらしいが、誰も気にしない。また沿線には西日本JRバスが競合しており、明らかに市営バスは乗客が少ない。

13系統ファミリー[編集]

  • 13系統無印:四条烏丸~西大路四条~西大路駅前~久世橋東詰~(→久世工業団地前/←久世殿城町)
  • 特13系統:四条烏丸~西大路四条~西大路駅前~久世橋東詰~久世殿城町~久我石原町
  • 臨13系統:四条烏丸~西大路四条~西大路駅前~久世橋東詰~(→吉祥院長田町→吉祥院池田町/←上鳥羽馬廻)
影の薄い路線である。本来の本線は久世工業団地行きの無印というのは言うまでもないが、平日昼間は無印よりも特の久我石原町発の方が多く運転されている。やっぱり誰も気にしない。その昔は18系統と連続運行(今で言う西賀茂の31系統と65系統の様な形態)をしていた名残で起終点共に18系統ファミリーのいずれかの起終点と被っている。しかし便利にする為に連続運行を始めたのに逆に経路が複雑になってしまったため、利用客から不満が絶えなかった可哀想な路線だったから見かねた交通局が救いの手を出してくれて今の経路に戻っている。昔は18系統とともに三条京阪まで行ってたが当然誰も気にしない

18系統ファミリー[編集]

  • 18系統無印:(二条駅西口~)みぶ操車場前~四条大宮~七条大宮・京都水族館前~羅城門~小枝橋~久我石原町
  • 特18系統:(二条駅西口~)みぶ操車場前~四条大宮~七条大宮・京都水族館前~羅城門~上鳥羽村山町~(→上鳥羽馬廻/←久世橋東詰)
  • 竹田駅18系統:(二条駅西口~)みぶ操車場前~四条大宮~七条大宮・京都水族館前~羅城門~小枝橋~竹田駅西口~久我石原町
恐らく京都市営バスで最も乗客泣かせ&運転手泣かせのカオス極まりない経路の路線であると思う。土日昼間には二条駅西口までやってくる。横大路阪急のツーステップ車の主な仕事場はこの路線。

22系統[編集]

  • 横大路車庫前~(京阪中書島・伏見港公園前~)~中書島~西大手筋~国道大手筋~横大路~菱川~久我~久我石原町
大人の事情により大型車が通行できず、全便中型運行を強いられている、ある意味可哀想な路線である。半数近くが京阪中書島・伏見港公園前で折返しているが、ただでさえ中書島を過ぎると多くある系統関係なく空気輸送になるため、誰も気にしない。

42系統[編集]

  • 京都駅前~東寺道~京阪国道口~市民防災センター~久世橋西詰~中久世~桂川駅前~洛西口駅前
無駄に影の薄い路線である。ちょっと前は乗客の少なさに耐えれず、一部をジャンボタクシーにしていた程の路線だったが、今やジャンボタクシーも無くなり、最新型の大型ノンステップ車や輸送力の高いツーステップ車も頻繁に入るようになった路線である。

43系統[編集]

  • 四条烏丸~烏丸五条~西大路五条~西大路九条~(→上鳥羽馬廻/←久世橋東詰)
久世エリアから四条烏丸方面に行く際に最も使いたいと思う人が少ない路線だと思われる。五条通を経由する市営バスは少ないが、五条通沿線民にはこの系統の本数の少なさ故に存在自体すっかり忘れ去られている様な気がする。しかし誰も気にしないのは変わらない。

81系統ファミリー[編集]

  • 81系統無印:京都駅前~大石橋~勧進橋~竹田出橋~棒鼻~西大手筋~中書島~横大路車庫前
  • 特81系統:京都駅前~大石橋~勧進橋~竹田出橋~竹田駅東口~竹田出橋~棒鼻~西大手筋~中書島~横大路車庫前
  • 伏見港81系統:京都駅前~大石橋~勧進橋~竹田出橋~棒鼻~西大手筋~中書島~京阪中書島・伏見港公園前
この系統こそ横大路営業所で最も優遇されて、伏見区民にとって、この路線なくして生きていけないといわれている上に京都市営バス教にも好かれているリア充路線である。元々日本最初の電車の京都市電伏見線が走っていて、それの代行路線として設定されたのが始まり。当時は82系統の四条河原町行きやら竹田街道経由稲荷行きの83系統などが走ってたらしいけど、83系統は南5系統(後述)に、82系統は地下鉄延伸時に取り潰しとなってしまい、いずれも消滅の憂き目に遭っている。それらが消滅する際は伏見区民誰もが嘆き悲しんだのは今でもなお記憶に新しい。83系統は南5系統で十分に代行で来ているからまだしも82系統だけでも復活してほしい。
京都市営バスでは2013年春頃に路線再編をやるとか言ってたような気がするが、伏見区内の市営バスでは南5系統と81系統だけは、絶対的に残ると思われる。たとえ赤字の路線であろうが、敬老乗車証で乗車するジジババが多く、さらに若い人たちの乗車も多い老若男女問わず乗客の多い路線なので、この路線を廃止にしたら絶対に伏見区民が京都市役所前や太秦天神川の交通局庁舎前で抗議デモを起こす可能性があるからだ。また市営バス教徒にとっても81系統南行の一方通行区間があるとか、市営バス全体で81系統にしか入らない車両があるなどで気に入られている路線なので、敬老乗車証さえなければ事実上の黒字のドル箱路線にすることだって可能である。

南1系統[編集]

