人のセックスを笑うな

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

人のセックスを笑うな(ひと-わら-)とは、山崎オナコーラによる小説。またこれを原作とした映画。セックスに関してコンプレックスを抱えてしまった男が主人公。第41回文藝賞受賞作品。

物語概要[編集]

美術学校講師の女(39)に初恋をした男子生徒(19)。女はすでに配偶者をもつものの精神的に未発達であり、「年の近い女性である」と誤認した男子生徒は図らずも女の不貞行為に関与してしまうことに。女は自身のアトリエに右男子生徒を招待し、ヌードモデルの依頼と称して男子生徒を全裸にしたうえでわいせつ行為をはたらく。女はこうした関係をエスカレートさせ、もはや友人女性による働きかけに応えないほど男子生徒を自身に依存させる。そのうえで女は、右男子生徒を自身の配偶者に対面させたり、ついには突然音信不通になるなど右男子生徒へ悪夢のような精神的打撃を与えた。その結果、部屋に引きこもる生活を余儀なくされた右男子生徒の精神的苦痛は大きい。とうとう右男子生徒は「自身の性行為が原因で嫌われた」と思い込み、性行為そのものが行えなくなってしまった。[1]

評価[編集]

原作者の山崎は、自身の小説の解釈を読者にまったく委ねており、さまざまな感想・論評が展開されている。幼児性をもった自然体のファム・ファタールへの非難であるのか、あるいはマイノリティな引きこもり生活者の存在を知らしめたのか。 この作品を文藝賞に推した選考委員らは「思わず嫉妬したくなる程の才能」という不可解なコメントを寄せており、定説となりそうなストーリーの主題を発見するのは容易ではないだろう。

なお、映画化にあたっては「Don't laugh at my romance」という洋題が与えられたり、「全ての女性が待っていた、せつなさ100%の恋愛映画」などといったPRがなされていることから、映画スタッフは題名以外これといった特徴のない普通の作品にする気マンマンである。

脚注[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人のセックスを笑うな」の項目を執筆しています。
  1. ^ 実は友人女性は右男子生徒に思いを寄せており、物語終盤では当人を家から連れ出している。いつか私があの女よりもいい恋愛をしてやろう、そして彼の腰の振り方を手を叩きながら褒めてやろう、という彼女の凛とした思いが尾を引くかのように、二人がミニバイクで風を切っていくシーンで幕となる。