京都駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「京都駅」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「京都駅」の項目を執筆しています。

京都駅(きょうとえき)は、京都市の中央駅である。

名古屋駅大阪駅と同様に、畿内における鉄道の一大拠点である。又、西日本旅客鉄道の中核駅の一つであるが、その巨大なビルの威光で他の駅を圧倒している。

また、常に鉄道の動きが絶えないため、関西における鉄道教の聖地である(関東では大宮駅がこれに該当する)。

各社の京都駅[編集]

西日本旅客鉄道[編集]

京都駅ビル

西日本旅客鉄道、すなわちJR西日本の京都駅こそこの巨大な駅の中核である。東海道本線草津線湖西線の電車で東方(名古屋敦賀方向)から東山トンネルを抜けてこの地に降り立てば、その威光に圧倒される事はほぼ誤いない。

この駅ビル、京都市民においても賛否両論ある。しかしこの圧倒的な存在感こそ、「京都は日本古来の首都である」という市民の精神を指し示しているのである。

なお、山陰本線舞鶴方向)や奈良線の駅は少し離れた場所にある。山陰本線のホームは特に遠い。一説によると、国鉄が山陰本線や奈良線を有していた私鉄を買収し、それに私鉄側が抵抗した名残だといわれている。畿内の「反国鉄精神」を示す事例の一つである。

高速バスの発着も多く、現在では在来の鉄道に加えて、高速バスが「岐阜都民」「愛知都民」「福井都民」「舞鶴都民」を京都へ送っている。又、新名神高速道路の開通後は、「三重都民」の増加も期待されている。

東海旅客鉄道[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)の京都駅は、新大阪駅よりも小さく、名古屋駅と同規模の駅である。

そんな規模であるが、空港の無い京都に入ろうとする観光客の多くが利用する駅であるため、京都における重要度はJR西日本の駅同様に高い。というより、京都市民の意欲が実った駅といえる。

第二次大戦後、東海道新幹線の建設計画が立てられた時に、新幹線の線路は京都の都心を外れたルートを通す案を当初は予定したが、京都の市民や有力者は、「そんな事をされては街が死ぬ」って猛反対し、用地買収に協力する見返りで現在地へ駅を設置させることに成功した。更に、「ひかり」の通過駅になる予定であったが、そこも圧力で全列車停車に落ち着かせている。

だが、それを無視したことが一時期あった。1992年に運行開始した、のぞみ301号。本ダイヤは京都駅を通過するというあるまじき行為をした。だが、新幹線のくせに、京都駅を70km/hで通過していたのある。だが、当初は275km/hで通過する案があったが、それではホームの客が「びぇぇぇぇぇーーーーーん!」となるため却下され、鈍行列車並の70km/hになったという逸話がある。

新幹線が京都にとってどれだけ重視されたか、そして京都市民がいかに「首都としての意地」を持っているかを示す興味深い話として、現在にも語り継がれている。

なお、京都遷都1200周年記念キャンペーン『そうだ 京都、行こう。』を1994年から実施している影響で、記念ロゴやグッズ、シンボルマークが至る所で見られる。このJR東海は名古屋を本拠地にしている為、JR倒壊による大々的な京都の宣伝を見ると、「京都の物は、名古屋の物」であるかの如く、旁若無人に振舞っている印象が強い。

ところが、織田信長豊臣秀吉の領土だった歴史や、名古屋が京都の地名や学校を多くもらっている事からも解る通り、実際には名古屋は滋賀を中心とした京都の属国の一つに過ぎない。まあ江戸時代の段階で畿内の最大都市の座は大阪に奪われ、明治維新では天皇を東京に奪われてしまったけれど・・・。

近畿日本鉄道[編集]

近畿日本鉄道(近鉄)の京都駅は、新幹線の真下にある。近鉄王国を率いる同社としては余り目立たない場所にあるような気を受けるが、近鉄は新幹線の乗客を自社線へ持ってくる事に熱心であるため、この位置づけになったといわれている。

しかし元となる奈良電気鉄道が計画したときは、京都駅は烏丸通の真下に地下線で設ける予定であった。それが建設予算の不足により、「取りあえず」ということで国鉄駅の南側に変更された経緯を持つ。その「取りあえず」が恒久化してしまった訳である。

そのため新幹線との接続がよくなったのは、一種の偶然といえなくも無い。もし烏丸通の真下に駅があれば、京都市営地下鉄の起点も竹田駅ではなく、当駅となった可能性が高い。

京都市営地下鉄[編集]

各社の京都駅の中では最も新しい。この駅から北へ向かう利用客は多いといわれているが、南へ向かう者は余りいない。理由は竹田駅で近鉄線と合流するためで、わざわざ二回も運賃を払う奇特な人がいないからである。

京阪神急行電鉄[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阪急京都駅」の項目を執筆しています。

かつて、阪急王国が率いる京阪神急行電鉄(今の阪急電鉄)にも京都駅が存在した。しかし置かれた所は国鉄の駅から遠く離れ、四条大宮であった。

「京都の市街地にはこっちの方が近いため、こう名乗ってもいいじゃないか」ということだが、これは阪急の「反国鉄精神」を象徴する存在にも見える。

だが、元々阪急京都本線京阪電気鉄道とその子会社の力で出来た路線であるため、単に京阪が利用客を呼びたいためにこう名乗った可能性も高い。ともあれ神戸市の国鉄三ノ宮駅に隣接していた阪急神戸駅同様、更に市街地を貫くように路線を延伸したことから、「京都」では抽象過ぎて紛らわしいという判断により「大宮」と改称した。

鉄道教徒にとっての当駅[編集]

もし貴方が西日本在住で、鉄道教信者友達を増やしたいならきっとここは楽しい交流の場になるはず。多分。しかし、罵声大会京都レイプ集団には気をつけていただきたい。創価学会ではないが折伏大行進の餌食になるだろう。この顔にぴんと来たならドクターイエローを呼ぼう。