  • 竹田駅西口~国道赤池~久我石原町~中久世~下津林大般若町~桂駅東口
悪評高き京都市営バス営業係数ワースト1の路線である。しかしそんなの気にしたら負けだと言わんばかりに意地で営業を続けている。しかし全便中型でMK委託の小型車両はやってこないので余計赤字になっていってしまう。しかし南2系統との等間隔運行を始めるなどの努力をしているとはいえ、2013年春の路線再編で間違いなく廃止。

南2系統ファミリー[編集]

  • 南2系統無印:竹田駅西口~国道赤池~久我~免許試験場前~馬場~JR長岡京東口
  • 特南2系統:竹田駅西口~国道赤池~久我~馬場~JR長岡京東口
  • 南2系統菱川入庫:竹田駅西口→国道赤池→久我→菱川→(回送)→横大路車庫入庫
なぜかこの系統は、特が付かない方が、免許試験場前に寄り道するのに、付く方が寄り道しなくなるという変わった路線である。久我付近では道幅が狭い割に渋滞しやすく、そんな道でも容赦せず暴走するので、周辺住民からは常に恐れられている路線である。最近では菱川入庫便が設定されるなどして乗客も増えているかと思いきや、むしろ営業係数は悪化してしまったというドジっ娘な路線である。

全くトロピカルらしくない西日本JRバス委託[編集]

ここは2011年度改正によりできた新しい部門であるが、接客態度がトロピカルらしくなく、外国人観光客で南5系統に乗って稲荷へ行こうとした際に、ガイドブックに「市営バスには気をつけろ」と書かれて覚悟して乗ったのに、快感を感じてガイドブック製造会社に対するクレームが後を絶たなくなったため、外国のガイドブック会社に恨まれてる存在である。しかしあくまで外国、少なからず日本国民は誰も気にしないだろう。

19系統[編集]

  • 京都駅前~下京区総合庁舎前~京都駅八条口アバンティ前~大石橋~九条車庫前~京阪国道口~上鳥羽~国道大手筋~西大手筋~中書島~横大路車庫前
とにかく無駄の多い路線である。同じ京都駅前~横大路車庫間の81系統が神なのに、こちらは神なんて程遠いくらいの無駄な空気輸送を誇っている、無駄にどうしようもない路線である。無駄に人口密度の少ない京阪国道を走って無駄な渋滞にはまったりするくらいなら油小路通り経由の方がまだマシである。ただ営業係数だけは無駄に改善できており、2年間だけで260ぐらいから200まで改善できたという無駄な偉業を成し遂げた路線である。ってか京都駅周辺、無駄に迂回しすぎ。81系統みたいにストレートに行ったら無駄は改善できるのに!!

20系統[編集]

  • 横大路車庫前~中書島~西大手筋~国道大手筋~府道横大路~納所町~(~一部は淀経由~)~府道横大路~国道大手筋~西大手筋~中書島~横大路車庫前
おそらく京都市営バスで最も公立の小学生にやさしい路線だと思う。淀経由便は近くの小学生のためだけに走っていてアメリカのスクールバスみたいな雰囲気で和やかな感じにせっかくなるのに、うるさいのが嫌だという運転手は小学生に対しても容赦せず検閲により削除を言って小学生をぴーので、市営バスで通学してしまっていた小学生は中学生になるとヤンキーになる率が半端ないようで京都市教育委員会から苦情を受けている。

78系統[編集]

  • 京都駅前~下京区総合庁舎前~京都駅八条口アバンティ前~大石橋~九条車庫前~西大路九条~久世橋西詰~久世工業団地前
近頃、乗客が再び減少傾向に行ってしまってる模様だが、19系統同様、京都駅周辺での無駄な迂回運転、そして大型車の過剰なくらいの投入のしすぎでどうにもならなさそうな路線である。一応京都市営バスでは最もLED表示車率が高い路線という気がするが、そんな無駄な近代化するくらいなら、経路の見直しや使用車両の見直しなどの根本的な所からやっていてほしい。ただLED車というのはこの系統の場合は、中型車ばかりなので、使用車両については見直しで来ている気がする。

南5系統[編集]

  • 京都駅前~東福寺道~十条相深町~深草西浦町~竹田駅東口
横大路JRの路線では珍しく、最近になって乗客が増えてきた路線である。京阪バス委託時代は78系統同様にLED式中型車ばかりだったのに、JR委託後は輸送力が高いツーステップバスなど色んな大型車が入るようになって市営バスファンで盛り上がったのは記憶に新しい。事実、アホみたいに営業係数も改善できている81系統に並ぶ神的な路線である。たぶん。

循環1系統[編集]

  • 四条河原町→河原町三条→京都市役所前→烏丸御池→四条烏丸→四条河原町
京都市営バスにおいて最もカネをケチりたい人に愛される路線である。100円で乗れるため、何かしら御金の無い若者に便利なものである。あと、一人前扱いされたい御子様も利用しよう。だって、御子様も大人と同じ100円だから。

車両[編集]

何かしらCNG車の導入が大好きな営業所であり、さらに阪急委託の所に導入されたCNG車はノンステップ車は伏見の神的路線の81系統にばかり入れるため、嫌でも81系統はCNG路線に化してしまっている。特に富士重工製のCNGは京都市営バスの中でも81系統でしか走ってないというゲテモノである。因みにこいつは烏丸のゲテモノの344と同期である。京都市営バスの中では洛西に並んでラッピングバスの運行に消極的な営業所でもあり、横大路車庫は広いのであれだけの敷地に大勢にいる緑の車両は圧巻である。現在、京都市営バスで最もLED車率が高い営業所であり、未来的な営業所である。

え、MK委託を忘れてるって? どうでもいいでしょ、そんなの