京都市営バス烏丸御殿

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京都市営バス烏丸営業所」の項目を執筆しています。

京都市営バス烏丸御殿(きょうとしえいばすからすまごてん)とは、京都市営バスが管轄する最強の営業所=御殿である。

主な路線[編集]

北1系統[編集]

  • 北大路バスターミナル→北大路堀川→上堀川→紫野堂町→佛教大学前→玄琢→玄下→紫野泉堂町→→北大路バスターミナル
  • 多分、烏丸御殿の精鋭たちの運転技術を最も味わえる路線である。最初はごく普通の幹線道路を走行するが、途中になって玄琢に近付いてくるといきなり俗に言う狭隘路線に姿を変えるのだ。だが源光庵前を曲がるまででビビっててはとても全線制覇なんてできない。それ以降は中型車でも1台分しかないような道が玄下まで続くからである。しかもこの系統は大型車も毎日走るので、もし自分が車を運転してて対抗の市バスが大型の北1系統だったりしたら度肝を抜くこと、間違いなしである。そして自分が大型の北1系統の乗客だったら運転手のハンドルさばきのうまさに拍手を送らなくてはならない。車両は基本的にこの路線用に3台も導入した意味のなさそうな中型が多いが、204・206などのドル箱循環系統で日常的に走るような大型や1台だけしかいない富士重工製のゲテモノノンステップ車なども、ちょくちょく入る。だが烏丸の主力車種のワンステップ車は大人の事情により必ず入ることは無い。運転もデータイムでも20分間隔なので気軽に乗れるという魅力がある。

北3系統[編集]

  • 北大路バスターミナル~加茂街道~京都産大前
  • 無駄に距離が短い路線である。その割には大学へ向かう路線ということもあり、学生が多く中型は間違っても入れないが、営業係数的には赤字という意味不明な路線である。因みに通学時間帯は相当な運転本数を誇っており、なかなか便利なものなのだが、休校日などの朝にあれほどの高頻度運転をする意味は無いと思われる。だが加茂街道を暴走してくれる市バスに乗ると川の堤防を走る路線なので、気持ちいいものである。

北8系統[編集]

  • 北大路バスターミナル~洛北高校前~高野~一乗寺下り松町~修学院駅前~松ヶ崎海尻町~上堀川~佛教大学前~千本北大路~北大路堀川~北大路バスターミナル
  • この路線は系統番号を見ると、整理券系統に見えるが、実際乗ってみると循環系統という謎な路線。烏丸御殿では最も赤字の路線である。この路線は無くても叡電や5系統などの他の路線で代行できるし、いらないんじゃね?という感じがするが、市バス唯一の整理券を取る循環系統という意地によって運行を続けている。…が、赤字の割に車両は黒字の北1系統には入らないワンステップ車が主力になってて輸送力過剰になってるし…、どうなっとんねん!!

今は1日券でも乗れる

204系統[編集]

  • 北大路バスターミナル~千本北大路~北野白梅町~西ノ京円町~烏丸丸太町~東天王町~上終町京都造形芸大前~高野~洛北高校前~北大路バスターミナル
  • この路線はごく普通な循環系統に見えるが、休日朝の運転本数は1時間に2本という所も多く、休日朝はどこぞのローカル線の様なダイヤをしていて非常に不便。そのような不便を解消するため、28分間隔などの所に上手いこと臨時便を入れようとするが、何を思ってか、1本前の定期便にくっついて走ることが多く、正直空振りの様に意味がない臨時便になっている。また意味もなく臨時便が気まぐれに走ってることも多い。さらに夕方頃になると、あと1周で所定入庫のところ、遅延が生じてしまった場合の対処法として別の車両に取り換える分は取り換えるが、遅れてる方も無駄な臨時便に姿を変える。本当に謎な臨時便が多い路線である。臨時便の良いところといえば、ツーステップバスが高確率で投入されることぐらいである。

206系統[編集]

  • 北大路バスターミナル~洛北高校前~高野~叡電元田中~百万遍~祇園~五条坂~東山七条~京都駅前~七条大宮~四条大宮~二条駅前~千本北大路~北大路バスターミナル
  • 北大路バスターミナル~洛北高校前~高野~叡電元田中~百万遍~祇園~五条坂~東山七条~京都駅前
  • 京都市営バスのドル箱路線である。だがブルーリボンシティとかいう輸送力の無い車両が主力であるため、特に東山通側では行楽シーズンは常に満員になってしまい、100系統に救済を求めることになり、いくら輸送力高い車両が多く投入される100系統でも常に満員になってしまうため、お荷物的な路線でもあった。現在は高輸送力のワンステップ車が投入されたため緩和してきている模様。

101系統[編集]

  • 北大路バスターミナル~千本北大路~北野白梅町~堀川今出川~二条城前~四条堀川~四条烏丸~京都駅前
  • 京都市営バスで最も暴走する路線である。因みに最高記録は全区間で時速130キロ運転をして、途中幾多もの停留所を無視しての12分。因みにこれ以上、暴走すると取り返しのつかないことが起こる可能性が大いにあるため、これ以上の時間短縮は事実上の不可能である。この系統にCNGバス(先日全車引退…泣)かツーステップバスがやってくると、暴走と爆音を両方楽しめるため、よりスリルになる。

関連項目[編集]