人差し指シフト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「人差し指シフトでも恥ずかしくない。何を恥じよう事があろうか。神が人に与えた、この器用な人差し指を有効に使っているというのに。堂々と生きよ、そして人生を謳歌せよ。」
人差し指シフト について、オスカー・ワイルド
ちょっと違うが、人差し指シフトキーボードである。

人差し指シフト(ひとさしゆびシフト)は、日本語を初心者が適速に人差し指以外の負担を極めて軽減しつつ入力することを前提として考案されたキーボード配列とそんなキーボードの事である。

概要[編集]

実際には、人差し指のみを使った入力方法全般の事も指すようである。誰もが最初は使うシフトだが、意外と快適である事も確かである。なかなかに便利だが、如何せん慣れない内は入力速度が「適速」に保たれてしまう事が難点である。もちろん、親指シフトと同様に慣れれば入力速度が音速の壁を超えられるので安心である。

評価[編集]

メリット[編集]

最初は利き手の人差し指だけを用いて入力していくと良い。一つ一つの指が、キーボードのキーを確実に押せるのでタイプミスが少ない。

欧米でもパソコンでは初心者の入力方法であるが、タイプライターでの印字においてこのシフトで入力すると文字が擦れないため重宝されている。プロに言わせれば、タイプライターで印字された紙を見れば一発で優秀な入力者である事とが分かると言う。ただし、犯罪の予告状などの場合は相手に「タイプが得意だな」とプロファイリングの材料にされて、正体を見抜かれる場合がある諸刃の剣である。

デメリット[編集]

人差し指のみを駆使するので、人差し指に対して過度の負担がかかる。さらに、世紀末覇者が秘孔を付くような様が嫌いなのか、はたまた初心者が用いるのが嫌なのかこのシフトを捨てていく者は多い。特に、パソコン習熟者(2000年の「インパク」参照可)は初心者のシフトであるというだけでなく、人差し指の突き指や骨折を嫌い人差し指シフトをやめていく様だ。

関連項目[編集]

人差し指シフトの仕様は、まだ策定途中です。いま書き加えればディファクトが取れるかも知れません。がんばってください。 (Portal:スタブ)