人の芽

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

人の芽(ひとのめ)は、山菜の一種である。人の芽が木に成ると言われる通り、一年を通して人の木から採取される。

食材として[編集]

非常に人を選ぶ、クセの強い食材として知られる。

人の芽があるだけで何もできない、というほど苦手とする人が居る反面、人の芽があると興奮するというほど好む人も居る。

ただし、表立って好きだということは少なく、こっそりと楽しむのが嗜みとされる。

食材としての採取法[編集]

主に夜間に採取される。

人の芽はあまり触れすぎると、慣れた愛好家でも食べられないほどアクが強くなってしまうとされる。そのため、夜間にあまり触れすぎないよう、少人数で採取が行われることが多い。

しかし、都市部の公園などでは人の芽愛好家たちによって耐性を持った個体を集めた群生地ができており、夜な夜な愛好家たちが人の芽を集めながら楽しんでいるとも言われている。

コレクションアイテムとして[編集]

インターネットの普及に伴い、個人で人の芽を集めることが若年層を中心にブームとなっている。

しかし、人の芽には微弱ながら中毒性があり、若年期に人の芽を集めすぎてしまうと依存状態となり、人の芽を集めるために過激な行動をとるようになっていくとされる。

しかし中年になってから集め始めたのに一度で依存状態となった例や、若い頃に人の芽を大量に集めていたにもかかわらず、成長するにつれて沈静化した例も存在するため、一概に若年期の摂取が悪いわけではないという意見も存在する。

関連項目[編集]


この項目「人の目」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)