人間の皮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

人間の皮(にんげんのかわ)とは人間以外の存在が人間に擬態するために被る着ぐるみの一種である。

概要[編集]

人外のモノが人間の皮を被る理由はいろいろあるが、営利目的である場合が多い。

人間の皮は専門業者が製造販売している。

天然物と養殖物があり、価格と品質は養殖物の方が高い、これは素材となる人間はそこいらじゅうにいるため、捕まえてきて皮だけ剥ぐのは簡単だが種付けから初めて出荷出来る状態にまで育てるには膨大なコストと時間がかかるためである。

日本人型の人間の皮は主に暴力団北朝鮮によって製造されてきたが、近年では北朝鮮による乱獲が国際問題化したため、天然物の供給が難しくなり価格高騰が起きている。

海外では臓器ブローカーなどが副業として行っている場合が多い。

人外のモノの間では養殖物が好まれる。天然モノが不人気な理由として擬態に使用していると思わぬトラブルに巻き込まれることがあるためである。

天然物のトラブル事例[編集]

  • 知らないオバサンに行方不明になった息子だと言いがかりを付けられて離してもらえなくなった。
  • 893の人に「てめえ、確かにバラシタはずなのに生きてやがったのか」と意味不明な言いがかりを付けられて追いかけられた。
  • 拉致被害者リストの中にそっくりな人物が入っていることが多く、通報されることがある。

識別法[編集]

  • 人間の皮は本質的に着ぐるみであるため背中にチャックが付いている。
  • 中身が人間でないため、その行動や倫理観が人間の物と大きく乖離している。「人間の皮を被ったケダモノ」と言われるような人物は本当に人間の皮を被ったケダモノである場合が多い。

衣服以外としての利用[編集]

あまり例はないが、かの有名なネクロノミコンは人間の皮による装丁である。筆者自身実物を見た事はないが、執筆された時代を考えればほぼ確実に天然物であろう。性質上、上記した天然物のトラブル事例とも無縁で、近年人間の皮の新たな利用法として再注目されかけたが、価格の高騰によって従来の紙の装丁が一般的であり続けている。

関連項目[編集]