人生いろいろ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

人生いろいろ(じんせいいろいろ)とは、島倉千代子が歌った歌謡曲である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人生いろいろ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

人生いろいろとは、人間は例え双子であろうがクローンであろうが全く同じ人生を歩むことはないという当たり前の真実を演歌調で歌った名曲である。男も女も恋に咲き乱れ、悲劇的な嫉妬深い人生を送るものもいると陰鬱で、しかし暗くはない調子で歌ったこの歌は多くの人々にこんな人生もありかと認識させるに至ったのだ。

逸話[編集]

この歌にまつわる人々には逸話が多くある。例えば、この歌を歌った島倉千代子は、紅白もいろいろな人が出るべきと自身の30回連続紅白歌合戦出場記録を蹴り、出場を辞退している。

コロッケ山田邦子もこの歌のものまねをしているが、歌を真似することは出来ても人生を真似することは出来なかった。人生は一つであり、似せることすら不可能なのである。

また、島倉千代子はさくらももこが恋焦がれる歌手でもあり、その思いにこたえた島倉千代子はなんとちびまる子ちゃんの世界に飛び込んでいる。そのとき歌ったのも人生いろいろであり、のど自慢に出ようとしていたももこを泣かせたのだ。二次元の住人の人生もまたいろいろである。

引用[編集]

この言葉は当たり前の真理であるため、様々なところで引用されている。有名な例を一つ上げると2006年に当時首相であった小泉純一郎からでた人生いろいろ発言であろう。「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ」とこの名歌を引き合いに出し、どさくさにまぎれて何か大切なものをごまかそうとしたのである。この名歌をバカにしたような引用は四方八方からフルボッコにあった。

この名歌は素晴らしいものであるが、あまりなめた使い方をすると歌にもあるように、血の色がいろいろ咲き乱れることとなるだろう。フルボッコぐらいで済んだのは総理大臣だったからであり、普通のファンであればこの歌をバカにしたような引用はするべきではないだろう。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第16回執筆コンテストに出品されました。